ASTRAYSの感想も書き終わっているのですがっ!出し惜しみしてるわけじゃないけどちょっと時事ネタには勝てないということで後回しー。
というわけで

『リンダキューブ・アゲイン』ゲームアーカイブス配信おめでとー!

やー、一回配信停止になって、何事かと思いましたが、こうして無事配信されて一安心ですー。
…ま、まぁ、私はPSPもPS3も持ってませんけどね。いいんだPS版持ってるからー!
俺、PSP新型でカラーバリエ増えたらそれと一緒にリンダと俺屍とサーカディアとサイフォ2(同じく本日配信おめ、でも2はゲームとしては微妙なので素直に喜べない)買うんだ…。<プレイ時間的な意味で死亡フラグ
こうして配信されたことがきっかけで、俺屍みたいにご新規さんが増えるといいなー。

んで、それに伴いまして、アルファシステムで「ゲームアーカイブス発売記念キャンペーン」というのをはじめるそうです!!

 ▼Alfa・MARS PROJECT 内
 『リンダキューブ・アゲイン』ゲームアーカイブス発売記念キャンペーン

要はリンダの紹介文を書いてね!という企画のようなので、この手のお祭り騒ぎ大好きっ子として、もう募集初日に送りつけちゃうぜ。というわけで以下桝田ゲーなんてやったことないぜ、って人にもわかるように噛み砕いてご紹介ー!
愛が炸裂した分長文気味だけどご勘弁。まぁうちのサイトよく来る人は慣れてると思いますが(笑)

—————————————————————–

【システム】
分類で言うなら、フリームーブRPGが一番近いかな。フィールドとダンジョン、街を巡り歩いてモンスター(このゲームの場合は動物ですが)と戦闘したり、街の人の話を聞いたり。
なお、かなり序盤からいきなり強い敵がいるゾーンまで突っ込めたりするので、調子こいてあちこち行き過ぎると痛い目にあったり、美味しい目にあったりします。

モンスターとのエンカウントは、フィールド上のアイコンとの接触型。ただしそのアイコンの動きが一筋縄じゃいかなくて、こっちを見るが早いか襲い掛かってくる奴、ダッシュで逃げる奴、自分の得意な戦闘区域に誘い込んでくる奴、特定の条件を満たさないと出ない奴と様々。
そしてまたこの「特定の条件」を探すのが非常に面白い。街の人の会話からヒントが得られることが殆どですが、中には身を持って体験しないと分からないことも。

更に戦闘に入った後も単に倒せばいいのではなく、主な目的は「捕獲」。
詳しくはストーリーの項で後述しますが、主人公たちは戦闘で相手を弱らせて、それを捕らえる必要があります。
これが単に体力のある敵なら適当にぶん殴って弱らせればいいんですが、中にはどんな弱い武器を用意してこづいても死んじゃう奴とかもいるので、倒し方にもコツというか、謎解き要素が含まれます。
ちなみにどうやっても捕らえられないー!という人向けに、動物を売ったり、代わりに捕らえてくれる人もいたりする。あと集め切れてない動物はEDでヒントがでるのもありがたいところ。
そして見事捕らえた動物の扱いもまた様々で、保存してよし、加工してよし、捌いてよし、売ってよし、(一部)育ててよし。個人的にはよく捌いてました。

余談ながらその捕まえる対象の動物たちは、ブタだったりクマだったりナマズだったりクジラだったりするのですが、それを聞いて「んなもんと戦ってもなぁ」と思うと多分いい意味でげんなりします。素敵に別物です。
というかどうしてその動物からこのデザインが出るのさ、というステキモチワルさ(今考えた造語)をお楽しみください。

あと特徴的なシステムとしては、時間がリアルタイムで流れ、決められた期限が来ることでゲームが終わります。(その前に終わらせることも出来ますが)
極論を言えばフィールドでぼーっと立ってるだけでも季節は進み、タイムアップは近づいてきます。まぁ最初の街から出たところでぼーっと立ってたら季節が変わる前にブタに踏みつけられてフルボッコだと思うけど。
そして更に特徴的なのは、その時間の進め方をプレイヤー側で微調整できること。コンフィグ設定で時間の流れを遅くしたりも出来るので、初心者にも優しい、気がする。
そしてその季節によってまたシナリオが変化したり、出てくる動物の分布が変わったりもするので、その辺も戦略性に深みを出しています。

【キャラ】
リンダ可愛いよリンダぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
…失礼、取り乱しました。まぁタイトルにもなっているヒロイン、リンダがとにかく可愛いです。高山みなみボイスの強気なおねーさんに色っぽくも暴力的に迫られたいのであれば迷わず買え。そして回転ベッドで鈴虫の声をBGMに愛し合うんだ(嘘は言ってないぞ嘘は)。

そして主人公のケンも非常にいい男です。尻に敷かれまくってるけどな。(でも決めるところは決めるので、女性の目から見るとかなりきゅんとします)
ただ自分=主人公なタイプのゲームが好きな人にはあんま向かないかもなぁ。それなりに個性強いので同一視は厳しいかも。中の人は矢尾一樹氏です。

また、サブキャラクターもみないい味出してます。どれも語るとシナリオバレに繋がっちゃうので詳細は伏せますが、サチコもネクもヒュームもアンもみんなみんな大好きだーーーーー!!
あ、サチコといえば最近読んだ美川べるの氏の「ストレンジ・プラス」最新刊にサチコネタがあってびっくりですよ私は。あの人アトラスとアルファ好きだよなー。

【グラフィック・音楽】
ゲーム内グラフィックは発売当時ですでにショボい。ベッタベタな2D画面。
ですがアーカイブスで買う時点で「昔のゲームだし」とあまりグラフィックに過大な期待をする人はいないと思うけど。
ただ作中入るムービーは(当時にしては)かなり綺麗で雰囲気ありました。
絵師のカナビス氏の作り出す世界は本当に独特で、公式ページなどで一枚絵を見るだけでもがんがん世界観伝わってくるのでまずは一度ご覧くださると。そしてそのイメージのままムービーをやってくれるので、その辺りは期待してよし!

音楽は個人的にはちょっと思い入れ低いんですよねぇ…EDテーマは好きなんですけど、もー動物追うのに明け暮れてて、あんま気にしてなかったというのが正直なところ。まぁ逆に言えばBGMに徹してる音楽だったのかな。
あと効果音とかもそんなに拘ってた印象はないかも。そっち方面での演出を期待するには、ちょっと時代が早かった、かなぁ…。(初出1995年ですからねー)

【ストーリー】
タイトルの英語表記、「Linda3」が示すように、基本はA、B、Cの三つのシナリオから成り立っています。(厳密にはオマケでタイムアタック用のシナリオDがありますが、これはストーリーがあってなきが如しなのでここでは省きます)
そしてそのシナリオはそれぞれキャラクターと世界観、動物の分布などは共通なのですが、キャラの立ち位置などが少しずつ違うパラレルワールドになっています。
タイトルにはその三つの世界を通じて、リンダというキャラの多面性に触れる、みたいな意味があるとどっかで読んだような気がするんだけど、ちょっと昔過ぎてあやふやです…(汗)

世界観はどれも少し不気味で、陰惨で、低俗で、道徳性に欠けます。作品のモチーフは聖書のノアの箱舟なので、そのギャップはちょっと新鮮というか、冒涜?

聖書の世界と同じように、数年後にこの星は沈みます。(ただしその原因は洪水じゃなくて隕石ですが)主人公に出来ることはその隕石を止めるような大偉業じゃなくて、沈むこの星を見捨てて、いくつかの動物たちを連れて別の世界に逃げることだけ。ちなみにあなた以外の人たちは他の星に引っ越しちゃいます。
この世界に必要なのは、RPGでお約束の勇者じゃない。だけど好きな女の子一人と、何種類かの動物を守れる程度の勇気と腕っ節は必要。そんなゲームです。

でももうすぐ世界が終わるというのに、起きるイベントはかなり個人的なものばかりで、そのギャップがまたいとおしかったり。良くも悪くも自分と周りを中心に話は進んでいきます。
なお、話は全般的に世界観同様かなりエグいものが多いです。ムービーもそれに準じて血とかそれなりに流れますので、そういうのが一切ダメって人はご注意。いや私だって非常に苦手なんだけど、それを乗り越えてでも見たい魅力があるんだ!
そしてそのシナリオごとに異なるキャラの魅力と、シナリオをまたいで感じられるキャラの成長がまた嬉しいんだ…!!

なお、これはシナリオというかシステム的な話ですが、ゲームをA、B、Cと順に進めていくことによって、だんだんとゲームのシステムに慣れていけるのもいいと思います。
最初に何も知らずに放り出されるには、あんまりにも広いからなー、星一つは。
最初はシナリオに引きずられるようにへろへろと動物を集めていたはずが、シナリオCに行く頃には、立派なハンターになってると思いますよー。

—————————————————————–

…以上、『リンダキューブ・アゲイン』のご紹介でしたっ!
どうでしょう、ちょっとは興味持ってもらえたかなー。気になった方は是非プレイしてみてくださいー!
そしてアレだ、銀行でポケットティッシュを貰うたびに微妙な気持ちになったり、クリスマスが来るたびに陰惨な気分になったりするがいいさ!!(笑)

ちなみにこの企画、抽選で賞品が出るらしいんですが、桝田氏の記事を読む限り、なんかラインナップがすごいといえばすごい(笑)
個人的にはPCエンジン版やったことないので興味深くはあるんだけど。モンスターのスケッチとかは見てみたいなー。確かPS版とは別物なんだよね?

そして発掘されないリンダの小説も画集も攻略本(これはPSのだけだけど)も持ってるのは密かに自慢なのですが、SS版を持ってないのは未だに悔しかったり。プレミア価格付いちゃってて、ちょっと入手するのに抵抗がなー…。
というわけでSS版発掘されないかなーと密かに期待。当たるかはともかく。


■WEB拍手コメント返し
>まきろン様
ご到着の連絡&ご感想有難うございますー!拙い作品ですが、お楽しみいただけたようで一安心です。基本的にキャラが仲良くいちゃいちゃしてるところが好きなので(笑)、そういうところを可愛く思えていただけたなら嬉しいです。まきろン様もSS執筆、頑張ってくださいね!