長文を書いたらそれ以上の長文で語るのが俺のジャスティス。
というわけで例によっての裏話タイムです。誰が読むのかが重要ではない、誰が書きたいのかが重要なのだとどこぞの贋作さん(無事お迎え出来ました)のようなことを言いつつまたぐだぐた語っていきますので、ご興味あればお付き合いくださいましー。

でもその前に一件お知らせを。

——————————————————————–

翠華の雨表紙見本

先だって発表済みの同名作 を加筆修正し、新たに後半部分を書き下ろしたものを同人誌として発行させていだきます。
前半部も全面的に見なおしてはおりますが、内容としてはほぼ共通ですので、予めご了承いただいた上でお求めいただけますようお願い申し上げます。

内容は、本丸に戻った二振りが手入れ部屋に篭り…という感じのお話です。成年指定を含む内容となりますので、18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
pixivにて見本として冒頭部分及び、成年指定部分を掲載しておりますのでご参考にどうぞ。

「【みかんば小説】翠霞の雨【6/7百刀繚乱和泉国遠征弐】」/「藤井咲」の小説 [pixiv]
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5383772

*****

販売は、ご厚意により、以下のスペースに委託でお預けしております。
通販及び、別イベントでの販売予定は現状では考えておりませんので、もしご縁がございましたらよろしくお願い申し上げます。

発行イベント:百刀繚乱~君の心を白刃取り~和泉国遠征弐
参加日:2015年6月7日
スペースNo.:インテックス大阪4号館 K28
委託先サークル名:LostParadise本丸出張所 様

総ページ数:40ページ(内書きおろし分 約16000文字)
価格:300円
発行部数:30部

——————————————————————–

以上、元は支部用の文章だったので多少お行儀よくお知らせでしたw みかんば本出るよ!
委託でおあずけしちゃう関係上通販の予定はありません。部数的には普段二年かけて売るペースなので、如月さんがええんやでって言ってくれてる間は預けっぱなしにするとは思いますwww
なのでみかんばプチとかにも置いてあるんじゃないかとは思うので、そちらか大阪でご縁がありそうでしたらよしなに。
とりあえず本人的には紙媒体最高いえいいえーい!!みたいな気分ですのでもう出した時点でミッションコンプリートである。あとのことは知らんw

——————————————————————–

【人生賛歌】 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5390992

RTで流れてきた内番服うららん公式絵を見て「うららん二人三脚しろ」と我ながらわけのわからないことを叫んだことがあるのですが、まあその責任をとったというか書きたいから書きました!な感じ。
ついでに普段お世話になっている皆様の好きキャラ…ていうか自分も好きなんだけどをもりっと詰め込んでオールキャラ風味に。こういう大人数出てくる話やってみたかったのだ!
ちなみに当初スラップスティックコメディのつもりで書いてたんですが、書くうちに筆がなんか別の方向に滑ったっていうか、なんかほのぼの系いい話?みたいになっちゃって微妙に心残りのような、いやでもまあこれはこれで…という気持ちです。
粟田口に限らず、刀剣っこの兄弟関係はみんなそうですが、刀の時分できゃっきゃできなかった分本丸で仲良くしてくれええええお前ら幸せになってくれええええええええええええみたいなのがすっごくあって、書いてるとそこが勝手に筆を走らせるwww

キャラはほんと欲張ってあれもこれもと出した分、藤四郎兄弟の口調書き分けとかに相当苦戦はしたのですが、それぞれちゃんとそれっぽく見えてるといいなあと…。
でも正直薬研ニキとかずおばみちゃんとか、そしてなにより前田くんが全然うまくキャラ立てられた気がしなくてすっごい悔しいのです。平野は割りとそれっぽく書けたかなと思うだけに、他の子ももうちょっとこうー!!
いやそれを言ったらほぼ寝てるだけの五虎退…ここは絵でなら美味しいシーンかなあと思うのですが、文ではしょんぼり感あってすごく申し訳ない。
兼さんもかっこいいところあんま書けなくてごめんね!でも振り回されてる所もかわいかっちょよくて好きなのでそういう意味では割りとアリな感じに書けたかな…と思いたい。
なおいちにいが格好いいシーンしかないのは贔屓です(言い切った)鶴丸爺より一枚上手なつるいちに萌えるんじゃー!

それと作中にはTLでやりとりした会話を元にしたコネタとかもガンガン入れております。まあ要は身内ネタなんですが、もともとコンセプトがそういう話なのでそこは躊躇なくwww
うさにわが体育祭を文化祭と言い間違える(そして突っ込まれるfromユリアンさん)とか、鯰尾と鶴丸爺が仲良し(中の人繋がりかつけろこ本丸ネタ)とか、浦島が足ぶつけてぎゃーってなってたりとか(きんぎょさんとのやり取りより)、野菜にオクラがあるとかwwwwww(言うまでもなくおくらん)
まあ知らずに読んでも違和感なく、かつ分かる人が見ればニヤリくらいの感じでは止めたつもりですけど。いやそうでもないかな露骨かな…。

あとこの話は途中から色々資料作ってそれを元にして書くというちょっと珍しい?手法を試してみています。というかそうでもしないとさすがに混乱してだなw
後述の見取り図を元に各キャラのルートを決めて、さらにそれに矛盾しないようにタイムシートを作成、って感じ。なので多分描写にも矛盾はないようにできている、はずだ!(今思ったけど推理小説とかだとこういう風に書くのかねー、書いたことないのでさすがに想像ですが)
んでやってみるとこれ面白かったのよー!前にもアストレイでちょっと期間の長い話書いたことあって、そんときタイムシートだけは作ったことあったんだけど、こうやって時間の流れわかりやすく見えるとおもしろいね!
またあっこことここぶつかりそうとか見てるとそこから見えてくる流れもあって益々面白かったですし、ネタ的にも凄い膨らんだなあと。

まぁそのせいで当初の予定ではもうちょっと短い話のつもりで書いてたのがごりごりと長くなる悪癖が炸裂して、結果的に四万字越えにもなってしまったんですがね…。不定期連載みたいに数回に分けて公開してたんですが、短いつもりで書いてた当初の辺りと、ああーこれも書きたいんじゃーってなってきた中盤以降で文章のノリも違えば長さも違う事になってしまい、お、おのれーってなってました。
最後のあたり書くときにひと通り手直しはしたんですが、それでもやっぱり秋田のあたりとか短くて寂しい。ごめんよう…。
そしてなにより、当初の予定ではみかんばは添えるだけ、くらいのつもりだったはずなんですが、やはり書いたら止まらなくなってしまってだな…w
その分ながはち分が少なくなったんじゃね?みたいに見える気がするのですがちゃうねん、ながはちはこれ当初の予定通りで、みかんばとうららんが伸びてるだけやねん(むしろながはちも伸びている)…とじだんだしておきます。ううでもやっぱりみかんば入れずにいられない…www

そしてこの話はまたけろこたんが感想を絵でくださってるのがかわいすぎてかわいすぎてかわいすぎてえええええええええ!!!!!!!!
とにかく見ろ、としか言えない。そして自慢させろと。どうよこの空気感…うちの本丸尊いじゃろう…???

ちなみにタイトルの「人生讃歌」はHazel Nuts Chocolateの曲名より。元々凄く好きな曲なのですが、私的に浦島のイメージに近かったので使わせていただきました。
諸々方向性替わった挙句に現在活動停止してしまっているけれどこの頃の曲好きだったんだよおおおおおかわいいよおおおおおお!!!!
アルバムが廃盤なのでおすすめしにくくはありますがまああれだ、ググれ。どっかには曲も歌詞も載っている。

——————————————————————–

【マイ本丸見取り図】
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=50474273

文ではないのですがついでに語ってしまえ。
ちょっと前から「見取り図作りたいなー」と囀ってはいたのですが、「人生賛歌」を書くにあたって流石に色々混乱したのと、あとさのーさんと長屋とか見学してきてそれなりに和風家屋+庭の知識も増えたので作ってみました。
うんまあそのなんだ、自分が方眼紙Excelに屈する日が来るとは思ってもいなかったな!!!wwwww
くさってもパソコン教師として凄く負けた気持ちです。でも思ったより便利だった…。手直し前提なら他のどのツールで描くより融通きいた…wwwwww

でも作った事自体は後悔はないというかむしろ刀剣関連で一番いい仕事した感すらある。そのくらい楽しかった…w
見た人になんじゃこるあーって言ってもらったし、何人かは自分も作るーってなってくれて更に嬉しかったなあ。また横からそれ聞いてるとどういう基準で配置していくのとかにすごい個性が出てて!
これがあると小説書くのにものすごい便利だったのでおすすめしたいし他の人のも超見たい。もし書いた人いたら教えてほしいー!!

配置のベースは見学に行った「豪農の館」さんを中心に、導線と必要な部屋を考えて、あとは今までてきとーに書いてた小説と矛盾しないようにwってやってかきました。
水回りは揃えたりとか、でも不浄なのは広間から離したり、あと正門からすぐ風呂とかできるようにってしたなあ。疲れて帰ってきたら報告とかいいから風呂行って寝ていいよ、みたいな気持ちでw
あとは手入れ部屋出るのが夜中になったら気を遣うだろうからすぐ部屋戻れるように近くに渡り廊下置いたり、台所の前に花畑あるのはあれ歌仙ちゃんの趣味でお料理しながら眺めてほしいなとか。

そして何より一番妄想したのはみかんば逢瀬ルートなんですがね!
後述の「春にして君を想う」でそらもう活用した(というかそこしかでてこない)んですが夜に山姥切くんから三日月爺のところにお呼ばれして欲しいんじゃーーー藤棚の下くぐって小池に映る月を眺めながら石畳踏んで欲しいんじゃーーー絶対絵になるんじゃーーーってじたばたしながら配置してましたw
ちなみに藤棚の件はワンドロで書いた「枝垂れの檻」って話が元です。これ地味にタイトルとか中身とか気に入っているのでもうちょっと肉付けしてみたい気もする。来年の藤のシーズンまでみかんば囀ってたら考えよう。

閑話休題。見取り図はあくまで配置として考えただけなので、部屋の大きさとかはそこまで具体的に決めてないですし、おそらく決めると矛盾が出るのでwwwそこはゆるーく見ていただけると嬉しいです。
一応国広三兄弟の部屋と手入れ部屋はまた別に作ってあったりはするんだけど、そこ考えただけであっ襖の大きさとかおかしいwwらめえwwwwってなってたからなー。まあせっかくなのでここで公開しておこか。

SnapCrab_NoName_2015-6-4_19-29-34_No-00

あと植生もな!すげえうきうき考えてはいるもののそこそれに植えたらあかんのでは的なのはきっとある…。椿とかあんま水辺には植えなかったりします?やっぱり??こないだも別件の見学行ってゆるくチェックはしてきたけど、椿はむしろ通路脇とかに多かったな…。
まあ植生は仮配置くらいの気持ちなので、うむ。今後も増やすし移動もするし、そこは私が書きたい植物が出たら増えるくらいの気持ちで何卒w

というか刀剣書くようになってから妙に花とか書きたがるようになったなあ自分…と思っていたのですが、よく考えてみたら別に刀剣からじゃなかった。俺屍やらポケモンやらで散々花の名前使いまくってたわ。ただ同人(アストレイ)では作品的にイライジャのアレくらいしか出しようがなかったというだけでwww

それでも植生まで考えるようになったのはさすがにはじめてなのですが(あっでもデイジーの植生は調べたな当時)、そういうの考えるのも面白い…ってわふわふしてるあたり設定厨満喫し過ぎである。誰も止めてくれないので多分今後もこの路線は続くのではないだろうか。

——————————————————————–

【春にして君を想う】 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5336557

TLで「明日は恋文の日でキスの日」という話題をお見かけして、あーこれはいい機会かもなあと思って一晩でだばあした小説です。お前そんなんばっかりや。
そして内容も安定の付け焼き刃雅感。ググッて出る程度の雅でなにが雅かとは誰より自分が思っているのでいぢめないでください。でも今回は関連論文とかまで目を通したよw(普通に興味深かったので読んだだけだけど。文付枝の手法についての研究論文があったのだ

んでなにがいい機会なのかというとあれです、私の書く三日月爺には雅スキルが足りないのでな?この機に習得してもらおうとだな?w
あーいう設定であーいう妄想してる人なので、その手のスキルはなくて当然とは思っているものの、それは今できないという話であって今後も出来ないという話ではなかろうと。むしろ「学ぶ」、そして「成長する」という行為は現身を得たからこそのものだと思って書いてみました。

ちなその辺のスキルがないぜーという話は「桜埋め」「檸檬」のあたりで主に触れていますので、この話もその続きと思っていただいてもOKですし、全然別物だと思っていただいてもそれはそれでな感じ。まあどっちにしろ自分の中ではそういう「最初はできない」ってイメージなのは変わらんので。
他所様のみかんば(ていうか三日月爺か)だとみんな最初から色々出来る人多い気がするので、おそらく自分は異端なんだろうなあとは自覚しておりますが、そういう解釈の違いが許されるジャンルだろうとも思っていますので、多分そこは今後もそんな感じで、書き手の付け焼き刃知識とともにキャラにも学んでいただきたい気持ちでおります。(それはそれで何様感ありますが

とかいって生まれつき雅全開(その言葉自体に最早雅の欠片もないな…)な三日月爺とかも楽しげなのでそれはそれとして!ってそのうち書きそうな気もするけどな。でもどうにもその妄想の場合だと人外感が同時にログインしてくるので結果的に山姥切くんが可哀想な目にだな…。

あとはこれ、タイトルは小沢健二の同名曲からいただいています。歌詞的には全然関係ないんだけど、とにかくこのタイトルすげえ好きで!今なら!まだギリギリ春だよね!!って思ってここぞとばかりに使いました超満足。
ほんとずっと前からいつかこれでなんか書きたいなって思ってたので使えて嬉しいんじゃーー綺麗なタイトルだよねえ…。

なのでまあ内容的にもそのタイトルに相応しい感じに…した…かった……んですが正直和歌恥ずかしすぎて死んだよね。
でもお題がお題だし、あと作中でも不慣れな設定だから許してくだせえええええええええほんとに恥ずかしくてギリギリまで入れるかどうか悩んだんじゃああああああああああああでも考えたからには入れたかったんじゃあああああああああ(貧乏症
でも両思いになったらこのくらいデレたこといいだすんじゃない…いってくれてもいいんじゃない…?YOU言っちゃいなよ…!みたいな気持ちでだばあしておきました。

てか改めて思うんですがみかんば難しいカプですなあ…元のゲームでのキャラをすごく好きだなと思う分そこからあまり逸脱させたくないし(ほもの時点で逸脱しているというご意見は全力で地に埋めたい)してると誰より自分がしょんぼりするんですが、いざこう書き上げてみると…ど、どちらさま…かな…。
特に両思い状態の山姥切くんがどえらい難しいっつーか卑屈がログアウトして帰ってこねえよ!それだけで溢れるだれおま感。ですよねそこ一番大事なところですからね!!
「翠霞の雨」もやっぱ卑屈ログアウトしちゃってその上メソメソするわ乙女だわでかなりげんなりしておりましたが、こっちも大概である。それならそれでもういいけどそのくらい幸せにしてもらったんだって感じに読めるようにしたいなあ。

作中で出てくる花はどれも季節とか調べたので割りと今街中でも見れる奴のはず。てかウツギ可愛くてすごい好きなので出せて嬉しかったのだー!
白の印象があったのですが、ぐぐってみたらピンク(今回出したのはこれ)とか二色混合(ニシキウツギかハコネウツギ)とかもあってぐあああああああああああかわいいんじゃああああああああああってなってたともさ!
ていうか字余りになってもいいからニシキウツギにするべきだったかなあ…むちゃくちゃかわいいんですよ!
最初は白で咲いて、途中からうっすらピンクに変わっていくとか可愛すぎてほんと…ああ…むしろえろいよね!!!!!!(ダメな人の発想
ニシキウツギは最近地元で植えてる場所見つけて凄い嬉しかったなあ。実物ほんと可愛かった…うっきうき写真撮ってきたので載せとくね。

DSCF1870