明石歓迎の眼鏡パリーーーン!!!(挨拶)
というわけでイベント前日に超ギリギリ明石ゲットしましたひゃっほう!
ほんとギリギリだったわ…今回こそコンプ勢名乗れないかと思ったわ…w
一応今のところなんか追加される度にその都度次までには揃えてるのですよ!けど鍛刀運はまだしもドロップ運には恵まれていないので虎徹も10倍までは来なかったし、明石もこのギリギリっぷり…。

博多ドロップだったらどうしようかと思ってましたがイベント報酬でありがたいこってす。潜るぜー超潜るぜーーーー
地下50Fという響きに俺の風来人としての魂が叫びを上げているので、胴田貫を隊長に据えて、あとは一兄他粟田口っ子と、カプ厨なのでそこにそっと鶴丸爺を添えて突撃する予定です。心情的には一気にクリアしてしまいたいが、まあ流石にムリだろうなあw 刀装が持たないだろ…。
どんな感じになるかはわかりませんが、とりあえず初日くらいははしゃいで全力疾走しようと思ってますので、TLやかましかったらごめんね!とここで言っても意味のないことを言っておきます。

で、そんな最中。
先日お知らせしたみかんば本も無事発行出来まして、おかげさまで予想をはるかに上回る方にお手にとっていただけたようです。どうもありがとうございましたー!!
けど余部が想像以上に来まくっているので、残った分はそのままみかんぱプチにお預けできることになりました。自分でも参加を検討してはいるのですが、正直諸々の事情と主にへたれ感で参加するかはかなりあやしいので、まあ委託か本人かどっちかにはある、とだけお伝えしておきます。

それと昨夜一本支部にみかんば小説あげましたので、その新作と同人誌版の裏話を例によってとっくりと語っておきますねー。

——————————————————————–

【翠霞の雨】(同人誌版)

公開済みの分を書き終わった時に、まぁ続きがあるならあともうおいやらしいことするしかないよねー的なことを言ったら、よし書けと言われ、その時点で結構な長さ(13000文字)あったので追記したらもう本にするレベルだろ…とわかりやすく誘い受けさせていただいた所、なら8月委託するから!と言われ、よっしゃ大義名分(※その日本語の使い方はおかしい)ゲットだぜ!とうきうき続き書いたらむしろ6月の大阪オンリーに間に合ったよねという。どんだけエロ書きたかったのねえ。

正直、刀剣で一冊本出したら変な弾みがつきそうだなあと思って(そしてそれを盛大に後悔しそうだなあと思って)オフライン活動はかなり悩んだのですが、基本続き読みたいとか言われちゃったら超ホイホイされる人なので書きました。なので軽率に全責任を如月さんに押し付けていきたい。嘘です。

内容的にはまぁあの続きならこうするしかないじゃろ的なお初in手入れ部屋話です。ひねる気もないしお初を書く機会を逃すなどありえない(キリッ

まぁその前に前半部分を紙面用にちょいちょいリライトしましたけどね。
やっぱこのレイアウトが…縦書二段が落ち着くんじゃよ…ああ改行位置を自分で決められるってなんて素晴らしいんだろうって感涙しながら書きました。
最近支部も縦書き対応してくれてすっごい嬉しいんですけどね!でもやっぱ完全に自分の狙ったレイアウトに出来るってのは紙ならではだねえ。

あとはまあそのついでにちょっと表現なおしたりとか。それこそWEBの無限アンドゥはもう使えないんだと思うと必死である。霊力供給のあたりが駆け足だったので(その頃にはもう書くのに飽きてた感がにじみ出ている…戦闘部分で気が済んだんですね分かります)そこちょっと補強したりしてます。気になる人は見比べて遊んでみてね★ すいません嘘ですやめてくださいしんでしまいます。

んで改めて後半部分を語ると、見取り図作った後に書いてるので比較的付近の描写がマシになっている、気がする。まあ途中からもう部屋にこもりっきりだからあんま関係ないんだけど。というかそういう所で夜の空気感もうちょっとこう…なあ…とは思うものの、しかし三日月爺の視点という意味ではそれどころじゃねーとも思うのでこれでいいのかなあ。難しい。

ていうかそう!一番大事なのはあれですよこの話童貞×処女話なんですようわあああああはずかしいいいいい!!!wwww
長いことアレな話書いてきましたが、地味に初挑戦ではないかと思います。だいたい適当にその辺で童貞捨てつつそこそこ手管ある攻めばっか書いてるからなあ。むらくもさんのことですけど。

何度かあちこちでいっているのですが、基本うちの刀剣男士は顕現当初は全員童貞で処女である。今回が初の現身だろうし付喪神時代に肉体はないし、みたいなイメージなので。(過去にも顕現したことがあったり、あるいは付喪神同士で性交渉が出来たり、あとは付喪神でも人間に触れることが出来たりみたいな設定も面白いと思うので、そっち方面もそのうち妄想してみたいねー)

なので処女はまあうちの場合どのジャンルに置いても絶対な人なのでさておき(処女厨乙)、三日月爺にはここぞとばかりに童貞感出していきたいよね!って思って書いてたんですけど出ましたかね、どうですかね。ていうかそもそもそういう三日月爺は世間的にはOKなんですかねNGでも書くけど。
でも所詮今まで書いてきたものが書いてきたものなのであんま出なかった気がしますちぇっがっくし。もーちょっと初めての感覚に夢中になってる感じ書きたかったなあ。

というか途中で「あっこれ霊力供給ネタなんだった」と思い出しそこであんあんらめえする展開を挟んでみたものの、でもそれで美味しく頂いてしまってはそれこそ童貞感消えるだろうし、なにより作中で言った通りそこで命をかけてくれた山姥切くんに失敬すぎるのであんな感じになりました。
というわけで結果的にまた謝る攻めの話である。またか。またなのか。俺むらくもさんにイライジャにすまないって言わせるのもう何回やったか数えたくないっていうか言ってない話探すほうが多分早いんだけど。
受けがメソメソするのもあと健気受けになるのも標準装備すぎて結局どのカップリングを書いても同じことになっているのでは…?と思うと割と死にたくなりますがまあ業だよなここまでくると。

ああーでも山姥切くんにメソメソぎゅっぎゅ(布を)させるの楽しかったんじゃーーー指先きっとかわいいんじゃーーーというわけで今後もそこは軽率にぎゅっぎゅさせて行く方向です。もうこうなったら事あるごとにその描写入れてやる。メソメソはちょっとどうにかしたいが。オトコマエ感も卑屈感もログアウトしすぎてこれみかんばである必要はどこに…ってなってたからな…。
あと三日月爺もやっぱ口調難しくてなあ。これはエロに限らずだけど。今回も油断すると「いよいよもって死ぬがよい」とか言わせそうになってたとかそんなことないですしHAHAHA(ここを読んでいる人にCAVE脳の人がどれだけいると…)

はっしまったまたDisばかりになっている…えーとえーとよく出来たなと自画自賛したいところ。後付話の割には(いやむしろだからこそ、か)台詞の伏線回収が上手くいったかなと。「まことの証~」の所は思いついた自分にGJ。
あと最後の「雨の気配はない」もかな。あーこのタイトルにしたからにはこの結びはありだろうと思ってリリカル迸らせておきました。反省はしない。

あ、それこそタイトルは実は「身を知る雨」にもかけたくてこんなタイトルだったりしたのですが、作中でそれを滲ませるのは明らかに失敗しているのでじだんだしながらここで言っておきますうわーんきれいなネタで使ってみたかったのに!悔しいのでどっかでまた機会があればそこ下敷きにした話やりたいなあ。でもそうするとまたメソメソ乙女切(切るなよ)になる…。

えーとあとそうそう一番最後。審神者の発言がイミフだったらそこも筆力不足なので大変申し訳ございません…浮かれて誉の桜散ってるんだよくっついたからw
ここは俺設定(誉の桜は審神者にしか見えない)ってのがあるからこういうシーンなのですが、それを知らずに読んでもなんとなくあー誉れとる誉れとる、くらいに受け取ってもらえるようにしたかったなあ。
でも審神者の描写増やすの嫌だったん…自分ちの審神者設定に愛着はありますが、その場合でもこういう本で出張らせるのはさすがに違うだろうと思うので、そこは切り分けて書きたいなと。
でもまあ知ってる人はあの最後、堀川に抱っこされたうさにわさんがあっちゃーーーってしてるところ想像していただいてもそれはそれでOKですし、逆に名無しの適当なモブ感ある審神者でもなんでもいいのよ。

えっちなはなしももうちょいしておこう。
とりあえずうなじにちゅーとかがぶーとかやれたのでそこでかなり満足はしたw 山姥切くんならそこはやはり一度、いや二度も三度もむしろ毎回でも美味しくいただくポイントであろうと。ほんとはもっとねっとり責めて泣かせたかったけど、それこそそこもやりすぎると童貞感がログアウトするのでな…。
代わりにキスマーク失敗したりとか、噛む加減わかんないとか、そこは不慣れさで愛でていただく方法にシフトしました。
あとは童貞(童貞童貞うるさいな私、本来そこに特に萌えはないんですがとにかく自分の中で物珍しいのでつい…)なので上手くやれなくておのれーってしてもらったり、手がかかるんだなあと実感していただいたり。あーもーほんとこういうの今までに書いたことないのですげえ新鮮だったw
しかしわーい新鮮だーとばかりにその手の描写かたっぱしから突っ込んだ感もあるので、別口でまたお初やるときに困るんじゃないんだろうかこれ。そんなにいっぱい童貞の気持ちなんて知らないわ!wwwwwww

あとえっちなはなしといえばそれこそ霊力供給の設定をこうしてしまった以上、むしろ無理矢理ネタとかのがよっぽど美味しいネタだろうなあとは思っています。だって歩く媚薬みたいなもんだぜなにそれずるい。
嫌がってる相手無理矢理押し倒してキスなり汗なり精液なりで無理やり発情させて、挙句の果てに中出しついでに供給してトドメさしたらええねん。ひどい話だな。でもそういうのも好きっていうか愛ある強姦は二次元なら大変なご馳走です。だれかください。

最後に白状しておきますが、表紙は一時間位で素材ヘーイ!パターンヘーイ!!フィルタヘーイ!!とばしばしはっつけて作りましたすいません。絵の表紙にしたくて挑んでたけど描いても描いてもあかんモードでな。結局締め切り一時間前にあっもうだめじゃんって諦めてこうなったw
さ、最初の本(最初で最後かもしれないが現状なんともいえない)なのでもうちょっとどうにかしたかったけど、逆に言えば一時間かからずにこのレベルくらいまでは作れるんだなおれすげーと謎の自画自賛をしておこう。うん。

——————————————————————–

【ふさいでさいて】 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5412934

塞いで、咲いて。塞いでは障子と気分の両方にかかってて、「ふさいで」と「さいて」で音も重ねて、というタイトルです。
正直これ思いついた時には私の中のネルフ本部(あるのか)で「勝ったな」「ああ」ってなりましたがこの手の言葉遊びは一歩間違えばオヤジギャグだからな。そこ忘れないようにな自分。まあ西尾信者なので言葉遊び狙える時には躊躇しませんけど。

というわけでひらがなタイトルシリーズ…もとい人様から何か(物理的に)いただいたら浮かれて書くシリーズにまさかの三作目である。誰得か。もらって浮かれている俺得に決まっている。

今回は別に誰それの刀工さんのお品いただいた、とかではないんですが(ちなみに前二作は三日月爺ご実家の爪切りと堀川派の糸切り鋏)、和風で月で兎でって感じのものをいただいてしまったので、ああんこんなの超嬉しいに決まってるじゃないですかあああああってなったし、また貰ったもので遊ぶ短刀ちゃんたちとか絶対可愛いやつだこれーーーーってなったので素直に書きました。

いただいたものがこちら!

CHCrRvKUIAEvX_B

CHCsSBLUYAEKmTz

CHCsRxVUIAAeSjU

写真が残念すぎて魅力が伝わる気がしねえので商品へのリンクもおいとくね。

紋きりあそび「月」之巻 | AssistOn http://www.assiston.co.jp/1515

これに限らず同種の遊びを書店とかで見かけるようになった気がするので、密かなブーム的なの来てるのかな…和紙を折って、それを切り抜いて模様作って遊ぶやつです。子供の頃に雪の結晶とか作ったなー。それの和柄特化みたいなやつ。紋切り遊びっていうらしい。ひゃっはー雅だあああああ!!!!!!

んでもらってきゃっきゃ遊びつつ、ああーこれ梅雨の本丸で短刀ちゃん達に遊んでほしい…と思ったらもう手は止まらないいつものパターンであった。知ってた。誰だこないだもうしばらく大人数の話はいいとか言った奴は!私だ!

面子的にはみかんばは固定として、短刀ちゃん誰にしようかなあと悩んだ結果、そのプレゼントを下さったKIBさんが描いてらしたみかんば+今剣ちゃんがすごい可愛かったのでまずそこ。
となるといわとーしは欲しい、あとはその前に書いた「人生賛歌」で出せなかった愛染と小夜ちゃんに、出てもあんま台詞がなかった五虎退。
そして趣味ですかと聞かれれば趣味だとも!と答えるしかない大将組にご登場いただきました。厚の字がーーー好きなんじゃーーー!!ニキと短刀組長兄気取って欲しいんじゃーー!!
てかうちの本丸は、チュートリアル鍛刀で厚の字がきて、その次が愛染だったりするので、そこニ人は仲良しという脳内設定がありますし、かつ厚の字は三日月爺とトーハク同僚なのでそこもまた仲良し、という感じで妄想しています。今回そんな素振りどこにもないけどな!www

作中でやってる障子補修はあれほんとに和紙でやりますよね。いまだとシール状になってるのとかも売ってる。家紋でやる例はさすがに知りませんがお花とか多いなーって思うしやってるの見ると可愛くて好き。
まぁ本の通りのサイズで作ると結構大きめなので、障子に貼るには向かないと思いますがそこは適当に脳内補完で何卒!w

ちなみに刀紋の切り抜きは、本当に自分でもやりました。こんな感じ。

123

作中で言った通り、厚の字や三日月爺は本当に簡単ですし、今剣ちゃんのも左右対称だからいいんですが(それでも時間の都合で流石に今剣ちゃんのは作ってないけど…細かいからなー)山姥切くんのは左右対称じゃないのでもうカッターで切り抜くしかないという。
しかも和紙は繊維の関係でどうしても刃がうまく滑らぬところがあってああー切れないんじゃーーむずかしいんじゃーーーってなってましたw
昔はアナログ環境でスクリーントーンを貼っていた世代だというのに…く、悔しい。
作中では三日月爺がこれ作ってますが、書きながらじーちゃん器用だなあ…って思ってましたとも。
(元々不慣れでこそあれ不器用ではないだろうな、とは思っていますが)
薬研のとかは自分じゃ絶対無理ですね!!(キリッ
友人にグラス彫刻的なのやる人がいるんですが(切り絵を転写するタイプね)その人ならやれるんだろうなーとか思いつつみんなの刀紋見てましたとも。
そこまでしっかり書くつもりなかったのでさらっと流してますが、他の粟田口兄弟のも普通に無理ゲーである。みんな器用だなーHAHAHA
来派も愛染のは地味に難しいよな…ほたちゃんはらくらくだと思うけど。左文字のは言うまでもなく難しいですw 小夜ちゃんとごこちゃん超がんばれ。あと左文字の紋が「左」を象っていることに今回はじめて気付いた…。