先日予告したVS ASTRAY本からの再録というかなんというか、えーと結果的に先行公開?な感想部分、掲載しますー!!
信頼と実績の長文仕様、当然のことながらネタバレ全開、かつ言いたいことは我慢しない割と率直な感想なのでその辺ご了承くださいな。(元々うちの感想はそんな感じだけど…)
そして後半からはむしろ自分語りにスライドしがちなのもいつものこと。あとついでに同人誌に載せる予定なのでそれを前提としたトークになっている部分があるけど気にするな!!
以上のことをご納得いただいた上で、お時間のある方はどうぞー!!

追記>なんか感想載せてる間に小説版単行本のお知らせきたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(右へ左へ華麗にきりもみローリングしつつ)
あああああなにそれうれしすぎる…!!!おおおおおめでとうございまあああああああすうううううう!!!!!
ちょっと嬉しすぎたんで同じく無料配布本に載せた漫画pixivにつっこんどきますね!!!これも同人誌の方に載せますけれども!!!

「VS ASTRAY漫画1」/「藤井咲」のイラスト [pixiv]
「VS ASTRAY漫画2」/「藤井咲」のイラスト [pixiv]
「VS ASTRAY漫画3」/「藤井咲」のイラスト [pixiv]

**************************************************

普段だったらサイトの方でこういうのやるんですが、せっかくのVSASTRAY本ですし、だらだらと感想を書き連ねてみようかなと。キャラ語り中心で、とにかく長いし細かいので、気力のあるときに読んでね!
なお、若干腐った要素も含まれますが、まぁうちの本を見てる人ならある程度の耐性はあるだろう…(笑)

—————————————————————–

まぁまずはなんといってもフィーニス可愛いよフィーニス。前Pまでの登場数からお察しいただけるかと思いますが、キャラ萌えというか非常にネタにしやすいという意味で愛いヤツめ、という感じ(笑)
キャラとして色々吹っ切れてて、他のカーボンヒューマンと違って自分のやりたいことやってまーす!な所がよいのですよ。いやカーボンヒューマンはある意味皆好きなコトやってるが。

というかフィーニスがギナ様に懐いている(※大変に語弊のある表現)のと、それをミナ様に喜ばれている、というあのインターミッション03が好きすぎて…!!今回の書き下ろしはどれも色々ツボを突かれたのですが、一番好きなのは間違い無くその話でした。
詳しくは後述しますが、個人的にクローン技術をテーマにしたストーリーって色々思うところがありまして、あまり素直にカーボンヒューマン組を好きとは言いにくい感じなのですが、ミナ様がこういう認め方したならうん、まぁ、いいかな…とちょっと落ち着いたというか。上手く表現できないんだけどね。

—————————————————————–

素直に可愛くてたまらんのはリリーちゃん。キャラデはそんなにツボじゃないんだけど、あの助けられた時の「そんな問題じゃないの!」のやり取りがキュートすぎて!!あそこはまたときた先生のイラストがすんごい可愛かったんだー!

ただしMSと戦法に関しては正直ネタだと思うが。どこから攻撃してくるか分からないよと思ってたら実はいっぱいいましたー!!なネタは二度やっていいネタではない気がするんだ…。(一回目は小説版の劾VSソキウス戦な)

まぁマガノイクタチのエロ攻撃エフェクトとそれをイライジャに喰らわせた点については評価する。ええ描いてて楽しかったですとも!!

—————————————————————–

ギナ様はなんだろう…この……かませ犬感…。
相手が悪かったといえばそれまでなんだけど、今までのそれなりにカリスマあったキャラが一気に転落した感じは正直否めない。素直にそのまま死んだままの方がキャラのイメージ的には良かったんじゃないかと思ってしまう…。(Twitterだったかブログで拝見した千葉社長のお話によると、あれで退場したままなのは可哀想だから今回復活、みたいな経緯があったらしいのですが。あれでもそれはプレアの方だったっけ…すいませんちょっと記憶あやふやだー)

そもそも死んだキャラをこういう形で復活させること自体が自分は嫌だったのですが、カーボンヒューマンとして復活したキャラと、その前のキャラとは例え記憶が引き継がれていても別人だと思いたいですし、周りが「生き返った」と認識するのもすごく抵抗あります。イライジャがヴェイアに見せた態度がそんな感じだったのでしょんぼりしたなあ。(あそこは「死んでいた間に」なんて言わないでちゃんと別人だって否定して欲しかった)
身体情報が一緒で、記憶の大部分が元の人物と一緒なら、それはその当人として考えていいものなのか?って所が自分はすごく引っかかる(最近だとスパロボZのトゥルーエンド、グローリー・スターの面々の扱いも受け入れられなかった口)ので、ギナ様にしろ、ヴェイアにしろ、元のキャラに造形が近ければ近いほど、すごく遣る瀬無い気持ちになります。(逆にプレア、ヒィ、おじーちゃんの三人は元と明らかに違うので少し冷静になれる)元のキャラの尊厳が踏みにじられているというか…。

ギナ様は特にこの負け犬っぷり(あっさりあしらわれて改造して出なおして更にあしらわれてとかもうね)が尊厳踏みにじり感MAXなので、すんげー見てて切なかったのですが、先述したインターミッション03で、ミナ様が「昔のギナとは別人と認識した上で心配している」(と、私には読めた)構図が凄い嬉しくて、あの話読んでから好きになりました。
ギナ本人の自覚としてはどうなんでしょうね…自分はギナが生き返ったようなものだと思っているのか、あくまで別人だと思ってるのか。後者だと嬉しいなあ。劾と再戦を願うにしても、死んだ人の続きじゃなくて、自分の意志で戦うよう頑張ってほしい。

—————————————————————–

あとそのあたりのカーボンヒューマンと本人への扱いに関して読んでて一番すっきりしたのはカナード。偽物ってはっきり言い切って、プレアであってプレアじゃないものとして対応してくれたのがすごく読んでて嬉しかった。
そこに躊躇がないわけではなかったんだろうけれど、自分にできることとしてプレアを討とうとした、ってのはカナードの誠実さだと思う。そしてプレアの方もカナードならそうしてくれるだろうと思って行動を起こして…。(あれは自分がプレアであってプレアではないと自覚してるからこその行動だよね)カプ萌えとかそういう腐った思想とは別に、プレアとカナードいいなあ、ちゃんと分かり合ってたんだな…と改めて思いました。

特にカナードの株は自分内順位が上がりまくってストップ高もいいところだぜ。諸事情でカナードがちょっと苦手だったのですが(昔、原作とは関係ないところで一悶着あったので)今更のようにプレアとカナードの話とかもちゃんと描いてみたくなったです。

—————————————————————–

ヴェイアに関してはノーコメント、というわけにもいかないのでこの機に語っておきますが、まぁぶっちゃけると元のキャラ自体が割と苦手です。ヴェイアがどーこー、というより多重人格キャラが苦手なのですが。(余談ですがそれが理由で00のアレルヤにも点が辛い)

なので今までこれだけアストレイの本とか感想とか書いてきましたが、ヴェイアに関しては基本スルー気味でして。(あと、何をどう描いても正直自分の表現力では当て馬にしかならないだろうな、と思っているのも否定はしない。んでキャラにそういう失礼なことはしたくないのでそれなら最初から描かない)

でもこのカーボンヒューマン版ヴェイアは…割と元のヴェイアとは性格違うよね?音楽好きの設定は生きてるっぽいけど(ちゃんと立ち絵がイヤフォン持ってる、カナル型になってるのが登場時との時代差を感じるな…)音楽聞いてなくても暴走しないし(というかヴァンセイバーのガンプラに付いてる漫画の設定を見る限り「激しい音楽を聞くと凶暴になる」らしい)、言ってることは妙にはっちゃけてるし。ていうか「力尽くも嫌いじゃない!」の発言は、腐女子の端くれとして踊っておくべきだったんでしょうか!(笑)
なんつーか、良い子と悪い子の性格がいい感じに融合した結果がアレなんですかねえ…この性格なら割と愛せるというかいい笑顔の腹黒さんっぽい印象なので(セブンイレブンとの会話が特にそんな感じ)、結構好きかもしれない。

—————————————————————–

おじーちゃんに関しては毎回顔芸っぷりがすごくて出てくるたびに噴いていた(笑)さすがの戸田デザイン…!!
でも出てきていきなり自爆とかうおおおおおおおおいせっかくの戸田デザイン一話で殺されたああああああ!!!と思わされたりでなかなかヒヤヒヤしました(笑)

この人に対する扱いは…ロウは蘇ったおじーちゃんとして認識してるっぽいよなあ…ううう。まぁわんこ話がいい話だったので許すよもう!!リクエスト者GJ!!

—————————————————————–

私的に一番こんなときどんな顔をしたらいいのかわからないの的なキャラ、ヒィ。
まぁあのデザインで出てきた時点で劾かキラのカーボンヒューマンの二択、でもキラのカーボンヒューマンは作品的に作れないだろう(作ったら作ったでカナードと立場がかぶるし)と思っていたので覚悟は決めていたんですが、いざヤングガイとか言われたらまぁそりゃ動揺しますよね私が!!!!(笑)
でも当の本人はヒィに対して他人事すぎるというか動じないにも程があるだろうお前!!!(笑)

つーか劾に限らずみんな冷静でしたねえ…ロレッタとリードの会話とか読みながら「えっお前らそれでいいのその反応なの」って私のほうがあわあわしてしまったわ!!!
風花とイライジャの反応が作中ではなかった(4コマ漫画ではあったけどさ)のがちょっと残念です。もし対面することがあったらどんなだったんだろ。
風花はあの年にして達観してる所があるから余裕なんかなあ。イライジャは動揺しまくってくれたほうが私的には美味しいのですんごくその構図が見たかったなああああああああ!!!

ていうかヒィVSイライジャのバトルとかすんげー見たかったんですけど!腐った意味も腐ってない意味も含めて!慣れ親しんだ戦い方を相手にする難しさと、でも今の劾とはやっぱり違うその動きに動揺したりすればいいじゃない!ヒィに「やはりオレ…劾相手では戦いにくいか」とかヘタな挑発されて「お前は劾じゃない!」とか言えばいいじゃない!!
真面目な話するとどっちが実力が上なのかも気になったよ!(身体反応とかは当然ヒィに軍配が上がるだろうけど、今の劾と組んで戦ってきた分戦闘経験とか駆け引きはイライジャに分があるのかなとか。)んでいざヒィの素顔を見て若い時の劾ってこんなだったのか、オレと大して変わらないのにやっぱりこんなに強いんだ…とかしょんぼりしてればいいじゃない!!(そこまでワンセットなのか)
くー、しまったな、今思えばリクエストの時にそれをお願いしておけば見れた可能性はあったのか…!!惜しいことをした!!!

ちなみにリクエストの時はもうちょっとでいいので劾の過去ネタやってほしいー!とお願いしたんですが、通らなかったなあ。作中で結構劾が昔のオレはこんなだったかーとかしみじみしてるのが面白くて、それに絡めてもうちょい昔の話聴きたかったな、と思ったのですが通らなくて残念。いいもん過去なんて勝手に妄想するもん。ミステリアスな方がかっこいいもん。ちっ。
でもやっぱりもーちょいヒィ=過去の自分というところに動揺して欲しかったというか、そんな劾もちょっと見てみたかった…大事なことなので二度言いますがなんだその他人事感は!!!(笑)まぁ元々連合で自分と似たような存在一杯作られて、的な環境にいた人だから今更若いのが一人増えたとしてもあんま気にしないんかなあ…。
というかあれだけよってたかって劾として扱われない構図を見ていると、なんか逆にヒィが可哀想になってくる…(笑)一番動揺してるのが当の本人だからね!!倒して本物になるとかいきがっちゃったからね!それ死亡フラグ以外の何物でもないよね!(笑)

—————————————————————–

ロウは正直全般的に株下がっちゃったかなあ。
というかΔあたりからロウの株は基本下がりっぱなしなんだけど…便利キャラというか万能キャラにするにも限度があるだろうと。
全部載せ赤枠自体は「作れるから作ってみましたー★」感でキライじゃないけど(というかVフォームが面白いからもう許した)、その技術が一人の所に集約されてるのは普通に大問題だろ。ロウ一人で各国のMS開発技術に匹敵するって…。更にジャンク屋みたいなところにあの赤枠置いといて強奪されたらどうすんのさ。本人の存在ともども、軍事バランス崩れるレベルなんじゃないのか…。

さらに本人の技術と悪運のインフレもすごすぎて、なんでもできちゃう感が面白くない。ロウ一人いれば作れないMSなんてなくて、見抜けない技もなくて、どんなピンチでもあっさり乗り切っちゃう感がなんとも…。
「フツーっぽいジャンク屋がなんとかMS動かして乗り切ってくぜ!」みたいなのがロウやジャンク屋チームの魅力だと思ってたんだけど、これじゃただの最強キャラだよなあ。

でもこのへんは長期連載の宿命であり、新しいMSを出し続けなきゃいけないガンダムモノ(かつホビー誌の連載)では避けて通れないことなんだろうね…。そのあたりの業が全部ロウに乗っけられちゃってるのが元々すごく好きなキャラだけに、個人的にはとてもしょんぼりしてたり。
まぁひとことで言うとアレだ、お前らもっと苦労しろ(笑)

—————————————————————–

他キャラについてもちょいちょい語ってみたり。
カイトの久々の登場は嬉しかった(※上位五位に入るくらいには好きなキャラなので)んですが本編登場組の割にはおまけ感ェ…。
ネタにもしたけどあれなんか、フラグ回収に出てきただけかお前は(笑)ジェスとの会話可愛かったけどさ!

そしてまさかのイルド再登場に一瞬「誰だっけお前」と思ったことは秘密にしておきたい。
あとはトロヤやΔ組もちょい役だけど出てきて嬉しかったー!連載時はアグニスなんか唐突に出てきたー!出てきたと思えばパーツだけおいてったー!!と思わなかったといえば嘘になるんですが(笑)どっちも書き下ろしのフォローで満足!

そして何より出てきてびびったというか素晴らしいお呼びでない感だったまさかの麗雄さんェ……!!!!(笑)
モーガンさんおつかれ過ぎて読んでて涙が止まらなかったよ笑いすぎ的な意味で!!!!!VSASTRAY関係なさすぎるでしょうあなたたちwwwwwwwwwwなぜそこで丸々一話使ったしwwwwwww

—————————————————————–

ついでにMS語りもちょこっと。
全部載せ赤枠に関してはもういっそここまでやられれば清々しいわ、という感じ。好きかと言われたら微妙だけど(というかタクティカルアームズはもう青枠のものだと思ってたので取られちゃってちょっとしょんぼりとか今更言ってみる)ちょっとパーツ弄っただけであんな弓型とか作れるのかよ!と思うと、そういう技術的にはすんごい事やってるよなーと思う。実際のガンプラ見たことないんですが、どんな感じになってるんだろー。

変形ぱねえ感はミラージュフレームはほんとすごかった…まさかのわんこ体型!!これもデザイン的に好きかと言われたらまた微妙なのですが、MGベースで作ってた方の作例がすごく綺麗だった(ナイス塗料セレクト!)のでそれは好きー。色が好きといえばヴァンセイバーも綺麗だよね。
他MSは正直あんまり記憶に残ってないかな…どれがどれに乗ってたっけ、というレベルでごちゃごちゃしちゃってる。
ガンプラ買ってないせいもあるだろうけど。あれ描き下ろしの漫画がどれもやたら可愛かったんですんごい欲しいんだけれども!!ときた先生の4コマ漫画ラブ!!レーゲンデュエルだけでも買っちゃおうかなあああああでもあれMS的に最もどうでもいいんだよなあ…。

—————————————————————–

最後、総評としては、文字通りのオールスター総出演状態はファンとして素直に嬉しかったし、面白かったです!
先述した通り、カーボンヒューマンという基本設定には今でも思うところはあるんだけれども、それも完結してみたらいい所に収まったかな、という。

連載開始当初はねー、劾やプレア、ギナ様の偽物なんて、死なれてもショックだし、かといって生きてても落ち着かないし…とすごくもやもやしてたんですが、なんか思ったより作中のキャラがそれに頓着してなくて(笑)特に劾の他人事感はある意味私の期待を裏切った(まだ言うか)。
更にそのカーボンヒューマンの内一人二人は死ぬかなあ、と思ってたらそれもなくて、拍子抜けした反面、うん、それでよかったんだな、という感じです。エピローグの皆さん、楽しそうで何よりだ(笑)
ストーリーを楽しんだか、と言われれば大筋では微妙なんですが(細かいところはご覧のとおり語り倒すほどに楽しみまくったよ!)、最後ならではのお祭り感は存分に味わいました!!

ていうかもうあれだよね、最後のあのプレアの祈るイラスト。あれが全て持ってったというか、あの絵が好き過ぎてカーボンヒューマンの皆をもう嫌いになりようがない。
それだけにカーボンヒューマンのプレアは、遠からず成長の速さに負けてしまうのが悲しくもあるけれど…。

—————————————————————–

ここからちょっと話ずれますが、私ほんとにASTRAYシリーズ好きだけれど、それはそれとして、ちゃんと「SEEDの外伝」であって欲しいとは思ってるんだよね。

SEED本編も好きだし、スタゲとか他の外伝も好きだし、んでその中で間違いなくASTRAYが一番好きなんだけど、それと同時に外伝という枠組みから過剰に飛び出されるのも微妙だと思ってる。
上手く説明できないんだけれど、完全にオリジナルのガンダムとしてやられるなら全く問題ないけれど、外伝で取り扱うには大きすぎる素材が増えてきたよなあ、って。
その辺の設定の矛盾…矛盾とはちょっと違うか、ツッコミどころ?が目立つようになってきてて、素直に面白がって読めなくなってきたのが切ない。

この場合のツッコミどころ、っていうのはほんと「そんな事出来るなら本編でやれよ」に尽きるというか…実際に大きく世界を動かしてるのは本編連中なのは事実で、それなのにそれより規模の大きな事(ライブラリアンみたいな黒幕とか、本家より強いMSとか色々)を外伝で出してくると、えっじゃあ本編連中のやったことは何だったの?ってなるじゃないですか。裏でこれだけでかいことやられてたらなんかもうそれが本編キャラの耳に入らないのもおかしいよなあ、みたいな違和感。(その逆もまた然りで、こんだけでかいことやってる連中が外伝キャラにしか仕掛けに行かないのも変な感じがする)

一番最初に「いやそれは外伝でやっていいネタじゃないだろう」と思ったのは『一族』の設定だけど(キャラ的にはマティアスめっちゃ好きなんですがね)、今回のカーボンヒューマンも「全部キラ様の量産で良くね」って言ったらそれで終わっちゃう話じゃない?(キラ様のデータをライブラリアンが持っているかは不明ですが、まぁアレであの人一応軍属だし、ある程度のデータは取られてるんじゃないかと思う)
そうじゃなくてもシンとかアスランとか、他にいくらでも作れそうなキャラは居るわけで。その辺の設定のツッコミどころに加えて、MSの方も本編キャラが乗ってるのより強いワンオフ機がこんなにゴロゴロしてるのかよ!!みたいになっちゃってね。

誤解を招きそうなのですが、常に本編のキャラを立てろと言ってるつもりはないです。(本編キャラも大好きですが、ASTRAYのキャラと比べてどっちが好きかと言われたらそれは自分は間違いなくASTRAYの方が好き)勿論外伝である以上本編の影にいろ、とも思わない。
ただ設定上本編のストーリーが覆りかねないようなことをやるのはやはり読んでて違和感があるというか…んーと、不自然、といえばいいのかな?世界観の調和が崩れる気がする。天秤にそれぞれ本編設定と外伝設定が載ってて、上手くバランスを保っていたのが、崩れて天秤自体歪んじゃうような感じ。
設定厨としてはそこを歪ませてまで話をふくらませるのって、むずむずしちゃうんですよ。この辺はもうSEEDの外伝だってこと忘れて読めばいいんだろうけどね…。
(余談ながらこの辺のバランスの取り方に関しては00外伝は神がかってると思う。本編サイドとの綿密な打ち合わせの賜物かなー)

いっそ最初からオリジナルの作品だったらもう劾最強でもロウ天才でもアリなんだけど、ただそうだとしたら、そもそも私はASTRAYを読むこともなかっただろうし(やはりSEEDの外伝として読み始めたので)、そして読み始めたASTRAYを面白いと感じたのはやっぱり外伝ならではの視点が好きだったからなんだよね。
世界観を補強した上で、更にキャラの魅力もあって。(なので小説版の設定語りまくるあの文章とか大好きだった)

つか自分、Twitterで、過去にこんな事言ってまして。

「本来脇役になりそうな立場のキャラが中心になって、その視線から見た話」というのが好きなのでアストレイにハマったのもあるだろうなあ。脇役萌えって訳でもないんだけど何でもかんでも主人公が世界の中心、じゃない方が好きだなーとは思う。大きな流れ以外にも流れはあるんだって感じの奴。

余談ながら当時これを千葉社長にRTされてモニタ前で突っ伏した経験があるのですが(笑/一応相互フォロー状態とはいえ、よく見てるなあ…ありがたいやら気恥ずかしいやら)、RTされたってことはご本人もその辺意識してたのかなあ。まぁ今でもこの気持ちはあんまり変わんないのです。
そりゃSEED本編が終わってずいぶんたって、連動も外伝もあったもんじゃないから、ASTRAYのキャラ展開が上の発言で言う所の「大きな流れ」になっちゃうのは仕方ないんだろうな、とは思うんですけどね。
更にロウの語りで言及したように、新しいMSとか出さないと商売上の問題もあるのかな、と邪推もしますし、そうなると今みたいな話になっちゃうのもやむを得ないのかなと。

それでも、他にもっと違った切り口の話ってできなかったのかなあ。ASTRAYSとかはその辺結構好き。(師匠が死んじゃったのは未だにショックですし、ガンプラのカラバリ無双も擁護できないが)
ああいかにもこういう紛争とか世界のあちこちであって、サーペントテールはそこでお仕事してるんだろうなって思って読んでた。
つか、別に出てくる敵が毎度毎度最強じゃなくてもいいと思うんだよね。もっと戦術とか重視した魅せ方にして、SLGみたいな面白さとかも描ける題材でしょう。(サーペントテールはチームなんだから特に)そういうのって連載誌的に受けないのかなあ…とか色々勝手に妄想してみたり。

—————————————————————–

というわけで色々書きましたが、何はともあれ、連載終了お疲れ様でした!ASTRAYにハマってから約5年(あれ遅れてきたファンの割には結構長くなったな)ほんとその間楽しかったです。作品に関わった先生方、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!

ただ自分でも驚いてるのですが、連載が終わっても自分の妄想がさっぱり終わりそうにないので、もうちょっと本とかは出すんじゃないかなあ。なのでご覧頂いている皆様、お嫌いじゃなければ、もう少しお付き合い下されば幸いです。
いや先のことはわかんないけど。EXA本になるかもしれないしね!(笑)セシア可愛いよセシアーーーーー!!