ういうい、懲りずに続けるネットプリント話ですよー。というのも拍手コメントで『カラーJPEGにプロファイルつければ発色良くなるらしいけどネットプリントでも効果あるかな?』とネタ振られましたので、気になって検証してみた結果報告なんですが。
まーそもそも、言われるまでプロファイル自体気にも留めてなかったよーな私ですので、まずはICCプロファイルって何ぞやってところからてきとーに調べてみました。ネットとphotoshopのヘルプからの知識なんですが、大体こんな感じの解釈でいいのかなー。(詳しい方の突っ込み大歓迎。というか流石に素人の領域ではなくなってきた気がしてならない…)

・スキャナやデジカメ、photoshopなどで作成(入力)した画像データに付加する情報
・プリンタやモニタなどの出力機器にもある
・「どの色をどんな感じ(というか範囲)で出力するか」という情報が入っている(色空間の特性)
※色空間についてはこちらのサイトさんの説明がわかりやすかったです。→Studio Graphic様
・印刷するときにそれを参照して出来る限り色味近づけようぜ!というモノ
・一般的に流通してる統一規格としてAdobeRGB、sRGBなどというものがある

んで、自分がphotoshopで使用しているプロファイルを調べてみたところ、sRGBで作業してました。(photoshop6.0であれば[編集]→[カラー設定]から確認・変更可能)そーいやインストール時になんか選ばされた覚えがあるなー。
んで折角なのでそこからあれこれプロファイル変えてみましたが、ほんとそれだけでモニタ上の色味全然変わるのな!ちょっと新鮮。
つかAdobeRGB彩度高ッ!AppleRGB薄ッ!!自分のメインPCのモニタ、これでも相当薄く表示するように設定してるんですが…<濃い画面だと目がちかちかして長時間作業できないので。なのでphotoshop作業は基本脳内キャリブレーション派(笑)
これが林檎推奨画面なんだとすると、改めて窓使いと林檎使いの間に流れる深くて長い川を感じたぜ…。

ちなみにウチの環境で脳内キャリブレーションした限りでは、ネットプリントの印刷は全般的に彩度が落ちて(とはいえ今までのコンビニコピーで考えたらめちゃくちゃ綺麗だけど)、肌色の赤みが目だって強くなり、黄色がかなりくすむ、って感じです。青はCMYKにした時点でもう色変わるからどうにもならんし。
でももーその辺は印刷の宿命だと思って諦めているというか、当たり前なので気にもならんというのが本音。(キャリブレーションの意味ねえ)
ほんとは肌色だけでもなんとかしたいんですけど、基本はWEB用のカラーで塗ってるから、あんま印刷用の色ばっか塗ってて、それに慣れちゃうのも困るんだよね…。(割と肌色はキャラによって決め打ちで塗ってるので)

で、そのプロファイルを設定した状態と、設定しない状態でそれぞれ印刷して、画面の差が出るかを試してみました。
使用した画像は以前作成したカラー出力の私家版(自分で作った色のパレットも付いてる)と、以前作った同人誌「戦場のボーイズ・ライフ」の表紙。
まずプロファイル有・無でのファイルサイズはこんな感じでした。

カラー出力私家版(通常保存):969KB
カラー出力私家版(プロファイル付き保存):975KB

表紙(通常保存):722KB
表紙(プロファイル付き保存):726KB

情報追加された分、プロファイル分として4~5KB上乗せされるみたいですね。それほど重い情報でもない様でまず一安心。(ファイルサイズ上限のあるネットプリントでは致命的なんで)
あとそのファイルをネットプリントにアップロード(今回もDocuWorks使用)するときにエラーではじかれることも無し。よしよし。
んで更にこれを印刷してみたんですが…ぶっちゃけ違いなんぞ全くわからん(笑)
強いていうならプロファイル付けたときの方が3%くらい濃い、ような気もしなくもないような。いやでもシャッフルされて「どっちだ?」って言われたら絶対わかんないレベルだ(笑)
というかこれならトナー状態による揺れ幅のレベルの方が全然でかいです。(メンテの悪い機械に当たると結構スカスカの印刷結果になったりするんで)

というわけで現時点での結論
→少なくともphotoshop6.0+sRGBプロファイルで作ったファイルはつけてもつけなくても変わらない

これがまたAdobeRGBやAppleRGB、あるいは自分でカスタマイズしたプロファイルなら違うのかってのはまだちょっと調べてないので、ちょっと宿題。明日もっかい印刷してきてみますんで、そしたらここに追記しますねー。

>>20080301 追記
AdobeRGBとAppleRGBプロファイル付きで保存したjpeg画像を印刷してきてみました、が。
残念なことに印刷結果に差は全くありませんでしたー!!ちぇっがっくし。画面上でみるとjpegファイルの状態でも明らかに色違うから、ちょっと期待してたんだけどなー。
これはつまりプリンタ側がプロファイル自体に未対応orsRGBに対応しているのでそれ以外の色は出ないってことなんですかね。
逆に言えば普段他のプロファイル環境で作業してる人は、明らかに色味変わっちゃうだろうから注意ってことさー。

というかいまいちまだよく分かってないんですが、例えばプリンタ側のプロファイルがsRGBプロファイル(軽く調べた限りでは一般的なプリンタはこれの場合が多いみたい)になってた場合、今回みたいに作ってる側もsRGBだからおっけーで、逆に作ってる側がAdobeRGBで作ってたらプロファイルの違いによって色味全然違っちゃうぜ、とかそういうことになるのかな??(汗)
ネットプリントのサイト見た限りではICCプロファイルに関する記述は見当たらなかったので、そもそもプロファイルがどーなってるのかも不明なんですが…。

と、あといっこ。印刷しようとしたときにお知らせが出てたんですが、なんと今日からネットプリント、1ファイルあたりのファイル容量上限が2MB以内に拡張ですよ!!!!
うひょーーー!ネットプリント最大の問題点といっても過言じゃない部分の更新が!いやっほーーーう!!!他にも色々便利になっててなんとも痒いところに手が届く仕様に。
しかも久々にネットプリント使おうと思った今日この日に発表になるだなんてこれはもうフラグとしか思えない<何の。
ありがとうネットプリントもう一生付いていくよ…!!
つかここたまにアンケート募集するんで、そこでファイルの上限アップやら連続印刷の手順やら改善してくれるようにお願いしてたんですが、そういうのちゃんと見ててくれるんだろうなーと思うと感慨も一入です。あとはこれでもうPSD(またはEPS)対応してくれればもう何の文句も無いんだけどなー、難しいか。


■WEB拍手コメント返し
>さのっふ
そんなわけで気になったので調べてみました、が、イマイチな結果ですんません。というかそもそもプロファイルってなんだかよく分かって無くてすいません(笑)チクショウ貴様プロだと思ってちょっと難しいこといいやがって!頼むからもっと説明してくれ!(笑)でも情報ありがとさんですよー。
photoshopで透明レイヤーが重いってのはなんとなく体感でわかりますね。でも選択範囲を取るときに「透明部分を選択」を多用する自分としては、ちょっとくらい重くてもそのまま作業するしかないなー。つか自分のトーンの貼り方(写真屋だけでやるときね)だとアミトーンはほっといても白レイヤーの乗算になるんだけど。(グレスケレイヤーを別画像でハーフトーンにして統合、それを元画像に持ってきて乗算の流れだから)