眠れない夜空

藤井咲が管理する二次創作他雑記。同人作家向け講座もあります。

「眠れない夜空」のはてなブックマーク数 RSS Feed

Archive for the ‘MOVIE’ Category

「おおかみこどもの雨と雪」感想

  • Filed under: MOVIE
日曜日
7月 22,2012

本日より上映開始の細田守監督の新作、「おおかみこどもの雨と雪」見てきましたよー!!というわけで以下ネタバレ含む感想など。反転しませんのでご注意を。

事前に「サマウォと同じノリを期待して見に行くと違うと思う」という話は聞いていた&劇場サイトをちょっと見た限り毛色は相当違いそうだなあと思ってたのですが、まさにそのとおりで。

ストーリーは狼男と恋に落ちた少女が子供を産んで、育てていくというお話。おおかみこどもはその名の通りおおかみでもありこどもでもあり、それがどちらの「おとな」になっていくのか、という母と子、それぞれの成長がテーマのお話、かな。
というその設定を見る限りむしろ正直苦手な系列(ヒューマンドラマとか、人情物とか、それを主軸にした話が苦手なのです…)の話だろうと覚悟はしてたのですが、それでも監督の最新作ということで見たかったんだよー!!

まず、期待してた映像と音楽の美しさは文句なし、さすがです。
今回は一部背景に実写(だと思う、それとも3Dモデルなのかなあ)の画像加工(イントロの花畑とか)があるようなのですが、時折あ、これ実写か、と気付きはしても違和感のある画像ではありませんでした。むしろ綺麗。今ここまでアニメーション用にレタッチできるんだねえ…。単に一枚絵用にレタッチするんじゃなくてさ、そのまま綺麗に動くんだよー!
人物のモーションは人も獣もとても丁寧で可愛らしくて、大好きな日常芝居をたっぷり見れたという点では文句なし。人から狼へ、狼から人へとくるっくる変わるおおかみこどもたちのモーションが可愛くてたまらん!
あとはもう、ええ好きですよねお得意ですよね、と頷きつつ見てた青少年特有の色気…!!特に二の腕のラインのエロさは当然健在でしたくっそたまらんんんん!!!!!むしろ磨きがかかりすぎてうなじと背中と二の腕ぐぬぬ!!

音楽はテーマソングが高木正勝さんと聞いて楽しみにしてたのですが、作中音楽も含めて全部担当されてたんですねえ!あのしっとりしたピアノが鳴るたびに、ああ、高木さんだー…、と聴き入っていました。
高木さんの音楽は綺麗なんだけど押し付けがましくなくて好きです。さあ感動しろ!って感じじゃなくて(そういう作風が似合う作品ももちろんあるしぐいっと引っ張ってくれるそっちはそっちで大好きだ、サマウォはこっちだと思います)、そっと寄り添ってくれる感じの音楽。
今回かなり淡々と進むシーンが多いのですが、そこに空気のように流れるピアノ、素敵だったなー。

で、肝心のストーリーなのですが…正直辛かった!!
面白くないわけじゃないし、ヒューマンドラマにありがちな説教臭い展開もない、所々笑えたし泣けたし、萌えるところは萌えたし、褒めるところもオススメポイントもすごくたくさんあると思います。けど自分はもう一度見たいかと言われたら、十年後くらいになら考える…という感じ。

自分の場合、なにかストーリー物を見るときは大体誰か一人のキャラクターに極端に感情移入してしまうのが常なのですが、今回はもうどこに自分の気持ちを持って行ったらいいのかがわからなくてね!
なんていうか…いたたまれない、身の置き場がない、直視できない、そういう感情が強すぎてストーリーがまだ自分の中で消化できないです。

というのも、自分の性別が一応女で、かつ年代的には花(お母さん)と被るところもあったからというのが一番大きいかなあ…。
とにかく彼女、びっくりするくらい立派なんですよ…。
そういう芯の強い女性として描かれてるから当然なのかもしれないけど、礼儀正しく、辛いことがあっても笑顔で、自力で色々頑張って子育てして、肉体労働もがんばって、子供も無闇にしかることはない(叱るシーン自体はそこそこあるけど、理不尽なものは殆ど無い)…もうとにかく完璧で。

なんかもう、自分も年齢的には本来母になってもおかしくない(予定も願望も全く無いですが)歳なので、もし自分が同じように母になったときに、こんなふうにできるのだろうか?というのを突きつけられてる気がして、それがどうにも辛くて。
勿論そんなことできなくてもいいだろうとは思うのですが、作中の流れだとそれが凄く必要なことに思えてくるから、ああ自分はきっとこうはなれない、って思い知らされるのが酷く辛かった。

それでいて、花は視覚的には凄くか弱いまま(あれだけの生活をしても疲れによるやつれや老けは見えず、逆に精神的な面以外では特に逞しくなった様子もない、あれだけ肉体労働してるのに日にも焼けない)なので、彼女が作中で頑張ってよろよろになる度に、ああもうそんなに無理しないでほしい、死んじゃうよ無理だよ…ってはらはらさせられるのがまた辛くて。(これも監督の描写力があってこそですが)最後のあたりの山のシーンとかああもう絶対行っちゃうんだろうけど行かないでくれ…!!って思いながら見てた。またその山の中で転ぶシーンが痛そうで痛そうで…!!

ちょっとここ自分語り入って恐縮なのですが、ウチの母も大概完璧であろうとする人(実際に完璧なわけではないし見た目は全く似ていない、念のため)で、割りと自分一人であれこれやりたがる人なのですね。というか母親って役割の人はみんなそうしたがるもんなのかなあ。
なので自分=おおかみこども、な視点では見てなかったんだけれども、花=ウチの母という感覚ではどうしても見てしまって。
だからああ私はあんな母親にはなれない、完璧にもなれないし無償の愛も持てそうにないって僻みや悲観と、けどそんな母親が傷ついてそれでも子供のために生きていく姿になんかもう申し訳無くなってしまって。
自分だって普段から母親には非常に世話になってて、かつそれに恩返しどころかまだまだ迷惑かけてるわけですよ。それに対する引け目を見せつけられてる気にもなってて。
ここで素直にお母さんありがとう、という気持ちになれないのは自分がまだまだ子供だからなのかな……。

というわけでもうそういう気持ちが色々ぐちゃぐちゃ交じり合って、物語としての感想はうまく出てこないです。
ただ、おおかみこどもという設定を通して親とこの成長を描く、というのには凄く成功していると思いますし、その設定である以上アニメでしかやれない話であり、かつ細田監督の真骨頂(だと私が思っている)の日常芝居があってこその彼らの成長が身に染みる話だと思うので、自分は辛いけれど、作品としてはすごくいい作品だと思います。こういうテーマを真向から見る機会って実はあんまりないよね。

ウォーゲームやサマーウォーズみたいな娯楽性のある作品のほうが好きなのは否定しませんし、サマウォ世界をものすごく愛している身としてはどっちが好きって聞かれたらそれはもう素直にサマウォです、って答えますが、だからといってこの作品が駄目だとか嫌いだとは思いません。
というかこれだけ色々考えさせられて、感情ぐらぐら揺らされて、ああやっぱ監督は凄いなあ…って思うし、かつサマウォが受けたからといって安易にその流れに沿った作品を作らなかったのも凄く評価できると思います。そうしてしまうのはきっと簡単(いやサマウォ越えを目指すのはそれはそれで大変でしょうが)なのにあえて違う話を作ってくれてよかったな、って思う。毎回同じような話を作る人にはなってほしくないもの。(かといってポスト宮崎になられるのも正直嫌ですが)

というわけで感想総まとめとしては「私には辛かったけどその辛さが素敵な作品」ってところですかね。カップルで見に行ったり、ご夫婦で見に行ったりしたらもっと素敵かもなあ。
画面的に一見子供向きにも見えますが、本当に小さい子が見るにはちょっと難しいかも。少なくともトトロ的なノリで見せるには向かないw(田舎生活の描き方とか素敵だけど、それより辛さのほうが正面から描いてあると思うし、それは流石に小さい子には退屈ではないかと思う)
というかこれは見に行った人によって、そしてどこに感情移入したかによって全然感想が変わりそうな映画なので、他の人の感想読むのが楽しみでかつちょっと怖いな。もうちょっと自分の中でも色々整理してみてから探しに行こうと思います。あ、あと小説版も読みたい!読んだらまた感想変わりそうだなあ。

最後に余談。
作中にサマウォキャラ出てましたね!陣内由美(野球少年の母)の人!ちょいやくですがおおお!って思って見てた。
あとスタッフロール見て声優さんに谷村美月さん(カズマ)がいたのは気付いたんだけど、どの役だったのかは分からなかったなー。

■WEB拍手コメント返し(6/25~)
>みるとん様
お返事が遅くなってしまって大変申し訳ありません!同人誌編集講座、お役に立てていただけたようでとても嬉しいです!
そしてガンパレのご感想までー!うわああ嬉しいです!!別館でやってた善原話ですよね?あれは小説部分は相方が書いてくれたものなのですが、読んでて私も超萌えてたので嬉しいですー!!続き描かないかな相方!www
ちなみにTRPGはもうプレイしなくなって久しくはあるのですが(中々面子が集まらない…)そのうちオンラインでやりたいねえとTwitterの友人と話してたりします。メガテンTRPG面白いですよね!ご本の発行もがんばってくださいー!

サマウォ飯作ってみた!

  • Filed under: MOVIE
金曜日
8月 6,2010

TV放映の興奮覚めやらぬままもう一回日記!

というわけでTV放映に合わせても一個ネタ仕込み…というほどではないんですが、サマウォに出てくる重要シーンを彩るご飯達、作ってみました!レシピとかまでしっかり似せたわけじゃないけど、まぁ気分だけでも(笑)

なお、作中のメニューに付いてはTwitterで仲良くしてくださっているけろこさんに確認していただきました!この場を借りて盛大な感謝を!ありがとうございまあああああああああす!!!!

201008061837000.jpg
メニューは以上の6品。作中で出てくるご飯寄せ集めな感じで!

201008061838000.jpg
詳細な内訳は以上。やはり新潟県民としてここでイカを食わないという選択肢はないぜ!!と思って暑い中買いに出たんですが、まさかのイカ運搬シーン全カットに全新潟県民が泣いた。万助おじさん…。

201008061834000.jpg
あと、資料をくださったときについでに教えてもらったので、佐久間くん用の食事も用意してみました(笑)コーヒー牛乳は雪印はなかったんで地元の良寛牛乳で許していただきたい!!あとあのパンはカレーパンなのかアンパンなのか…。

んで、TVサイズでしたが…削られすぎだろうようおうおうおうおうおうおうおう(号泣)
覚悟はしてましたがやっぱり寂しいですねえ。TLに初見組が相当いたのでもったいないなあ…とは思ってみてました。映画館でフルサイズで見ないと損だと思うのよ…。
今からでもいいのでぜひ、せめてDVDかブルーレイでフルサイズで見てみてください。いい映画ですから!!

なお、藤井さんはその前にやってたTAITO LIVE! の放送ではしゃぎ過ぎたのもあり、途中でTwitter一時停止させられてしまいマジで涙目だったのですが、最後には復活してまた叫んでました。実況楽しいんだもんよー!!
ただ、その死亡&復活タイミングがキングカズマがフルボッコられたところでTwit制限くらって、更に夏希先輩がこいこいで勝つあたりで復帰とかおもしろすぎるだろう私…(笑)
なおその話をしていたら「アバター奪われたんですね」とツッコミをもらいました。そうか俺ラブマに食われてたのか…!!!(笑)

サマーウォーズ上田旅行記2

  • Filed under: MOVIE
金曜日
8月 6,2010

引き続き、サマウォ散策日記ですよー。ここからは作中のネタバレが含まれますので、未視聴の方はご注意くださいね。もったいないよ!

さて、別所線で上田に戻って、今度は上田駅前~上田城を散策です。ていうか実家がその間にあるのでじーちゃんばーちゃんにお線香を上げにいったり。

上田駅前はどうやら相当サマウォ押しらしく(笑)あちこちに看板や垂れ幕が出てました。旗の数もはんぱなかったな…。


上の写真は駅前バスターミナルのもの。この横には当日やっていた特別上映会(監督のトークとかあったんだって!)への案内看板などが出ていました。上映会があると知ったのは里帰りすっか、と決めてからだったので私は申し込みに間に合いませんでしたけどねふふふ…。

あとヌル歴女としては一応撮っておく、真田幸村像。これも駅前。


ちなみに駅中のお土産屋さんでは例のサマウォサイダーが売ってたので買ってみましたが、これアルミに印刷されてるわけじゃなくて印刷したリフィルが巻きつけてあるだけなのな。ちょっと残念。


あとお土産屋さんといえば上田城前の方はBASARA推しコーナーが出来ていた。赤い。


さて上田駅前から上田城までは徒歩15分程度。途中実家でちょいとだらだらしてアイスをごちになりつつ歩きますー。

上田城ってのは、実は既にお城としては残ってなくて、一部の門や建物と一緒に、各種レジャー施設や美術館が揃っているという公園です。正式名称は上田城跡公園だったっけか。
そのなかで一番私が好きなのがこのお堀の跡地(…の、はず。少なくとも私は小さい頃親戚にそう言われて一緒に散歩した記憶がある)


公園前の橋の下をくぐって、周りの樹がトンネルみたいになっているところを歩くことができるんですが、これがクソ暑い上田とは思えないほど涼しくて気持ちよくて!!
蝉しぐれの中、きらきらと木漏れ日が落ちてくるところをゆっくり散歩できておすすめです。夏場は本当にきれいだよー!

そしてそこをくぐって公園内に入り、せっかくなので上田神社へ。
ここの途中にある東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん、と読む)が陣内家の門構えのモデルなんだとか。


中には上田神社があるので、お参りしてお守りを買ってきました。神社の写真も撮ったんだけど、あまりにもはっきり他の観光客のお顔が写っていたので掲載は断念。

神社を出たあとは公園内でしばらくまったり。水飲み場で足洗って(それを見越して濡れでもいいサンダルでわざわざ行った)お茶飲みつつ持ってきたイカを食い(笑)久しぶりに外でぼーっとしましたよー。きもちよかった……。
同じようなことやってる地元の方も多くて(いやイカ食ってるのは私ぐらいでしたが)いい環境だよなあ…としみじみ。

まったりしたあとは、そこからすぐ近くにある上田市観光会館へ。ここの2Fでサマウォの寄せ書きやサイン色紙、台本があるということで見てきましたー!

現地には同様の目的の人が結構いました。みんなやっぱり特別上映会に着てそのついでに…という感じらしく、寄せ書きの内容もそのことが多かったです。
中身を撮るのはどうかなーと思ったのでとりあえず表紙だけ。監督の直筆!



そしてこれが台本!二冊組(多分)で、これは後半の方。実際に誰かが使った台本、というか閲覧用なんだろうと思いますが、いろんなファンの人がどきどきこれ捲ったんだろうなあ…と思うとこれはまた味わい深い。


で、こっちは遠慮無く中も撮らせてもらいましたよー!!
ちょっと写真が小さいですが、まず家族みんなの「こいこい!」シーン!!撮ってる時もうここ読んでるだけでドキドキして…!!
『ナツキへ ボクのアカウントを どうぞ使ってください』とか未だに文字列見るだけで泣けるんだよかんべんしてくれよいくらファンがいっぱいいる場所とはいえここで泣いてたらさすがに不審者すぎるだろ!(笑)


そしてもう一枚、何はなくてもこれを撮らなくては!の「よろしくおねがいしまああああああす!!」(笑)


今からTwitterでサマウォ実況、これをみんなでTwitするのが楽しみで仕方ないです。叫ぶぞー!!!

あと、サマウォとは全然関係ないのですが、帰り際に食べた駅前のラーメンが戦国クラスタホイホイすぎるので写真を撮らずにはいられなかった…!!(笑)


……らーめんの名前に、左近って何だ(笑)
いや幸村はいいよ幸村は!!お土地柄!!何故左近…いや左近も一時期身を寄せてたからOKだとは思うけどそれならお館様とかのほうがよっぽど知名度あるじゃんかよー!!なんだよもうこれにホイホイされずしてどうするよ俺!!(笑)
(※藤井さんは戦国無双で左近ファンです)

というわけで、折角なので左近(こってり豚骨)VS幸村(さっぱり醤油)、頼んでみました。


自分が豚骨大好きだからというのもありますが、左近の方が濃くて美味しかったです…ぽっ。

……と、いうあたりで時間切れ。この後はまた電車に乗ってまったりおうちに帰りました。その間Twitterでお相手してくださった皆様、ありがとうございましたですよー!!

あと、最後にちょっとだけおまけ。この日記に載せた元写真+α.をZIPにして置いておきますねー。色調補正も何もしてない元写真で、しかもP903iという骨董クラスの携帯で撮ったものですが、それでもよければご覧くださいませ!
サマウォ以外にも真田萌えにもちょっとは楽しいかな?

 ▼2010年8月1日 上田写真(ZIPファイル/JPG57枚/48.2MB)

写真の著作権は放棄いたします。転載、加工、印刷でも何でもお好きになさってください。リンクや紹介もご自由に。何かの素材に使えるほどの写真ではないと思うのですが(解像度低いし)、もしこれ使ってサマウォ絵とか書いてくださる方がいたらめちゃめちゃ嬉しいなあ!その時はぜひ教えてね!!

というわけで以上、上田旅行記でした!さーて金曜ロードショーに備えてお夕食の買出し行ってくるぞー!!

Related Images:

Contact

WEB拍手

ご意見・ご感想用のフォームです。お気軽にお寄せください。Blogに関するお返事は最新のBlog記事内でさせていただいております。

PC Course

ネットプリント系 フルカラー編
モニタのキャリブレーション向け印刷用データ他。

デジカメプリント編
デジカメプリント機能を利用してのグッズ作成。

文書プリントで格安A5本印刷 前
セブンイレブンのコピー機の詳細と動作検証。原稿形態によっての印刷機能使い分け説明、モアレチェック用のトーン一覧表配布。
文書プリントを使用しての格安印刷に特化した面付方法について説明。台割・面付表のExcelとPDFも配布。

小冊子印刷機能検証編
小冊子機能の使い方と印刷品質の検証。

PhotoShop系
光彩効果でゴミ取り補助
光彩効果でゴミ取りを補助。

小説編集系
Wordをphotoshopで編集 前
WordをPDF化しphotoshopで編集。

Wordをphotoshopで編集 飾り枠合成編 前
PSDの飾り枠をアクション機能で合成。Word編集、PDF保存アドイン、一括リネーム等。

お前らの文字数行数段組教えろよ
小説本のレイアウトについて、Twitterで情報提供いただいたもののまとめ。(Togetter)

Excel活用系
既刊管理&値札自動作成
既刊情報を管理し値札を作成。

トーンの情報管理
スクリーントーンの指定表として活用。

スペースレイアウト
スペースレイアウトと準備シート作成。

フリーソフト系
Picasaで素材管理
Picasaで素材を一覧管理。

AdobeReaderで小冊子印刷
AdobeReaderの機能を使い、家庭用プリンタで面付け不要の小冊子印刷をする手順。

素材配布系
マグネット値札台紙配布
繰り返し使えて表紙が傷まないマグネット値札の作り方と素材配布。

Category

Archive

Counter

  • 1057285      Total Access:

Twitter

  • No Tweets Available

Link