※この記事をご覧になった方へのお知らせ(2010年7月1日)

2010年6月30日より、「CLIP STUDIO」を経由せずWEB上から直接印刷ができるサービスが始まりました!それに伴って、「CLIP STUDIO」からの印刷は出来なくなっておりますので、以下の記事は不要かと思います。
WEBページからの印刷手順については公式サイトをご覧ください。

CLIP | 創作活動応援サイト http://www.clip-studio.com/clip_site/print/index

—————————————————————–

冬コミ入稿であまりにも痛い目を見たので(主に金銭・体力的な意味で)一応次申し込むつもりの夏コミ用原稿とか、お誘いいただいてるアンソロ(後日詳細あげますー)は出来るだけ早くやっちゃおう!!と気合入れなおしております。

と、いうわけで今回の講座は同じように頑張る皆様や、今から既に間に合わない予感がぎゅんぎゅんする皆様に捧ぐ「夏を先取り!印刷所入稿を諦めた貴方に捧ぐセブンイレブンでのモテカワ原寸コピー印刷★」をお届けします。うむ、いったいどこに届けたいのか全く層の分からないタイトルですね。
まぁ要するに、今までの講座で散々ネタにしているセブンイレブンのネットプリントサービスでの原寸印刷ネタです。

—————————————————————–

【今までのあらすじ ※読み飛ばし可】

既に過去の講座(当サイト内の「ネットプリント」タグなどをご参照ください)をお読みの方はご存知かと思いますが、セブンイレブンのコピー機は、「ネットプリント」という無料のオンラインサービス経由でデータを送信し、非常に高い精度で印刷することが出来ます。

ですが、印刷システムの仕様上、そのまま同サービス上から印刷すると、紙のサイズではなく、その紙の印刷範囲に合わせてデータが自動的に拡大・縮小されてしまいます。(四方が印刷できない分も縮小してして中に収めようとするのです)
そのため、スクリーントーンを貼った漫画データではモアレが発生し、原稿の品質が下がってしまいます。

そこで、今までの当サイトでは「DocuWorks」という、富士ゼロックスの販売しているドキュメント管理ソフトを経由した印刷をオススメしていたのですが、これ、体験版があっても使用期限付きですし(しかもアンインストール→再インストールしても期限が延びないタイプ)、かといって買うと中々お高いので、長期的に使うにはちょっとハードルが高かったのですね。
あとはPCで漫画描く人にはお馴染み「コミックスタジオ」にも同様に原寸印刷する機能があるのですが、これまた使っていない人には縁のない話ですし…。

でも、その「コミックスタジオ」を作っている会社、CELSYS社が提供しているデスクトップアプリケーション&WEB連携サービス、「CLIP STUDIO」で、同様の原寸印刷サービスを提供し始めてくださったので(勿論必要なのは印刷実費のみ!!)、今回はその紹介をさせていただきたいと思います。

…実のところ、サービス開始自体は相当前だったりして、しかも開始前からサービスも認識してたのですが、サイト内の「※順次、本サイトからご利用いただけるようになります。」の言葉を信じて待っていたのですが、さっぱり進展がないようなので、諦めてデスクトップアプリケーション版の解説書きますよー(笑)

—————————————————————–

【手順0:諸注意&制作環境】

・WinXP SP3+IE8(Sleipnir)、photoshop6.1で作成しております。
お使いの環境によっては画面が異なる場合があります。

・各種ソフトの使用法をご案内をしていますが、製作元とは一切関係のない個人の作成した講座です。各ソフトの製作元に問い合わせるなど、ご迷惑のないようお願いします。

—————————————————————–

【手順1:ダウンロード&インストール】

手順1-1.以下のリンクから『CLIP STUDIO』を配布しているサイトに移動します。(別窓で開きます)

 ▼CLIP STUDIO http://www.clip-studio.com/dl/

そうすると画面中央やや下に、写真のような部分がありますので、「こちら」の部分をクリックします。
なお、以下の画像は全てクリックするところを赤枠で囲ってありますのでご参照ください。


—————————————————————–

手順1-2.画面が切り替わったら「今すぐインストール」と書いてあるボタンをクリックします。


—————————————————————–

手順1-3.お使いのパソコンに『Adobe AIR』(※『CLIP STUDIO』の補助ソフトとお考えください)入っていない場合、まずはそのインストールが始まります。
下記のような「接続中…」という画面が出たら、そのまま数秒間待ちます。


なお、既に『Adobe AIR』がインストールされている場合は、かわりに以下の画面が出てきますので、「開く」をクリックし、手順1-6まで飛ばしてください。


—————————————————————–

手順1-4.画面が切り替わったら「はい」をクリックします。


—————————————————————–

手順1-5.インストールが進行します。しばらくそのままお待ちください。


—————————————————————–

手順1-6.「アプリケーションのインストール」が表示されたら、「インストール」をクリックします。


—————————————————————–

手順1-7.「インストールの環境設定」が表示されたら、「続行」をクリックします。(通常、その他の部分をクリックする必要はありません)


—————————————————————–

手順1-8.「Adobe AIR(必須コンポーネント)」が表示されたら、「同意する」をクリックします。


—————————————————————–

手順1-8.インストールが進行します。しばらくそのままお待ちください。


—————————————————————–

【手順2:ユーザー登録&ログイン】

手順2-1.インストールが完了すると、自動的に以下の画面が開きます。
まずはユーザー登録を行う必要がありますので、「ユーザー登録画面へ」をクリックします。


—————————————————————–

手順2-2.「ユーザー登録画面」に切り替わったら、それぞれ以下の部分を入力し、最後に「登録」ボタンをクリックします。


ハンドル名:ハンドル名を入力。英数字、日本語、どちらも使用可能。
メールアドレス:ご自分のメールアドレスを入力。
※再入力:上記のメールアドレスを再入力。
認証文字の入力:画面左に出ている文字を入力。(この場合なら786849)

—————————————————————–

手順2-3.登録が完了すると、以下の画面に切り替わり、また先ほど登録したメールアドレスに確認のメールが届きます。


メール内をチェックし、パスワードを確認したら『CLIP STUDIO』の画面に戻り、「ログイン画面へ」のボタンをクリックします。

—————————————————————–

手順2-4.それぞれの登録欄に、先ほど登録したメールアドレスと、確認したパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。


なお、メール内で説明があったとおり、このパスワードは変更可能です。覚えやすいものにしたい場合はログイン後「ユーザー情報確認・変更」から変更してください。

—————————————————————–

【手順3:データアップロード~印刷】

データのアップロード手順と印刷方法については、公式サイト内に分かりやすい説明がありますので、ここでは割愛させていただきます。
以下のURLよりご参照ください。

▼CLIP STUDIO | 使い方
http://www.clip-studio.com/dl/about/print/print_howtouse/index.html

—————————————————————–

【番外1:通常のネットプリントとの違い】

現時点で確認できている通常ネットプリントとの違いをまとめておきます。

・上記デスクトップアプリケーション必須
いずれはWEBからのアップロードにも対応してくれるらしいですが、現時点では不可。
緊急時に外からアップデータすることが出来ないので作業には余裕を持ちましょう。

・ネットプリントのユーザー登録不要、CLIP STUDIOユーザー登録必須
DocuWorksの時同様、ネットプリントとは完全にユーザーアカウントが別扱いになっているので、ネットプリントのアカウントがなくても使用できます。
かわりにCLIP STUDIOユーザー登録は必須となります。

・総アップロード容量に制限なし
これは厳密には確認しきれていませんが、おそらく総アップロード容量の制限がなくなっています。(ちなみにネットプリントは10MBまで)

・保存期限が二日間に短縮
ファイルの保存期限は一週間から二日間に短縮されています。DocuWorksの時はどうだったかな…。

・1ファイルあたりのファイルサイズ上限が16MBに上昇
これが一番大きな特徴かつ、ありがたい部分でしょうか。ネットプリントでは最大2MBだった部分が分割送信で最大8倍まで送れる様になりました。
なお、価格はデータ量ではなく紙の大きさによって変更されるので、たとえばA4一枚にどれだけみっしり書き込んでデータが重くなっても価格は一緒なのが嬉しいところ。

データ原稿を作成する際にオススメしている(詳細はこちらの講座をどうぞ)Tiffファイルなどは、送信の時点で更に圧縮されるので、二階調で同人サイズの原稿を作成し、アップロードする分にはほぼ制限はなくなったと思っていいかと。(グレースケールは厳しいと思いますが)

ちなみにこのアプリケーションは「ILLUST STUDIO」や「COMIC STUDIO」とも連携しているのですが、そこから刷るとなんと容量は脅威の400MBまで対応だそうです。

20100131 追記)
この400MBまで対応、の件ですが、公式の説明だと「ファイルサイズが400MBまで」なのか、「ファイルサーバーが400MBまで」なのかちょっと微妙です。(説明画面のスクショだとこんな感じ
ソフトが手元になく、ちょっと確認が取れませんので、詳細をご存じの方は教えていただけるとありがたいです。

—————————————————————–

【番外2:印刷見本】

これはWEB用見本なのでダウンロードは下記からどうぞ
【アミ点スクリーントーン印刷見本】 http://night.littlestar.jp/data/tone256.zip (816KB)

オマケとして、photoshopで作成したスクリーントーンの印刷見本をご用意しました。グレースケール10%~85%の16パターン×未加工~80線の16パターン、計256パターンの結果が一覧になっております。
改変、再配布等は良識の範囲内でご自由にどうぞ。

かなり線数の多いところまで出力できるようにしてありますが、実際には印刷屋さんやご家庭用のプリンターなどでは潰れる部分も大きいと思います。
ネットプリントに限らず、そういったものでの再現性の目安にもお使いくださいませ。

なお、データのサイズは用紙がA4原寸、内枠はB5原寸です。
ネットプリントで刷るときは「画像を拡大・縮小せず(ピクセル等倍)に印刷する」「A4」「縦」に設定するとモアレが発生せず印刷できます。

余談ながら、この256種のトーンを一気に貼るphotoshopアクションも作成してあり、いずれ講座と共に公開しようかな、と考えておりますので、興味のある方がいらっしゃったら気長にお待ちいただけると。

—————————————————————–

以上、セブンイレブン ネットプリント活用講座 Vol.11 CLIP STUDIOで原寸印刷でした!!ご意見、ご感想等あれば拍手やメール、Twitterなどでいただけるととても喜びますー!!(Twitterはフォローしてない方のつぶやきでも「@saki_f」が含まれてれば大体チェックしてます。たまに見逃しますが…)

他にもネットプリントのこの機能について知りたい、とかのリクエストも歓迎です。聞いて自分が興味持てそうだったら調べます(笑)