ハッカーズといえば意外とセクシー=ジオンガ最強。

先日頼まれてた原稿が一件一段落したので、頑張った自分へのご褒美vというアレとして、携帯のアプリゲーを二作ほどDLしてみました。
……この年齢のおなごがご褒美にするにはどうかとは我ながら思わなくもない。
落としたのは以前から気になってた『デビルサマナー ソウルハッカーズ Intruder』と、ついでに同メーカーから『女神異聞録ペルソナ 異空の塔編』を。どっちもメガテン系の外伝ですね。
んで先ほど、『デビルサマナー ソウルハッカーズ Intruder』の方はクリアしたので、感想など。もう結構古いゲームですし、反転しませんよー。

>ストーリー&キャラクター
ハッカーズ本編が終わって半年後が舞台。PS版の二周目限定ルート、要はリーダー生存状態が前提のお話です。一応これ隠しルートで正史だと思ってなかったから嬉しいような不思議な気分だなー…リーダー大好きだからまぁ喜んでおこう。
登場キャラクターはメインキャラほぼ全員で、主人公、ヒトミちゃん、リーダー、ランチ、シックス、ユーイチのスプーキーズ全員と、途中からネミッサ。あとはヴィクトルとメアリの業魔殿組、顔見せ程度にレイ・レイホゥも出ます。
ストーリーは割とグダグダというか、内容ねーなーというか(笑)まぁ基本的に綺麗に完結してる話だから、追加でシナリオ書けって言われても難しかったんだろうなぁ…という感じではありますが、別に変な話じゃないです。個人的にはTRPGのありがちなキャンペーンシナリオっぽいなーとか思った。
キャラ同士の会話は多いし、本編を懐かしむような軽口の応酬には和みますが、一部口調というかキャラ立てに違和感を感じるのは、多分シナリオライターさんが別の人なんだろうな。(確かハッカーズのシナリオって里見氏だったっけ?)
まぁ基本それほどキャラ萌えとかストーリー重視でプレイするほどではないと思います。顔グラフィックも基本的に使いまわしだしね。(それ以外のビジュアル面もまぁ所詮携帯のレベルかと)
あと、ストーリー中何度か選択肢が出て、それによってちょろっとシナリオが分岐しますが、基本は一本道です。

>戦闘システム
元のゲームとは全然変わって、SLGになってます。メガテンでSLGっていうと魔人転生ですけど、それとはまた違う感じ。
個人的にちょっと近いかな、と思ったのはむしろ魔人学園の方かも。行動できるポイントみたいなのが決まってて、それがある間は再行動可能(ただし攻撃してしまうと不可)なところとか。
あとMAPに陣地取りゲーム的な要素があって、これがなかなか楽しい。陣地塗りつぶすために意図的に遠回りしていったりとか、陣地塗りつぶし専用に移動力の多い(でも攻撃は弱い)子連れて行ったりとか、陣地的に有利になるように相手の行動導いたりとか。

ユニットは悪魔+αで、それぞれ得意属性などが設定されてるので、その辺も考えて対応させるといいですが、まぁぶっちゃけ力押しでもいけます(笑)
あとちょっと珍しいのは、攻撃がルーレット式になってて、攻撃のヒットやダメージがそれで決定されるところ。正直重いだけでいらん演出だと思う。いちいちルーレット回ってミス!とか出されると殺意を感じます。しかも本当にランダムっぽくて、ヒット率とか設定されてない気がするので、戦略の立てようがない。戦闘中は中断は出来るけどセーブは出来ないので、リセット対処とかも出来ないし、スパロボのヌルいシステムに慣れた身にはやや厳しい…(苦笑)

全般的に気になるのは、非常に戦闘のテンポが悪い。先述のルーレットが一番の原因だろうけど。
あと難易度もそれなりに高いですが、これは途中で脇道要素にレベル上げ専用ステージが追加されるので、そこで一応改善可能かな。それでも結構難しい気がしますが…。
というか陣地取りシステムとかの要素が一度有利になったらとことん有利、って感じで、逆転要素が非常に少ないのが厳しいと思う。これで全滅プレイに対応してれば割とバランスも取れたんじゃないかなー、と思うんだけど、経験値がクリア時の一律経験値だけで、個別に戦闘で稼げたりとかないんだよね…。

あとメガテンといえば悪魔交渉&合体ですが、これはどちらもない様子。
仲間の追加はステージクリア後に、クリアランクに応じて自動的に追加される方式。クリアランクはターン数、自軍面積、撃墜数などで決まるので、序盤に負け越すと仲間追加されない→次のステージで苦戦→仲間追加されない、の悪循環に陥りかねないのはちょっといただけないかなー。

それと上の紹介リンクを見る限りは合体があるらしいですけど、三周しても見当たらなかったところを見ると、記事の勇み足かな。
造魔だけは出てくるんですが、最初から天使型固定で出てきて普通にレベル上がるだけなんで、あんまり意味はないです。普通の悪魔と変わらん。
あ、それこそ周回プレイ対応なのは、携帯ゲームにしては上出来かと!悪魔持ち越し+レベル上げ専用ステージの難易度追加だけだけど、これやらないと序盤でSランクとかどーやってもとれないし。

>ユーザーインターフェイス
中断など、携帯ゲーとして押さえるところはきちんと押さえていて好印象。強いて言うなら音量調節がもうちょっと便利だと嬉しいかな。
シナリオスキップやムービースキップもできるし、先述の通り周回プレイにまで対応してるとか十分すぎる。
ただ、流石に動作はちょっともっさりしてますね。

>音楽
壮絶にしょっぱいです(笑)音質がどうこうってんじゃなくて、単に面白みのない音楽。シンセの自動演奏とかでかかりそうな感じ。
ハッカーズは音楽凄く好きだったから、作中音楽のアレンジとかやってほしかったなぁ…。(強いて言うならチュートリアルの音楽が真1の戦闘前画面の曲…なのか?いやあれ曲って程曲じゃないけど)
効果音とかも言うに及ばず。まぁこの辺は元々あんまり期待してなかったんでいいんですが。

>総評
なんだかんだで三周目の途中までやって、合計20時間近く遊ばせてもらったのでコストパフォーマンス的には十分かと。何を目的にプレイするかによりますが、元のゲームが好きな人なら、まぁ損したってほどの気分にはならないと思います。
少なくとも自分は陣地取り要素についてはかなり好印象だったので。シナリオもまぁちょっと?なところもあるけど、500円のファンディスクだと思えば楽しかったです。

そして今はちょこちょこと『女神異聞録ペルソナ 異空の塔編』の方をやってます。こっちはクリアまではまだ遠そうなので、またその内ネタにしますねー。