ちょいTwitterの方で呟いたのですが、愛用中のTwitter用WEBクライアント(※WEBサイトなどと同じくブラウザから使えるシステムのこと)『TwitIQ』が、その便利さの割にイマイチ知名度が低い気がしております。

インストール型は諸事情(※)で使いたくないので、どうしてもWEBクライアント型を使わざるを得ないのですが、世間で高評価の『hootsuite』はSleipnir使いの私にはムチャクチャ重いし、かといって公式では流石に機能不足だし、Sleipnirの『TwitterPlugin』は公式以上に機能が足りてないし…。

※諸事情)出先や職場でPCを使うことが多く、それぞれのPCの環境を勝手に変えられないから、作業環境をPortableSleipnir中心に依存しまくっているのです。
あと常に各画面最大化しておきたいタイプなので、ブラウザ画面とは別にデスクトップに貼りつけておくと邪魔すぎる。

というわけで、似たような理由でTwitterクライアントジプシーと化してる方へのご参考として、『TwitIQ』お勧め記事です。尚ウチの仕様として長文。短文が仕様のTwitterの記事だろうとなんだろうと長文。

あ、そもそもTwitterがまだよくわかってませんとかいう方は入門的記事はググれば山のように出てくると思いますので、そちらをどうぞ。ていうかとりあえず友達ひとり誘って始めてみれば割となんとかなるよ。(よく言われる「とりあえず100人フォローしてみろ」ってのは私的にはどうかと思いますが…)

—————————————————————–

【お勧め1:動作が軽い】

なにはともあれこれが大きい。閲覧、記入共に超サクサク。ただこれはウチの環境(IEコンポーネントのSleipnir、まぁIE8と同様と思いねえ)での話なので、もしかするときつねさんとかで見ると重かったりするかもです。

ちなみに、現在IEもタブ型になったおかげでタブ型ブラウザ環境に慣れてきた人も多いと思いますが、後述する自動更新機能ONのまま別窓で放置しても全然動作遅くなりません。
TOPページはこんな感じなんですが、この情報量で動作が軽いのは嬉しい。
ちなみに横幅はリキッドレイアウトじゃないので最低900pix必要です。まぁ最近のPCなら特に問題ない数字なのかな?

クリックで原寸
—————————————————————–

【お勧め2:Twit機能が充実】

▼基本書き込み機能
この手のクライアントには必須と思われる「Replay(普通の@付き投稿)」「RT(※非公式版、公式版は未対応、詳しくは後述)」「Favorite(お気に入り)」をクリック一つで使用可。Replayには当然発言元へのアンカー情報も含まれます。
ちなみに上の画像がその書き込み用の画面開いたところね。
個人的にはたまにアンカー情報なしで個別メッセージ送りたいときがあるんで、その一覧どっかに置いてくれないかなーと思うがまぁ贅沢かな。

▼文字制限カウント(残りあと何文字、みたいなの)
これもまぁ当然、と言いたいところなのですがSleipnirのプラグインでは正常動作してなかったんでちゃんと動いてくれて地味に嬉しい(笑)

▼複数アカウント対応
画面上部にあるメニューより複数アカウント切り替え可能。それぞれのメニュー画面にサクっと移れますし、単に書き込みするだけだったらアカウントを切り替えずに書き込みフォームの「From」のプルダウン変更だけでOK。お手軽です。
難を言えばちょっとだけ複数アカウントの登録が面倒かも。(手順は書いてありますんである程度英語が読めればOK)

▼短縮URL対応
書き込みフォームの「Shrink & Track URLs」をクリックすると自動的に短縮URLを発行してくれます、Twitterでも無闇に長文になりがちな自分には非常にありがたい。
しかもTL上ではちゃんと短縮前URL&ファビコンも併記されるので、「リンク先がどこだかわかんなくて踏めねえ」ってのもなくて実にいい感じです。

—————————————————————–

【お勧め3:閲覧機能が超充実】

▼投稿が入れ子状になる
元の発言に対して@でメッセージ投げたり、非公式RTしたりすると、その発言が入れ子状になってTLに表示されます。下の例でいうとヤガミBOTの倒れました発言に私が返信してる形ですね。時系列に綺麗に並ぶんじゃなくて、単にその下で灰色になってるのが関連投稿だと思えばOK。
これが非常にわかりやすくて便利。特に随分前の投稿に@もらったりすると「どれの話してるんだそれ」と思うこともありますが、ちゃんと元発言から@くれてればこれならすぐわかります。

20100129_06.jpg
…逆に、「@~~でメッセージが付けば何でもその人宛てになるんだよね?」としか知らない人だと、元発言を気にせず最近のメッセージからとりあえず@くれるので、TLがかなりカオスなことになったりします(笑)
まぁ公式HP位しか使わないと発言元の参照情報がある事自体に気付けないことも多そうなので、そこはまぁ仕方ないっつーか、それはそれで別にいいやとゆるく受け流すのがTwitterらしくていいのかも。私親しい友人には結構突っ込んじゃいますが…。(いや、発言の参照元違いくらいはいいけどRTや@の使い方位は知っておかないとこの先困りそうだし…)

▼画像・動画が自動展開する
YouTubeの動画、TwinPicの画像は自動展開します。こんな感じ。他にも知らないだけで展開するのあるのかも。

20100129_02.jpg

20100129_03.jpg
残念ながらニコ動やpixiv(あっ、今気づいたけどgoogle日本語入力「ピクシブ」で変換できないんでやんの、まだまだだなっ)は自動展開不可。まぁ海外のサービスだし流石に国産コンテンツには対応は難しいかと。海外のだとUstreamとか行けそうなもんだけどダメっぽかったなー。

▼自動更新対応
自動でガンガンTL更新してくれるのでダラ見に最適。勿論「Auto Refresh」の部分クリック一つで停止も可能。
あとここ地味に重要ですが、自動更新されても書きかけの文字は消えません。ちゃんとフォーム内に残るよ。

▼ハッシュタグが着色される
ささやかですがハッシュタグが緑色のフォントになります。見やすい。

▼フォローしてない人も含めその会話が時系列にチラ見できる
各ユーザーのプロフィール画面に行くと、左カラムにその人宛ての@付きメッセージが最新10件表示されるのと、その人の発言にも入れ子状に投稿が表示されるので、最近の会話の流れが非常につかみやすいです。なお、どちらも鍵付きのものは含まれません。

例えば自分のTLだけ見てたらやたら唐突な発言に見えるのも、よく見ればその前に他の人とそれに関する会話してる流れだったとか、最近増えたフォロワーさんが既にいるフォロワーさんからの紹介っぽいのがわかったりとか、@投げようとしたネタが既に他の人と被ってないか確認するとか(笑)とにかく何かと便利です。

—————————————————————–

【お勧め4:ウォッチリスト機能が面白い】

検索+自動更新、って感じの機能です。TOPページの左カラム部分に、自分が指定した用語を含むTwitの一覧が表示されます。
例として私のは今こんな感じ。趣味駄々漏れであれですが、まぁ結構これにその時興味あるものをあれこれ書き足したりしてます。

20100129_04.jpg
私は単純にORだけにしてますが、画面に書いてある通りかなり細かい条件指定が可能です。ハッシュタグ指定とかもできるよー。
表示件数は5件、10件、15件、20件から選択可能で、流れてしまった分も「View Full Watchlist…」をクリックすれば見れます。

で、この結果流れてくるTwitですが、自分がフォローしてない人のTwitも流れてきます。(鍵付きの人の発言は流れません)なので情報収集ツールとして非常に優秀です。最新情報集めたりとかにもいいけど、要望・感想Twitってかなり多いのでそれがまた興味深い。とりあえず毎日必ず誰かひとりはガンパレのアーカイブまだー?的なこと言ってるのはすげえ。というわけで私も言おう、まだー?

お勧めの使い方は「@自分のID」(私なら@saki_f)を入れておくと自分宛のReplay見逃しにくくていいですよー。フォローしてない方からいきなり話しかけられても(Twitterはそれができるのが素敵なところだよね)反応できるし、RTされてるのも確認できるし。

それと、英単語を入れると海外のTwitもごりごり引っかかるので注意。私の場合「ASTRAY」「GPM」あたりを入れて懲りました。

—————————————————————–

【お勧め5:アナライズ機能の今後に期待】

先述した短縮URLを使うと、それをクリックされた時間&回数が解析できます。最新30件のTwitのみ対応。
なお30件のリンク、ではないので注意。最新30件のTwitにリンクが含まれなければ何も確認できませんし、あと短縮URLを使ってない場合も無理。

21:41 訂正:どうも30件と限らないようです。(今見たら10件分しか見れなかった)投稿**時間以内、とかなのかもしれません。

20100129_05.jpg
これに関してはなんとなくもっと拡張されそうな予感がするので、そのうちもっと他の解析も増えるんじゃないかな?と思っております。
あ、根拠は全くありません(笑)強いて言うならメニューがわざわざプルダウンっぽくなってるからなんか増やす気があるのかな、くらいで。

—————————————————————–

【使ってないけど多分便利そう:チャンネル機能】

上記ウォッチリスト機能と公式のLIST機能を足したような機能なんですが、自分が作成したチャンネルを公開して、他のユーザーと共有できるようです。まぁ汎用性の高いリスト機能みたいなもんかな?(自分で登録しなくてもハッシュタグとかで勝手に絞り込めるのはよさげ)

ただ今のところ他人とそれを共有したいと思わないのと、そもそも日本人ユーザーが少なさそうなので、あんまり活用されてない印象なので、私はまだ使ってませんが…。

—————————————————————–

【お勧めできない少しの理由】

まぁ、以上のように色々と便利でお勧めなのですが、勿論機能的にそれはどうなのよ、と思う部分もありますので改善への期待も込めていくつか書いておきます。どなたかぜひ訳して提供元にお伝え下さい(笑)

▼公式RT未対応
公式RTを投稿することもできなければ、自分が公式RTされた数も分からない。
個人的には非公式RTを多用してるので全然困りませんが、必須の人には困っちゃうだろうなと。でもそのうち対応してくれそうな気はする。その代わりに非公式RT削られたらすげえ困るけど…。

▼発言の削除ができない
一度呟いたことはもう戻せないんだぜ!と言わんばかりに発言削除ボタンがありません。勿論TwitIQ上で呟いても公式HPとかからなら普通に削除できます。
まぁあんまりうっかりな事は呟く前にちょっと考えないと痛い目を見るぜという抑止力になる、かもしれない。

▼ダイレクトメールの気付かなさっぷりが半端ない
TOPページに数すら出ないので、お知らせ機能をOFFにしてたりすると多分本気で気付けない。メニュー内にはちゃんとあるんですけどね…。
まぁぶっちゃけこれは公式HPのも結構気付かないよね(笑)

▼鍵付きの人が区別付かない
鍵付きアイコンがどこにも表示されないので、RTとかしようとしたときに「はっこの人のはRTしてもいいんだっけか」と困ることがあります。ていうか試した事ないんですけど一部クライアントでは自動的にユーザー名が匿名に書き換わったりするらしいので、もしかしたらTwitIQも対応してるのかな?後で調べて追記します。

▼フォロー、フォロワーの一覧等がワンクリックで見れない
そんなにしょっちゅう見るもんじゃないけど、いざ見ようと思ったときにメイン画面→プロフィール画面→Following→Following…と3クリック程度のリンクを辿らなきゃならないのが結構面倒。
で、これは自分の分だけじゃなくて、他所様のプロフィール見に行った時も同じなので、例えば新規フォロワーさんが付いてどんげクラスタのお人やら、と見に行ってもあちこちクリックしないと一覧にすらたどり着けないのはいかがなものかと思う。ていうか素直にTOPページのアカウント情報欄からリンク貼っとけよと。

ていうか人の心理として短時間で10/80人とかフォロワー減ったら私なんかそんなステキな発言しちゃったかしらあらいやん!って思うだろー!!誰が外したのか気になるだろー!!(何その実体験)
ていうかいっそフォロー/フォロワー数非表示に出来れば理想なんだがな。そんなの気にせずだらだらやりたいんだけど目に入るとどうしてもなあ…。

▼広告が微妙にウザい
TOPページに出ないことはものすごく評価しますが、まぁウザいものはウザい。
ていうか出てもいいけどgoogleのマッチング広告なのかなアレ…まったくマッチしてない上にゾンビとか出してくるの普通に怖いのでやめていただきたい。
あと何気に公式HPの広告は面白かったりするので見れないとちょっと寂しい。

—————————————————————–

以上、軽量・多機能Twitter用WEBクライアント『TwitIQ』のお勧めでしたっ!
最後に、本当はタイトルをパーフリストとして「軽量・多機能Twitter用WEBクライアント『TwitIQ』を勧める100の方法」とか書こうと思ったのですが、どうふりしぼっても30ぐらいだったので諦めたことを告白しておきます。テレビを眺めてチョコレートをほおばってる間にも出てこねえ。


■WEB拍手コメント返し
>ナギさん
ご無沙汰にもほどがある…!!うっひゃーお久しぶり!今何やってんだっつーかまだエミリンと連絡とってるんだなー。ふたりとも元気?
こっちはまぁ、ご覧のとおりです(笑)最近はTwitterの方に入り浸ってますが、まぁサイトも続けてますんで!