同人小説書きさんだとWordで原稿を作成して、そのままデータ入稿したり、一回印刷して原稿用紙に貼り込んだり、って方が多いと思います。
でも印刷所がphotoshopの入稿には対応しててもWordには対応してなかったり、ちょっと凝ったノンブルや飾り枠、カット入れたりしたいなーと思った時に、Wordじゃなくてphotoshopで編集できれば便利なのにな、って思う方、自分以外にもいらっしゃるんじゃないでしょうか。
でも一回印刷したのをスキャナで取り込むのは面倒だし、綺麗に二階調化するのも難しいし。

そんなわけでちょっと前にやるやる言ってやってなかった講座ネタ、Word原稿をphotoshopで編集する手順講座行きますー。例によって画像多めでお送りしますので、読み込み時間注意。

【諸注意&制作環境】
・WinXP+IE6(Sleipnir)、photoshop6.0、Word2000で作成しております。
お使いの環境によっては画面が異なる場合があります。
・各種ソフトの使用法をご案内をしていますが、製作元とは一切関係のない個人の作成した講座です。各ソフトの製作元に問い合わせるなど、ご迷惑のないようお願いします。
・ソフトには一部フリーソフトが含まれます。ご使用は自己責任で。

【手順0.作業の流れ説明】
Wordで作成した原稿はそのままではphotoshopで読み込むことは出来ません。
そこでphotoshopで読み込み、psdデータ等に変換することが可能なpdf(よく企業のHPとかで説明書などで使われてるアレ)に一度変換します。

各種ファイルをpdfに変換する方法はいくつかあるんですが、今回はフリーソフトの『PDF reDirect』を使用します。
これはインストールすると仮想プリンターとして動作して、pdfデータを作成してくれるソフトです。
要は印刷したのと同じ状態でpdf化してくれると思えばOKです。
なお、このデータ化は別にWord→pdfに限りませんので、印刷できる状態のデータなら何でも大丈夫だと思います。(試してませんがメモ帳、ワードパット、一太郎等でも特に支障はないかと)
ただ、印刷前提で小説などの文章を書かれる方は圧倒的にWord使いの方が多いと思われますので、今回はWordでご説明します。

また、編集する側も、pdfデータが読み込み&編集できるソフトであれば特にphotoshopである必要もありません。illustratorは大丈夫じゃないかな。
ただ、これは私がphotoshopしか使えないので、photoshopで説明します(笑)

【手順1.PDF reDirectのインストール】

手順1-1.以下のリンクから『PDF reDirect』を配布しているサイトに移動します。(別窓で開きます)

 ▼EXP Systems LLC

word_to_photoshop_01.gif
そうすると上記の画像のように、緑色のコーナーにダウンロードのボタンがありますので、これをクリックします。(赤い方は同ソフトの有償版なので注意)
なお、以下の画像は全てクリックするところを赤枠で囲ってありますのでご参照ください。

—————————————————————–

word_to_photoshop_02.gif
手順1-2.ページを移動したら、今度は上記画像のような『DOWNLOAD NOW!』というボタンをクリックします。

—————————————————————–

word_to_photoshop_03.gif
手順1-3.ページを移動すると自動的にダウンロードが始まります。
ですが、ブラウザの設定によっては始まらない場合もありますので、その場合は『Download Now』と書かれた部分を、再度クリックしてください。

—————————————————————–

word_to_photoshop_04.gif
手順1-4.ダウンロードの準備が出来ると、『ファイルのダウンロード – セキュリティの警告』が表示されますので、『保存(S)』ボタンをクリックします。

—————————————————————–

word_to_photoshop_05.gif
手順1-5.『名前をつけて保存』が表示されたら、任意の場所を設定し、『保存(S)』ボタンをクリックします。
ここでは分かりやすさ重視でデスクトップに保存します。

—————————————————————–

word_to_photoshop_06.gif
手順1-6.ダウンロードが開始されるので、終了するまで待ちます。終了したら×ボタンを押すなどしてダイアログを閉じます。
(設定によっては自動的に消える場合があります)

—————————————————————–

word_to_photoshop_07.gif
手順1-7.ダウンロードが完了すると、保存場所(この場合はデスクトップ)に上記画像のようなアイコンが増えますので、これをクリックします。

—————————————————————–

word_to_photoshop_08.gif
手順1-8.クリックすると上記のような警告画面が出るので、『実行(R)』をクリックします。引き続きインストールが開始されます。

—————————————————————–

word_to_photoshop_09.gif
手順1-9.インストール時の言語を選ぶ画面が表示されますが、日本語版は無いのでこのまま英語でインストールを進めます。
『OK』ボタンをクリックして次の画面に進みます。

—————————————————————–

word_to_photoshop_10.gif
手順1-10.『Welcome to the PDF reDirect v2.2.5 Setup Wizard』が表示されます。
『Next>』ボタンをクリックして次の画面に進みます。

—————————————————————–

word_to_photoshop_11.gif
手順1-11.『License Agreement』が表示されます。
『I Agree』ボタンをクリックして次の画面に進みます。

—————————————————————–

word_to_photoshop_12.gif
手順1-12.自動的にインストールが進み、画面が切り替わるのを待ちます。

—————————————————————–

word_to_photoshop_13.gif
手順1-13.インストールが完了すると、上記の画面になります。
『Show Readme』のチェックをクリックして外し(チェックが付いたままだと説明書が表示されますが、英語なので読める方はどうぞ)『Finish』ボタンをクリックし、インストールを完了します。

引き続き明日は、Word文章のページ設定や、pdfへの変換方法とphotoshopでの読み込み方法を解説します。乞うご期待ー?