音楽に目覚めたきっかけを教えて下さい。

目覚めた、というほど大仰なきっかけはないかなあ…。
両親がかなり音楽を聴く人(父はどっちかというと演奏側だけど)なので
生まれた時から割と身近に音楽があったほうだと思いますし。

まぁウチの両親の世代だとベタですがビートルズとか、フォークとか。
その中でよく親のカセットを借りて聴いていたのは、谷山浩子さんでした。
当時、丁度「みんなのうた」や「ひらけ!ポンキッキ」で放送してたから、
それが家のコンポでも聴けるのが嬉しくて仕方なかった記憶があります。
「しっぽの気持ち」とか「まっくら森の歌」って言えば分かる方も多いかな。
今でもすごく大好きなアルバムです。

好きな音楽について教えてください

音楽質問!嬉しいけどアバウト過ぎて答えにくい!!!www
質問が好きなミュージシャン、じゃないからジャンルで語ろうかな。

大まかにジャンル分けするならテクノポップとロキノン系かなあ。
他にも細かいところ言い出すときりがないけど…。
というかむしろ苦手なジャンル(ちょっとだけある)を除外して
それ以外全部!みたいな感じで割と節操無く何でも好きです。

幼少期から割と音楽番組見てて、その頃に聞いた曲の好きな奴から
派生してあれこれ聴いて…って流れになるのかな。
やっぱり耳なじみのいいジャンルとかはあるなーと思う。

最愛を語るなら迷わずTM Networkで、そこから派生して
てっちゃんのプロデュース系は古いのも新しいのも大好き。
アイドルポップはアイドルそのものに興味が沸くことは
滅多に無いけど、曲は可愛いの多くていいよねえ。
歌詞もがんばろう!みたいな前向き歌詞多くて元気が出ます。

んでTMから横派生してテクノ、テクノポップ。
どっちかというとテクノポップ(今あんまりこの言葉使わないのかな)
の方が好きです。口ずさみたくなるようなフレーズが載ってるの。
あとはテクノ派生&ゲーマーなのでchiptuneも大好きさー!!

ゲームミュージックは超!!好きです!!
やったゲーム中心に買うので、音楽のジャンルとしてはごちゃごちゃだけどw
特に多いのは合併前のスクウェアとZUNTATAかな。

ロキノン系は、最初に好きになったのはフリッパーズ・ギターです。
てか、ロキノンというか渋谷系か。
まぁ正直ロキノン系にしろ渋谷系にしろ、厳密な分類とかわからんw
自分の中ではギターポップとかギターロック、そこに若干のおされ的な。
ネオ渋谷系も好きなんですが、ystkはもうこの頃の路線では曲作らんのかなあ…。

あとここ数年ライブラリに増えてきたのはインスト系?
というかVVで推してる人らのが随分増えました。
DE DE MOUSEとか、→Pia-no-jaC←とか。VV推しならFACTもそうかな。

アニヲタかと言われると若干微妙な気はするのですが(言うほど見ないので)
アニソンは好きです。カラオケで聴いて気になって原曲聞くパターン。
最近聴いて格好良かったのはセイクリッドセブンの曲!!
あとアニソン・ゲーソンの流れで電波系とかアキバ系も好き。
まぁこの辺は実質テクノポップだろうけど。

ボカロは一時期かなり聴いてたんですが、最近は結構落ち着きました。
というか、ニコ動をほとんど見なくなった分距離が開いてしまって。
でも好きなPはTwitterやRSSでチェックしてて、新譜出れば拝聴してます。
(でもそういう人達は割とボカロ以外の活動のほうが目立ってきたな)

あとはクラシックは聴きに行くのは大好きですが、CD買ったり聴いたりは
あんまりしないです。自宅の再生環境じゃあんま意味ないしね。
利便さに負けてmp3中心の生活なので…。
でも自宅でしっかり聴く用にCDプレイヤー欲しいなーと思ってる。

洋楽は友人のオススメばかり聴いてます。そしてライブにもご一緒したり。
ジャンルとしてはエモ、オルタナティブロック、アイリッシュロックあたり。
Sigur RosとThe Delays来日してくれないかなー!!

以上、こんな感じでいいかなあ。質問の意図とずれてたらすみませんー!
単に好きなミュージシャン教えろよ!ってだけなのかな!

秋に聴きたくなるような曲をいくつか教えて下さい。

大変残念なことに、秋の短さに定評のある新潟県在住なものでして…ッ!
(残暑が長くて冬が早い…心情的には秋とか10月のみですわ)
それでも、せっかく頂いた素敵なご質問なので、何曲か。

—————————————————————————

・木枯しに抱かれて / 小泉今日子
しょっぱなからベタで申し訳ありません。でも名曲は名曲だからー!!
秋の終わりに恋心の終わりを重ねようとして重ね切れない、切なさ溢れる曲。
Bメロのドラマティックな響きがすごく好きです。

・You Are My Secret / DATE OF BIRTH
図らずして小泉今日子繋がりである。いやドラマの方は見たことないけど。
この曲がどうこう、というよりアンニュイな歌声が秋の夜長にしみる感じ。
ちょっとかったるい感じの重いギターがよいのです。

・セプテンバーさん / RADWIMPS
タイトルだけで決めたわけではないぞと言い訳しつつ。まんまですけど!!
9月ってなんか9月ってだけで寂しい(夏を惜しむだけで終わる気がする)けど
そんな気持ちをひろいあげて、元気にもしてくれる曲。

・ 飛べない翼 / Sing Like Talking
竹善の声はどっちかというと冬向きだとは思うけど。
この曲の「世界は大きく広いのにそこに自分は向き合えない」感じが
先述した夏の終わりを見送るときの気分に凄く似ている気がする。

・楓 / SPITZ
季節感のある曲を一杯歌ってる人、として一番最初に思い浮かんだのは彼ら。
てかこれも別れの曲だな…秋ってやっぱりそういうイメージなんだろうか。
夏の終わりと恋の終わりって重ねやすいのかねえ。

・自転車泥棒 / UNICORN
もう開き直って夏の終わりの曲ばかり続けますが!w
UNICORNの曲で一番好きな曲。夏の日差しで出来た濃い影、二人どこまでも
坂道を走っていく姿が浮かぶけど、それも全部過去のことなんだって、
未練でも諦めでもなく、淡々と綴る感じが凄く好き。

・ALICE / 古川本舗
ボカロ版でもご本人が作ったカヴァーアルバム版でもどっちでもおk。
曲的には別に秋関係ないけど、単純に雰囲気重視でいいなあと。
真夜中にヘッドホンで目を閉じて聴き入りたい。

・ロストバタフライ / RURUTIA
これも曲というより声質的に秋とかにしっとり聴きたい感じで選曲。
RURUTIAさんの声は静かな湖に色づいた葉が落ちるようなイメージなので。
今体調崩されてるようで心配です…声大丈夫なんかな…。

・いちょう並木のセレナーデ / 小沢健二
オザケンスキーとしてこれを入れないわけにはいかんだろうと!!!!!
文字通りいちょう並木(山下公園通り?晴海埠頭も出てくるけど)の下を
これ聴きながら鼻歌で歌ってまったりと歩きたい。

・ボクノート / スキマスイッチ
これも歌詞秋に関係ないな。けど秋の夜長に似合う曲ではあると思う。
布団に入ってじっくり自分のなかから出てくる言葉を聞くには、秋は凄く
いい季節のような気がする。

・Hello,my friend / 松任谷由実
戻れない夏の寂しさ。てか歌詞深読みするといろんな方向に解釈できていい。
ぶっちゃけ妄想補完すると凄いことになる曲ではあるが、それはさておいて
曲としてもものすごく好きです。氏の曲では一番好きかもなあ。

・秋ぎつね / 谷山浩子
まんまといえばまんまなのですが。
先日も別の質問で答えましたが、子供の頃から好きなアルバムで聴いてたので、
やっぱり秋の曲というとこれが思い出されます。

・STILL LOVE HER / TM Network
最後はTM曲で。秋というより初冬かなとは思うのですが。
問答無用の名曲過ぎてぶっちゃけ春でも夏でも聴いてるけど、やっぱり聴くなら
今の時期がハマりますね。寒くなってきた夜空眺めながら聴きたいね。

—————————————————————————

以上、邦楽ばっかになりましたが、これは私が日本の秋しか知らないので
仕方ないということでご勘弁を。
素敵な質問有難うございましたー!!

ゲーム音楽について聞かせて下さい。

ゲームでしかも音楽な質問きたああああああ!!!!!!!
ありがとう!ありがとう!!超語らせて!!!!!!!!!

…と、いうほど造詣が深いのかと言われると、正直微妙<えっ
いや、結構聴いてる方だと思っていたのですが、昨年あった
NHKのラジオ番組「今日は一日ゲームミュージック三昧」を
聴いたときに、知らないのも多数あったので。
まぁやってないゲームのサントラは流石にあまり聴かないので
当然といえば当然なのですが…。
(ゲームは大好きですが割とジャンル的に得手不得手が多い)

持ってる音楽についてはイメージ写真を参照ーって見えるかな。
ちとサイズ的に厳しいかな…。
[GAME]>[メーカー名]>[メーカー内分類]みたいにしてます。
お察しの通り整理魔ですははははは。

てかね!この整理方法、割と最近までiTunesの方ではOKでも
たっちたんの方ではそこまでフォルダ階層認識してくれなくて
使えなかったんですよ!!!
それがいつの間にか対応するようになっててえええええ!!!
もう整理魔大歓迎ですよおかげで超使いやすい!!
あとは各階層ごとにシャッフル機能つけてくれ、頼む!!!!
(一番下層のフォルダしかできないんだよね……)

はっ、話がずれましたが。
音楽もゲームも大好きで、これが嫌いなはずもないというか。
小学生の頃からかなり頑張ってCD買ってたほうだと思います。
FC~SFC時代のスクウェアRPGとかは多分9割揃ってるかな?
(勿論あとから買ったのもありますが)

そんなわけで、ゲームの思い出と密着してる分、逆に曲の良さ
だけでおすすめしたりとか難しいのですが、どのゲームも
やってるのを前提としてオススメを数十枚挙げてみますね。
(絞りきれなかった感満々である…)
なお、後半がスクウェア無双になるのは仕様です。絞れねえ。
それと、手元に音源がないのも入れてません。欲しいけど買って
ないCDも山ほどあるんじゃあああああああ!!!!!!!

あ、意図的に音ゲ系は抜きました。
好きな曲は山のようにあるんだけど、あれは私の中の定義では
微妙にゲームミュージックとは違うんだよね。

自分にとってゲームミュージックってのはやっぱりゲームの
シーンに合わせて作られた曲、って気がするので、音楽自体が
単体で意味を持つ音ゲーってのはちょっとだけ意味合いが違う。
私的にゲームミュージックって映画音楽みたいな扱いなので。

勿論、音ゲ曲もゲーム用に作られた曲で、押すボタンの位置とか
考えて調節されてるとは思うんだけれども!!
(叩いてて気持ちい曲大好きだし!)
音ゲ曲についてはいずれ機会があればまた。
もしくは以前サイトでちょっとだけ語ってますので、そちらをどぞ。

 眠れない夜空 | ゲームソングフユ100
 http://night.littlestar.jp/2007/12/100_8.html

 http://night.littlestar.jp/2007/12/100_12.html

****************************************************************

▼絢爛舞踏祭 Original Sound Track
多分単体で聞いたらさして印象に残らない音楽…?、のような
気がしますが、これがゲームやった人間にはたまらんのよー!
BGMがゲームに密着しまくった好例だと思います。
(これはガンパレもそう思うので、ゲーム性の問題もあるかな)
環境音楽的というか、作中の状況に合わせてBGMが流れるので、
単体で音楽を聞くと自分なりのゲームの名シーンが流れまくり。
というか、未だに第一種戦闘時の曲とか流れると目が冴えるw

音楽としてはスタート画面~OPテーマの流れが目茶目茶好きで、
どうしてもそれが聞きたくてCD出るの我慢できずPS2ディスクの
解析までやろうとしたのは秘密にしたい。

—————————————————————

▼アトラク=ナクア
サントラは多分出てなかったと思うのですが、ゲームディスク
PCに突っ込めば音源は抜けるので数に入れてもいいかな?
これはもう…ラストバトルまでの流れとあの三部作が!!神!!
あの悲しげな旋律がだんだん盛り上がっていって、最後に
ギターがぎゃーん!!と鳴り響くところは何度聞いても鳥肌です。

アリスソフトさんのエロゲなのですが、ゲームとしてもほんと
名作だと思いますので、エロゲに抵抗ある方にもオススメです。

—————————————————————

▼The Sketch Of Moondays
入手困難とは知っていても入れずにいられない…!!マジ名盤!!
moon2の動きがある今、ほんと再版を望みます。
moonのあの作中で使えるMDがそのまま貴方の手に!的な!!!

まぁゲームミュージック名盤というよりは、純粋に名コンピかなと
いう気もしますが、元のゲームからしてそのコンセプトだしね。
静かで綺麗な曲が多くて、夜中に布団に篭りヘッドホンで聴きたい
音楽が多いです。けらまごとかはひたすら可愛いですが!!

—————————————————————

▼真・女神転生 CHAOS DISC / LAW DISC
メガテン曲(含むペルソナ)は名曲多いので悩んだのですが、真1の
荘厳に絶望を謳い上げる音楽が好きすぎるのでこれで!!
つか真1のオープニングは映像も合わせて好きすぎるのですよ…!!
(曲というよりは効果音なのですが、またそれが格好いいんだ…!)

特にこのCDは、CHAOS DISC側がオススメ。アレンジ版なのですが
すっごいクオリティ高くて。
曲名や曲の流れ、アレンジの方向性から世界観を大事にしてるのが
凄く伝わってきていいのです。ピアノ&ギターがいい…!
(ただし原曲からはかなり剥離してるので苦手な人は苦手かも)

—————————————————————

▼大神 オリジナル・サウンドトラック
非常に正直に申し上げれば曲多すぎて把握できないんだが!www
何曲かは「これ作中のどこでかかったっけ」ってなるんだが!ww
でも名盤だから仕方ないね、入れざるをえないね!

これもほんと…音楽こだわって作ってるんだろうなあ…と、しみじみ
聴きつつ思わざるをえない。曲聴いてるだけでゲームの画面が鮮やかに
思い浮かんできます。特にフィールドの曲は颯爽とあの国を走りまわる
アマ公の背中を思い出して晴れやかな気持ちになる。
そして「太陽は昇る」を聴くと条件反射で泣けてくるという…!!

—————————————————————

▼交響組曲 ドラゴンクエストII 悪霊の神々
DQのCDは山のように出てるのですが、やっぱDQはロトシリーズの頃のが
思い入れ強いので、その中でも一番音楽が好きなDQ2ので。
(3も相当好きなので悩みましたがー!!両方入れればよかったか…)

DQに限りませんが、すぎやま先生の音楽はゲームミュージックの中でも
特に映画音楽的というか、風景へのマッチ感が素晴らしいと思います。
FC時代のゲームって、その辺プレイヤーの想像力に委ねる部分が多いので
(今みたいに綺麗なグラフィックとか出せないからね)それを後押しして
くれたのは、間違いなくすぎやま先生の曲だなあと。
DQ2は特に最初にフィールドに出たときの寂寥感がやばい。切ない。
それが三人になったときに一気に明るい曲になるのがまたいいよねー!
そして最後に「この道わが旅」で迎えるEDがもうね…!!

あ、DQの音楽といえば、DQ1のダンジョンで奥に潜っていくたびに
徐々に音階が下がっていくのは、松明の効果(範囲が狭まっていく)
も合わせて、本当に秀逸な演出だと思います。すっごいゾクゾクする。
暗い所へ暗い所へと、足を踏み入れていく感じがたまらない…!!

—————————————————————

▼AIR ORIGINALSOUNDTRACK
みすずううううううううううううううううううううううううう!!!!
はっ、取り乱しましたすいません。
というわけで言わずと知れたKeyの名盤、というか名作ですね。
この音楽あってこそのゲームだよなあ……。

鳥の詩を始めとした各ボーカル曲の良さは言うまでもないのですが、
他のインスト曲もどれも綺麗で、きらきらと水面を渡る夏の風が見える
ような気持ちになれます。
またそれが綺麗だからこそ瞬間的なものなんだと、留めて置けないもの
なんだと思わせるような繊細さと儚さがある音楽だと思います…。

なお、鳥の詩は国歌、と某所でよく言われておりますが、あれは国歌は
国歌でも、「国崎往人(※Air主人公)の歌」の略なのでよろしく!
(いや事実はどうだか知らないけれど当時そういうネタが某葉鍵板で)

—————————————————————

▼MOTHER
好きすぎて逆に何を語ったらいいのか分からない…これはもうほんと、
曲もゲームもCDのアレンジも何もかも好きすぎて。
もし手元にCDを10枚だけしか残しちゃいけません、みたいなこと言われ
たら、うち1枚はこれになるんだろうなあ…とか思う。

とにかく元のゲームが好きすぎて、更に音楽とゲームの繋がりが強すぎ
るもので、どう解きほぐして語ればいいのか皆目検討もつかないのです。
まぁあれだ、とにかく元のゲームやれ。そしてCD聴け。
今やるとFC世代じゃない人には厳しいらしいのですが…(汗)
(最近友人一人に押し付けてかなり苦労させてしまった、すまん……)
エイトメロディーズはゲームを知らない人も知ってるタイプの名曲に
なったかな、と思うのですが、ゲームでの扱い知ってるか知らないかで
曲の深みが全く違うので、ほんとゲームやってほしい。

余談ながら、ゲームやるなら可能であればFC版の方で是非。
GBA版はあちこち違いがあって、個人的にちょっと寂しいのです。
その辺についてはここで語ってるのでよろしければ読んで下さいませ。
(ただしネタバレ全開に付き未プレイの人には推奨しないですが!)

 MOTHER FC版とGBA版の展開に関する私感 – Togetter
 http://togetter.com/li/123502

音楽的には、今思うと洋楽への抵抗のなさはこのCDのおかげかなと。
(人によっては洋楽自体に拒否反応示す人もいますよね)
全英語詩な上にに歌ってるのもあちらの方だからなあ…。
どうしても歌詞の内容が知りたくて、当時の家庭教師の先生に手伝って
もらいながら、辞書を引きつつ翻訳したのはいい思い出です。

あと、持ち込みカラオケがやりたくてあれこれ試行錯誤した経験が
あるのですが、その原動力になったのもこのCDです。
どうしてもPOLLYANNAとエイトメロディーズが歌いたかったのー!!

—————————————————————

▼天地創造
クインテット三部作で、ゲームとして一番好きなのはソウルブレイダー
なのですが、音楽という面を重視して考えるとこっちかなと。
CD、めっちゃプレミアついちゃってますよね…。
ゲーム自体もVCでの配信超希望なんですけど、動きないねえ…しょぼん。

とにかく壮大な世界観と、それを盛り上げてくれる音楽だなと思います。
どれか突出して好きな曲があるという感じではないのですが、聴いてて
すごくわくわくするというか、ああ、冒険してるなーという気分になる。
あ、「光と闇」は突出して好きかも。というかこのゲームを印象づける
オープニングだなあ…って思う。

—————————————————————

▼CIRCADIA THE ALBUM
出してくれてありがとおおおおおおおおお!!と、まずは製作元への
感謝を述べずにいられない、マジで。
ゲームやってた当時(PS1黎明期の名作なのです)に音楽好きで好きで
サントラすっごく欲しかったのに、発売すらされなくて。
(ファンブックとか攻略本は複数出てたのに何故……)
それが割と最近、PSアーカイブスでの流れでまさかのサントラ化…!!
これでもうゲーム起動して好きな画面で放置とかやらなくて済むよ!!

とにかく世界観こみでカッコいいのですよ!当時のゲームとしては
ありえないレベルでCG綺麗なゲーム(特に背景)だと思うのですが、
またそれに合う清潔感のあるテクノというか。
いい意味で非常にメカメカしい音に、作中の舞台(近未来の水中都市)
の透明な煌びやかさが被さる感じ。
普通にテクノのCDとして聞いても非常にレベル高いと思います。

—————————————————————

▼ポポロクロイス物語 ORIGINALSOUNDTRACK
「ピエトロの旅立ち」がとにかく名曲で、有難いことにカラオケにも
入ってるので歌いたいんだけど内容が凄まじいネタバレソングで
(いやEDだから…)知らぬ人の前では歌えない罠。歌うけど。

とはいえ、それ以外にも名曲ぞろいの名CDです。ゲーム自体もすごく
好きなのですが、あの絵本をそのまま読み進めるような雰囲気に合った
ほわっとして、どきどきして、ちょっとだけ切ない感じがします。

曲単体で聴いたときはとにかくブリオニアの曲がめちゃめちゃ好き。
というか、今自覚したけど、私チャペルの鐘の音がすごい好きらしい。
それを効果的に鳴らされるタイプの曲にすごい心惹かれる…。

—————————————————————

▼スペースチャンネル5 part.2 Original Soundtrack「チュー!」「ヘイ!」
チャンネルは、そのまま。
うららちゃんが好きすぎて生きるのが辛いレベルに可愛いようららー!!
いや違う、ゲームの方はさておきCDの話だw
というかこのサントラはゲーム未プレイだと意味が分からないのですが
逆にゲームやった人なら聴かないのは損してます。聴け。

というのも途中で入る作中の裏話的なのが面白すぎるので!!!!!
多分ヒューズをぶん殴りたくなりますがそれはそれとして!!!!!

まぁそういうコネタ的な部分も凄い面白いのは保証するのですが、勿論
音楽部分のクオリティも高いです。リミックス各種もほんとお洒落で
かっこいい!きゃー水口さーんて感じ!!
パインちゃんの曲とかフルバージョンで聴けるよー!!

—————————————————————

▼幻想水滸伝 ORIGINALSOUNDTRACK
ゲームが好きすぎるのでちょっと冷静に評価できてない気がしますが
1のサントラ、すごく好きなのです…。
というか幻想水滸伝全般に言えることだと思うのですが、1って結構
荒削りな所があると思うのです。(出来が悪いという意味ではなく!)
2がすごい正統進化して、洗練されたから余計にそう思うんだろうけど。
で、その荒削り感が好きで、特にそれが色濃く現れてるのが音楽だなと。

なんというか、音があちこち遊んでいる気がするんですよね。
音楽作ったのが東野美紀さん(グラディウスの曲作った方)なんですが
多分RPGの曲始めてだったのかなあ、とにかく色々作れるのが楽しい!
って感じが溢れてる気がする。色彩がカラフルで、かつちょっと手触りが
心地良く荒い感じ。上手く表現できないのですが!

とにかく聞いてると広がる大草原、高い空に飛ぶ鳥、その果てに見える
知らない土地とか、そういうのが絵巻物みたいにばーっと広がって展開
されていくのが見えるのです。
その絵は少し稚拙なんだけど、それ故に愛おしい感じ。うー伝えにくい!
言葉が足りなくて申し訳ないのですが、技術的に拙いところは全く無い
ですよ、当然のことながら!!!

あ、でも拙いといえばED曲が好きすぎて死ねる感じなのですが、あれは
拙いのが逆にいいタイプの曲かと思います。
歌ってるの確かスタッフの皆さんだよね。あのみんなで創り上げた!って
感じがゲームのEDに重なってめちゃめちゃ泣ける。

それと、CDには入ってませんが、TVCMで使われてたヤドランカさんの
「予感」は画面も合わせてとても素敵なCMなので、こちらから是非。

 幻想水滸伝 TVCM詰め合わせ ‐ ニコニコ動画(原宿)
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm482843

—————————————————————

▼DARIUS外伝 THE LAST KISS

実を言わなくてもZUNTATAに関しては非常に遅咲きで、一番最初に聴いた
のがこのCDだったりします。
当時のゲーセン友人がすっごいZUNTATAスキーで、そいつの家に行くと
よく曲が流れてたんですが、聴いていいなあと言ってたらCD貢がれたw
お陰さまで今はどっぷりZUNTATAスキーです本当にありが(ry
いやでも、好きなCDって貢いででも聴いて欲しかったりするよね…。

というわけで、ZUNTATAとの出会いのCDであり、かつ未だに一番好きな
CDです。だってほんと…格好良いにもほどがあるだろう…!!
すっと滑り込んでくるように流れるイントロ、そこに被さってくる
透明感のある歌声に、一気にその世界観に持って行かれる気がします。

ちなみにこれはアレンジ版の方なのですが、当然遡ってゲーム音源版も、
それ以前のダライアスなどもみんな聴いてます。
ゲームとしてはSTGは本当に下手くそなので、自分でプレイしても
さっぱり先に進めないんですけれども…(遠い目)
俺…いつか自力で鯨に会うんだ……。(家庭用コンテニュー地獄フラグ)

—————————————————————

▼DARIUS BURST REMIX WONDER WORLD
そして今現在進行形で必死に…いや必死ではないか、でも見かける度に
無謀に挑んでは撃墜されてるDBAC。い、一面はクリアできるよ…!
もう筐体込みで音楽にベタぼれしてるので、サントラ全部買うわライブ
行くわで大騒ぎです。ライブ音源化&DVD発売おめでとおおおおお!!
余談ながらライブの感想(というか開発者トークレポ)はサイトにて。

 眠れない夜空 | ダライアスバースト アナザークロニクル
 ZUNTATAライブ&開発者トークショーレポ
 http://night.littlestar.jp/2011/03/dbac_zuntata.html

んでこのCDは、そのDBの曲を各著名ゲームミュージックコンポーザーに
アレンジしてもらったというCDなのですー!!
DB、元の曲も好き過ぎるのですが、このCDはそれに輪をかけた完成度で
ゲーム音楽好きならほんと抑えておいて損はないかと思います!!
つうか、参加者が豪華すぎるだろ。何をどうしたら集まるのよこの面子。
是非公式サイトを見に行って、視聴してみてくださいー!!

 ダライアスバースト リミックス ワンダーワールド 発売中!
 http://zuntata.jp/special/ww/

オススメは下村さんの「背中に未来」、桜庭さんの「現在戦闘進行中」
なるけさんの「激化」、坂本さんの「絆」、菊田さんの「覚悟と決意」
関さんの「心」…いかん、オススメじゃない曲いったほうが早くなるw
またこのCD、曲名もえらいかっこよくて!そのうちどっかでタイトルを
流用してなんか書いてたら笑って下さいwやりそうだ…。

—————————————————————

▼FINAL FANTASY 3 ORIGINAL SOUND VERSION
ここからずっとスクウェアのターン!!!!!!!!!!!!!!!!
というわけでまず最愛のFF3から。これはもうMOTHERとか幻水同様、元の
ゲームが好きすぎるので正直語りようがない感じがありますが、その
好きなのもこの曲あってこそかなと。それだけ魅力的です。

なんかもう好きすぎてゲームも音楽も繰り返し過ぎて、もうどこが好き
だったのかよくわからなくなっている(本末転倒ェ…)のです。
ただ、何度やっても最初のクリスタルに触れる瞬間と、そこで始まる
メインテーマ、そしてその直後に目の前に開けるフィールドのMAP。あの
部分で凄く胸がきゅっとなる。

そのフィールド曲である「悠久の風」が本当に好きで仕方ないのですが、
あそこで洞窟を抜けて、最初に頬に当たる風は、きっと少し冷たいんじゃ
ないかなって気がする。
FF3の旅立ちって、元々そんな世界を救おう!みたいな話じゃなくて、
OPで語られる通り、ちょっとした度胸試しなんですよね。
それがクリスタルの啓示を受けて旅立つことになるんだけど、そういう
少し不本意に故郷を離れる寂しさとか、背負わされた使命の重さとか、
でもそれを跳ね除けるような冒険心、先への展望があの曲には詰まってて
なんか聴いてるとそういうので胸がいっぱいになるんですよ…。

そして、そうやって広い世界に出たと思ったのに、そこは本当に小さな
世界の一部にしか過ぎなくて、目の前に開けた新しい世界への衝撃とか、
そこで出会った人との悲しい別れとか、とにかくFF3ってありとあらゆる
イベントが好きで、それに合わせて音楽が脳内に流れるので、ほんと
どうやっても切り離せないです。いや切り離す必要ないけどさ!!
音楽として語るのが難しいんだよ察してくれよ!!!!!

え、えっと。普通に好き曲だけ羅列すればよかったのか。
「悠久の風」「古代人の村」「果てし無き大海原」「アムルの街」
「海底神殿」「ドーガとウネの館」「クリスタルタワー」あたりかな!

あとリミックス盤の「悠久の風伝説」もすっごい好きですよ!!!!!
どっちで語ろうか悩んだんだけどまぁゲーム版かなというだけで!!!

—————————————————————

▼FINAL FANTASY 4 Celtic Moon
これは元のゲームへの思い入れよりCDへの思い入れが勝つという稀有な
パターン。いや別にFF4が嫌いなわけではなくこのCDが好きすぎる。
文字通りケルティック風にアレンジされたアルバムなのですが、多分
民族音楽ってのをちゃんと認識したのはこのCDが最初のような気がする。

とにかく曲調がどれものどかで、気取ってなくて。すっごいのびのびと
演奏してる感じが心地よくて、何度も何度も聴いてます。
それまでこういうインストというか弦楽の音とかってクラシックしか
聴いたことなかったから、多少調子はずれでもそれが味になる、っての
すごい新鮮だったなあ…。
またそれが元は知ってる曲だから、ギャップが凄く楽しくて!
MOTHERで開いた洋楽(というか英語詩か)への扉もそうだけど、ゲーム
音楽のおかげで知った世界ってほんとうに多いなあ。

あ、あとFF4といえばちょっとマイナーですが、ピアノの楽譜が出てて、
それについてくるCDもオススメです。難易度も低くて当時の私が何曲か
引けたレベルだったような…楽譜の方は紛失しちゃったなー。

—————————————————————

▼drammatica -The Very Best of Yoko Shimomura-
すんげーオススメのCDなのですが知名度が低い気がする(周りで買った
人見たことない…)のでお前ら聴けよ!と布教も兼ねて!

下村陽子さんがスクウェアで作った曲のクラシックアレンジアルバム。
ドラマティカ、というその名を裏切らない曲多数ですよー!!!
詳しくは公式HPを是非ご覧になってみてくださいなー!!

 drammatica -The Very Best of Yoko Shimomura-
 http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/drammatica/

聖剣伝説ROMやフロントミッション、LAL等の下村さんの名曲の数々が
そらもう見事にアレンジされて、凄い聴き応えのあるアルバムなのです!
元々迫力のある音楽作られる方なので、クラシックアレンジとの親和性
高すぎて…!きゃーしもくまさんかっこいいー!!!!
特に聖剣LOMとフロントミッションのアレンジは格好良すぎてたまらん!
上記公式サイトでとにかく一度聞いてみて欲しいー!!!!

—————————————————————

▼聖剣伝説 Legend Of Mana
というわけでここからしばらくしもくまさんのターン!!!

聖剣LOMはこれまたゲームがすっごい好きなのですが、曲も名曲揃いで!
ゲームのイラストがちょっと独特なのと、聖剣伝説というシリーズでは
異色に見えた所から、あまりプレイヤーさんを知らない…。しょぼん。
オンラインではそれなりに見かけるんですがねえ。

海外の絵本のような柔らかで色鮮やかな色彩のゲームなのですが、そこに
下村さんの壮大な音楽が乗ると、その絵本の中のキャラが生き生きと
動き出す気がします。
MAPの種類がすごく多くて、それに伴って曲数もかなり多い部類だと
思うのですが、どれも雰囲気ぴったりで飽きさせないですよー!!

あとEDの「Song Of Mana」はほんと名曲。カラオケにも入ってるので
是非覚えて歌ってみるといいと思うのです!!

—————————————————————

▼FRONT MISSION ORIGINAL SOUNDTRACK
私が持ってるのはSFC版のですが、今他にも色々移植版出てるんだよね。
それのCDもあるんだろうなあ…気になるぜーと思いつつも、まぁSFC版で。
これがまたOPえらいかっこいいんですよね…!!
フロントミッションは個人的に世界観とかいろいろメロメロなのですが
やっぱそこに下村さんの重厚な音楽合うなあーと!!!!

とかいいつつ、最愛曲は下村さんじゃなくて松枝さん担当曲だったり。
だってあのゲームをやった人ならば!「Kalen」は別格すぎるでしょ!!
あのEDで流れるシーン、主人公の消えていく後ろ姿にどれだけ胸を
打たれたか…!!あれ普通にゲーム語りにまたスライドしてる気が。

あとこのCDはとにかく戦闘シーンの曲に外れなしなので、勇ましい曲が
好きな人は一聴の価値ありまくりだと思います。
「Take the offensive」は問答無用で格好いいぞ!!!!

—————————————————————

▼LIVE A LIVE ORIGINAL SOUNDTRACK
そして最愛スクウェアSFCゲーであり最愛下村曲でもあるLALー!!!
多分下村さんをコンポーザーとして認識したのはこのゲームからです。
とにかくメインテーマが好きすぎて!!映画のようなあのOPシーンから
繋がる迫力ある音楽!!何度聴いてもどきどきします。

このゲーム自体がとにかくあっちこっちに時代も場所も飛ぶので、割と
統一感をもたせようがないゲームなのですが、それをきっちり締めてる
のはやっぱりこの音楽なんじゃないのかなと。
下村節、とまで明確な主張はないと思うんですが、割と全部重めの印象
の曲が多くて(ゲーム自体が相当重いせいもあるかと思いますが)。
でも描く世界観に合わせた遊び心もある楽曲が多くて楽しめます。
現代編とかは今聴くともうwwwメーカーが違いますよとwwwww

※下村さんはスト2の音楽担当。そして現代編の主人公は格闘家。
 あとは…わかるな?

あとブリキ大王は稀代の名曲。異論は認めない。島本的に。

—————————————————————

▼FINAL FANTASY TACTICS ORIGINAL SOUNDTRACK
ゲームの中世っぽい雰囲気に弦楽が合ってて、凄く好きなサントラ。
でもサントラで聴くより、ゲーム内のサウンドテストモードで聴くのを
お勧めしたいようなしないほうがいいような…w

割と戦闘が長いゲームだからなのか、戦闘フィールド曲に思い入れが
あるのが多いです。というか「A Chapel」が好きすぎる。
戦闘シーンに入るときにMAP全体をくるーって回転しつつ見せる演出が
あるんですが、あのときにこの曲の鐘の音が響き渡るのが凄く好き。

だけどこのゲームの曲はやはり先述のサウンドテストモードのせいで
アジョラさん大回転だったりづんづんだったりクマさん骨肉店へだったり
せまりくるサンタクロースだったり(※それ別のゲーム)で笑って
真面目に聴けないのもまた事実である。崎元反省しろいやもっとやれ。

—————————————————————

▼Sa・Ga全曲集
サガシリーズの音楽はロマサガシリーズの格好良さがピックアップされる
ことが多い気がするのですが(それに勿論異論はないのですが)GBのも
かっこいいんだぞー!!と大変強く主張していきたい。

ゲームとして愛しているのは2が一番なんですが、実は音楽的には3が
イチオシだったりします。あれすごい未来感バリバリでカッコいいと
思うのですが、如何せんゲーム自体の評価に合わせて不当な評価を
受けている気がしてならないよ!!!
OPアレンジ一つとっても凄いカッコイイと思うんだけどなー!!!

—————————————————————

▼Love SQ / Chill SQ / More SQ
全力で回し者になる気まんまんですがwここ最近ずーっと一押ししてる
アレンジCDのシリーズです。
原曲はスクウェアのゲームから色々集めているので、当時を知る人で
かつそのアレンジ担当者を知る人ならすんごくニヤニヤ楽しめるかと!

まぁ、言っちゃえばヴィレッジヴァンガードによく置いてあるコンピの
スクウェア版です。キラキラジブリとかあの辺。
それを公式主導で、いや主導というレベルではなく明らかに中の人達の
趣味で面子を集めて作っちゃいましたー!的な。
なので中の人と趣味が合うと死ぬほど楽しいです。自分がそうですw

基本おされかっこ良く、かつそのミュージシャンのカラーがかなり出て
ますので、ゲームアレンジCDとしてはかなり好みが分かれると思います。
なので公式サイトでチェックしてみて、ツボに入るか是非チェックを!

 SQ MUSIC
 http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/sq/

もうちょっとすると新作の「SQ Chips」「Cafe SQ」も発売だよー!!

—————————————————————

▼FINAL FANTASY 外伝 聖剣伝説
GB不動の最愛ソフト。これも好きすぎて上手く語れない系…。
弱いんだよこういう正統派ヒロイック・ファンタジー…。プレイ当時は
そらもう思春期真っ只中だった自分は主人公に当時好きな人の名前を、
そしてヒロインに自分の名前を入れてプレイしていましたよ…。
それだけに感情移入も凄かったので、ラストは今思い返しても辛い。

また、これがGBから出てるとは思えないほど、優しく澄んだ音がするん
ですよねー…。特にマナの神殿は何度聴いてもその音にはっとする。
硬質のクリスタルに光が乱反射するみたいな音だよね、不思議だ…。
曲としてはそのマナの神殿と、聖剣を求めてがめちゃくちゃ好き。

あと、GB版の音が好きすぎるのでそれには劣るのですが、アレンジ版も
すごい名盤なのでオススメですー!これと先述のCeltic Moon、あと
悠久の風伝説は初期スクウェアアレンジ盤の中でもほんと傑作だと思う。

なお、ゲームとしては当時本気で一箇所詰まったことを、未だに根に
持っております。
ヤシのき・・・8のじ・・・。

—————————————————————

▼CHRONO TRIGGER Original Sound Version
名曲が多いことは今更言うに及ばないと思うのですが、密かに評価したい
ポイントとして、CDの構成が凄くいいと思うのです。
全三枚組なのですが、次の盤に繋がる曲の前に、ゲーム内のタイムワープ
効果音が挿入されるんですよー!これはプレイヤーにはぐっとくる仕様!

音楽は、繊細で綺麗な曲が特に好きでした。「みどりの思い出」とか、
「風の情景」とか。「マノリア修道院」「歌う山」も綺麗だよねえ。
あとはやっぱり「時の回廊」と「黒の夢」はたまらん…!!!

続編のクロノクロスも音楽素敵なんですが、そっちはまだ肝心のゲームを
積んでいるのでノーコメントorz もうアーカイブスで買おうかな…。

****************************************************************

最後にちょっとおまけとして。ゲームとしては未プレイなんですが
音楽が好きで聴いてるのもいくつか載せておきます。

・月奏~ツキカナデ~ / 星詠~ホシヨミ~(アルトネリコ)
・無限回廊 光と影の箱 a Soundtrack
・ジェットセットラジオフューチャー サウンドトラック(Jet Set Radio)
・NieR Gestalt & NieR RepliCant Original Soundtrack
・Lamento O.S.T. -The World Devoid Of Emotion

この中で少なくともニーアはやる気ありまくりです。PS3買ったら!!
無限回廊は前作の体験版で心が折れたレベル。向かなすぎる…。
JSRは人がやってるの見たい。いや見たけど。

****************************************************************

……ふう、この辺にしといてやるか!(晴れやかな顔で)
ていうか長文はこの間ガンパレであれだけ書いたばかりだというのに
何をしているのか自分。
質問者のドン引く顔が見えるようですが、安易にこんな質問をするから
悪いのですよと責任を押し付けつつ締めさせて頂きます。
書いてて死ぬほど楽しゅうございました、お付き合い有難うございました!

…にしても語彙たりねーな。
読み返したら好き!と名曲!以外言ってない気がしてきたぞ。