さてはて、別件の日記とか書いてるうちにうっかり二周目ラストに既に突入済みのデビルサバイバー、感想続きです。以下ネタバレ含むので反転しておりますが、ストーリー的にクリティカルな情報は含んでない(多分)ので、未プレイの方、購入参考にもどうぞー。

▼システム
ストーリー部分はコマンド式の移動&会話で進む、よくあるADV方式。
会話の選択肢が結構多いんですが、どっち選んでも大して変わらないような会話が多すぎてちょっとだれる。(でもそこから主人公の個性を見出す人もいるだろうから、これは人それぞれかな)
勿論会話の中にはルート分岐に影響するクリティカルなものもあり。

ADVマップには行動時間が設定されていて、重要イベントは30分経過。時間帯によって出現するイベントやしないイベントがあったりするんですが、この設定というか難易度は個人的には非常にいいさじ加減だったなと。
具体的には、序盤だとイベント前にかなりヒントが出て、更に一回くらい見逃しちゃってもフォローが効くんですが、後半になると不注意で1回見逃しただけでかなりえげつない結果になったりする。死ぬぜー超死ぬぜー。

あとマップ上はいつでもセーブ可能&戦闘中も中断セーブ可能(ロードしても消えないタイプ、分かりやすくいうとスパロボ形式)なので、その辺は携帯ゲームらしく中断しやすくて大変好印象です。
でも肝心のセーブデータが1つしかないのは何故ですかアトラスぅぅぅぅぅぅぅ!!!
これのせいで先述の差分データ作成も、とりあえず二周目以降は後日にしてとりあえず友達に貸そう、とかも出来なくて困っちゃうぜー。(まぁそういう貸し借り対策だったりするのかもしれないが。同じ理由でやっぱ同社の世界樹の迷宮でも困っちゃったんだよな…)
まぁ中断セーブをうまく使えば実質二個データ持ちもやれないこともないし、二周目以降は引継ぎ要素で相当サクサク進められるし、会話スキップ機能もあるから、周回プレイも楽っちゃ楽なんですけどね。今すでに二周目始めてるんですが、最後の分岐まで、多分5時間もかかってないと思います。なので時間的にはほんとサクサク。ただ心情的に同じような事を何度も繰り返さなきゃいけないのが結構負担ではありますが…。三周目とかはほんと作業ゲーになりそうだな。

戦闘システムは3人一組のユニットを作り、ターン制で進んでいく至って普通のSLG。
ちょっと目新しいのは、真3やペルソナ3などで採用されてた、プレスターンバトルに近い概念があることかな。(相手の弱点を突くと攻撃回数が増やせる)
というか、弱点相性がかなりシビアなので、プレスターンのこと考えなくても相性関係はかなりしっかりセッティングしないと痛い目を見ます。
ただ、常にレベル上げ用のフリーバトルが出来るようになってるので、そういう相性とか考えるの難しい、という人はそこでひたすらレベル上げすれば、力押しプレイも可能という初心者に優しい仕様になってます。

あとメガテンと言えばやっぱり悪魔交渉&合体がないとねっ、って感じなんですが、残念なことにその辺に関してはかなり削られています。まぁメガテン初心者に一番敷居が高いのもこの辺だろうしね…。

まず悪魔交渉ですが、これは一切なし。悪魔はシステム内のオークションで落札して仲間にする、という感じです。過去シリーズで言うとハッカーズの「ペットショップ王国屋」の取引にちょっと近いかな。
落札した時のご挨拶とかはいかにもメガテン、って感じなんですけど、それ以外はほんと金さえあればなんでも出来てしまうので、正直愛着が沸きにくいです。悪魔というか単に材料買ってる感じだ。

また、合体システムは2身合体のみで、しかも合体結果が一覧で検索できるので法則も何も気にする必要がない(合体法則自体はもちろんありますが)という、これまた非常に初心者への敷居を低くした仕様です。
しかもスキル継承が合体元の悪魔2体から好きに選んでセットできるというものなので、難易度下がりまくり。(今までは候補の中からランダムで、欲しいスキルが出るまで延々とキャンセルを繰り返すものが多かった)
うーん、便利だけどさー、便利なんだけどさー!!便利すぎてちと物足りないですぐぐぐ。
精霊合体や御霊合体もあるので、極端な話、
欲しいスキル持ち悪魔二体買う(※今作は一部除き同じ悪魔を二体以上所持する事が可能)→合体させて精霊に→同様の手順でもう一種精霊作成→精霊×精霊で御霊作成→御霊合体でスキル添付
という超お手軽スキル設定が出来ちゃうんですよねー…。でもこれも間口広くするためには仕方ないのかな。
ああでもせめて3身合体はあると信じてたのに…2周目から解禁とかないかなーと思ってたのに…。

あと2周目といえば、周回プレイの特典が少ないのがちょっと不満かな。
引継ぎ要素は全く文句ないんですけど、追加要素は実質閣下と遊んでもらえるだけですからねえ。
せっかくあれだけキャラがいて選択肢もあれこれ仕込んであって、しかも一周あたりのボリューム控えめにしてあるんだから、二周目以降で増える選択肢とか、ルートとかあってもよかった気がするんですけど。(サウンドノベル的なノリで)
やる前から言うのもなんですが、ジンルートなんて話の流れ的に、カオス、ロウ、ニュートラル各ルートクリアして初めて解禁ぐらいでもよさそうな気がするんだけどなぁ。
つか各ルートクリアするとOP画像にクリア後キャラが書き足されるんですが、これ別にコンプしたところで特に意味がないらしいのがまたしょんぼり。てっきり何かあると思ってたのに…この分だとアマネやってジンやって、計3周くらいでやめそうだな、私。<それでも3周はするのか。

▼音楽&グラフィック
音楽はOP曲(なんとちゃんと歌が流れる、やるなぁDSのくせに)がいい感じだったので、これは期待できるか!?と、うきうきプレイし始めたんですが、実際のゲーム内曲はどれもぱっとしなかったなぁ…。今咄嗟に思い出せって言われても一曲も出てこないんですけど。しかも曲数えらい少なくないですか?

グラフィックは各キャラみんな可愛いし、表情パターンも豊富で文句なしです。ドット絵も可愛いしねー!
背景画像もよく取材しただけあって、どこもその土地のランドマーク的なものがしっかり書き込まれてて、現地に行ったことのある人なら「あそこかー!」とすぐ分かる感じ。そのくせ歌舞伎町だけは「神無伎町」と名前が変更されてるのが心憎い演出。そりゃ閣下も根城にするわ。

あと各設定画面とかのデザインセンスもよかったです。演出でいかにも今そのDS…もといCOMP動かして悪魔いじってるぜ!感があるのはうれしいなー。というかCOMPという名称だけでときめけますが何か。

▼総評
ヌルくとも一応メガテニストを自認する身としては、あちこちシステムが簡略化されてるのは残念であるものの、それはすべて「新規のメガテンファンを取り込むため」としての結果だと思うので、納得も出来るし非常にアリな選択だと思います。得てしてこの手のゲームはシリーズ進むごとに客層狭まっちゃって最終的に自滅、になりやすいし。
難易度調節もし易いし(SLGでいつでもレベル上げオッケーってのはやっぱありがたい、嫌なら使わなければかなりキツイ難易度にも出来るし)、キャラやストーリーもちゃんとメガテンの匂いはするのにヘビーすぎなくて、DSというライトゲーマー&メガテン初心者向けにはほんとおすすめしやすいソフトです。

逆に言えば他シリーズを5、6本(特に真1とかその辺)をプレイしてる人には、ちょっと勧めにくくもあるけどね。
でも最初からややライトなゲームだと思ってやるにはなんら問題ないし。
なのでこれで初めてメガテンやったよ、って人にはこれでメガテンの面白さに目覚めて他のゲームもやってみて欲しいですー!ハッカーズとか超おすすめだよー!

さて、そんなわけでデビサバも一段落しそうですし、あとはスパロボZファンディスクもーちょいプレイして、次はスパロボK行くぜー!!それもPSPのペルソナ出る前にクリアしちゃいたいし、何気にしばらくコントローラー(&携帯機)握りっぱなしになりそうだなー。
いやそれ以外にも一応あれこれやってますよ?だだだだだだだだ大丈夫ですよ?