電撃祭感想書いたりしてたので随分と今更感溢れておりますが、ASTRAYS3話感想垂れ流しますー。
当然ネタばれなんで、大したこと書いてないけど一応反転。

やっとこさ青枠3rdご活躍。なのに作例が来月ってなんじゃそりゃぁぁぁぁぁぁ!!(笑)くちゃくちゃ期待してたのにばっかばっか!!
とりあえず腕のあの剣は単に前面に展開するだけなのね。てっきり取り外してソード形態にでもなるのかと思ってたのに。(まぁそれじゃまんまタクティカルブレードだけどさ)つけたまんま戦うとなんだかトンファーみたいだなー。トンファー置きっぱなしソォォォォド!(ドゴォォォ)(AA略)<分からない人は「トンファー AA」でググってください。
んで変わりにご登場のシグーとIWSPはキット発売するのね、ちとびっくり。二人ともキャラ立ち位置的にジャンと被りまくっておりますがおっけーなのでしょうか。(一歩間違えば獅子身中の虫、的な)
そしてジストは小説のたらし属性っぷりに私の中のセンサーがキュピン!と反応しております。読みながらサンライズカットが入る勢いです。
コーディとナチュラルのハーフってのは彼が初出の設定かな。小説で風花がそうかもしれない…って言ってるくらいか。(でも紹介文によってはナチュラル扱いされてるんだよなぁ)その辺で風花と一悶着あったりしないかな。イライジャとでもいいや。「ハーフである自分に悩まないのか?」「やれることやってれば自分の能力にナチュラルだとかコーディだとか関係ないだろ?」的なやり取りを希望。いやそもそもジストがそこまで自分の出自を開き直れているキャラなのかも現状不明ですが(笑)
ASTRAYはナチュラルとコーディの軋轢(リーアムとお兄さんの関係とか)や、コーディのマイナスの部分(イライジャ、カイトの出自など)を補完してくれるのも魅力だと思っているので、この部分もまたなんかしろちゃんと描写してくれるのを期待してます。単なる面白設定だけで終わらないといいなー。
んで本編の方は麗雄さんが更なるアホの子っぷりを披露。レオンズはそれを見て疲労。(誰が上手いこと以下略)
レオンズの中間管理職ッぷりが愛しくてしょうがないんですがどうすればいいですかちょっとーーー!!(笑)「戦歴に汚点がつく」とかもうその保身っぷりがたまらん。最初出てきたときは結構理知的なカリスマ系だと思ってたんだけど、段々と人間くさいキャラになってきましたねー。うんそれはそれで見てて面白いからいいや(笑)あちらさんも次回追加キャラ(今回のデカールでマークだけ登場してた人かな)が来てますます苦労も増えるだろうし、対処のお手並み拝見、です。クフフのフ。
「勇気ある撤退」とか死亡フラグ立てまくる台詞残しちゃった麗雄の今後も気になりますし。ていうかイライジャのライバルになるとばかり思ってたのに叢雲さんが追い払っちゃ駄目じゃん!!(笑)残しといてよ叢雲さんー。
あとはザフト陣営はこの先アレックの空気っぷりが加速しなければいいんですけどねー。流石に可哀想だ。(いやそれを言ったらトロヤの空気っぷりの方が深刻だけど…)
対してサーペントテール側はまったりほのぼのしすぎ(笑)というか叢雲さんのあまりのおとんっぷりにもう萌えたらいいのか萎えたらいいのか分からない…いや萌えてるんだけど(笑)あっちこっちで笑顔の大放出で正直困ります。いつからそんな愛想のいい人に…!?いちいちそれにときめいてる自分も相当だけどさ。くっそー踊らされてるなー(笑)
なんかもー、どのシーンも風花が大事で大事で仕方ないって感じで、ぶっちゃけ風花が羨ましいです、いいないいなー。あ、でも「喋るな」のシーンは正直ちょっと解釈がわかんなかった。以下のどれかだと思うんだけどどれなのかなー。
・これから戦闘に集中するから喋るな
・戦闘中に喋ると舌を噛むかもしれないから喋るな
・MS内の会話が敵にも聞こえていて風花の存在が敵にばれるかもしれないから喋るな
風花の反応と、前話でイライジャと麗雄が喋ってるところ見ると敵MSとも普通に通信できてるってことで3つめなのかなー。あ、でもリードと叢雲さんの青枠転送の会話は身内限定だろうし、やっぱ敵とは意図的に共通チャンネルとか使わないと会話はできないのかな?むー、よくわからん。
対して風花は片意地張ったところが減って益々可愛くなりましたね~vたまらん。アクションや表情がすごい女の子っぽくなったなーと思う。それでいて察しのいい部分は強調されてるので利発な上に可愛いとかいってもうそら叢雲さんじゃなくても可愛くて仕方ないわって感じ(笑)
まぁそのあおりを食ってイライジャがまた察しの悪いアホの子扱いされてますがね!(笑)いいんだイライジャはそれでも可愛いから…でも小説版とかではそれなりに頑張っていろいろ察しようとしてる(VSエド戦とかミラコロ見破って叢雲さんに知らせに行くときとかジェス連れてハイペリオンと対戦するときとか)のに、漫画版ではさっぱり描かれないってのもちょっと寂しいが。この先も新人さんに見せ場奪われるだろうしなー…ああ、益々叢雲さんに麗雄を蹴散らされたのが惜しい(笑)
あとイライジャ、窓際に腰掛けてるのは可愛いけどお行儀悪いので(いいんだけどさ男の子なんだしそれくらい)おとーさんは是非叱ってください(笑)

そんなところで本日のラクガキ。いやほんとにラクガキ…ほとんどアタリとっただけですが時間切れなので。気力があれば明日あたり仕上げるかもしれないが仕上げなくてもいい気もする。

20071202.jpg
や、本編の叢雲さんのあまりのおとーさんっぷりに、そのうち風花を抱っことかたかいたかーいとかやりだしかねん(それは叢雲さんはともかく風花の年齢的にどうか)と思ったので、肩乗せ絵。はっすみません肩乗せ姫抱き荷物運びどれも大好物です。後者二つは最近悠希さんに補完してもらったので(エロ本おまけ小説用に貰ってるけどもーちょっと独り占めークフフのフ。)残りは自分で描いてみる。本当は劾イラで描きたかっただなんて秘密なんだぜ。(劾イラの身長差でそれは厳しいと思うけど…いやだがその厳しいのを敢えてやるのが萌えなんだが)