風邪だと訴えたらメールなどでお見舞いいただきました。感謝。
拍手も勝手にお見舞いだと思って有難がっておきます(笑)皆様も風邪・インフルエンザにはお気をつけてー。

つか高熱が続く場合、自分は割りと市販薬は飲まずに水分とって寝て汗かいて治す!のタイプなんですが(薬が嫌いなわけじゃないんだけど、飲むと副作用の方が大きかったりで自力で治した方が後々身体が動きやすい)、流石に今回はそうも言ってられなかったので大人しく薬飲みましたよ…。
点滴は好きなんで(針刺される瞬間さえ目を背けられるなら点滴も注射も費用対効果がめちゃくちゃでかくて好きだ、効率いいよな)できればそっち選びたかったんですが、タイミングの悪いことに一番しんどかったとき祝日だったんで。救急病院行くほどじゃないもんなー。
つか点滴の何がいいってあの打たれてる間に妄想するのが楽しい(笑)
病院と言う非日常的な空間でこそ広がる妄想!!医者とか看護婦とかのあれそれにあまりときめきは無いのですが(ウチ父親がそっち系の事務職なもんで対象が身近すぎてね)なんつーか、病院の設備や病院を使用するにいたるまでのシチュエーションが楽しい。
医療器具萌えなのか?と思いましたが多分医療器具に限らず専門職及び専門職用の器具萌えの方が近そうだな。工場とかくちゃくちゃレベルの高いIT産業とか、そういう自分の理解が及ばないものはなんかそれだけでカッコいいぜ!!
とかいいつつ妄想してたのは所詮病院シチュの劾イラだったりするけどな。んで妄想進みすぎて脈拍数上げてしまって、点滴がスムーズに流れなくなって看護婦さんに困惑されるのも毎度のこと過ぎて、もうネタにもならなくなってきた。
でもコーディネーターって免疫対策されてるはずだから風邪とかインフルエンザとか基本的には無縁なのかなぁ…疲れとか怪我による発熱とかはありそうだけど。イライジャとかその辺はちゃんとコーディネートされてるんだっけ?布団から動けない今こそその辺読み返してチェックしておくべきか…。