今日から毎度恒例関東帰還ですー。一週間ちょい地元には戻りませんが、パソコン持込みなのでいつでもリトバスやり放題日記はサボらないように努力したい、というかむしろ先に書いておく気満々です。モバイルPCさまさまやね。
てなわけでリトバス感想で止まってた『漫画ナツ100』続きいきますー!

[作家名:は行]
76. ブレイク-エイジ / 馬頭 ちーめい
・・・あまりメジャーな漫画ではないと思うものの、とにかく好きで好きでことあるごとに愛を訴えているブレイクエイジ。世界がオンライン対戦で繋がったゲームセンターを舞台に、ロボット対戦もののアクションゲームを中心にロボありギャグあり恋愛ありシリアスありの盛りだくさんなシリーズです。
とにかくどこを取っても楽しい漫画ですし、なによりゲーマーとしてその環境が羨ましすぎるッ!最近だと『戦場の絆』がかなりそれに近い環境で、告知が始まったときは友人一同と「リアルブレイクエイジの時代がきたぁぁぁぁぁ!!!」と大興奮いたしました。まぁ漫画と一緒でプレイ料金高くてなかなか手が出ないんだけどな(笑)うう、そんなところは一緒じゃなくていい…。
もちろんそのゲーム描写も、非常に凝ってますし、ロボのデザインも大好きさ!トリックスター好きすぎる。会長~vv
そういった世界観の作りこみも非常に楽しく、また同世界観で小説版もかなり刊行されてますので、漫画を読んで興味がわけばそちらもどうぞー!!
ただ、漫画の方は多分メインシリーズは絶版だと思われますので、古本屋さんで探してみてねー。

77. 桜蘭高校ホスト部 / 葉鳥 ビスコ
・・・最近アニメ化もして、たぶん知名度上がってるんじゃないかなのホスト部。原作が段々単なる少女漫画になりつつあるのでそこは微妙なのですが(それはそれで嫌いじゃないんだけどさ)、むしろ少女漫画にしておくのが惜しいハイテンションなギャグがお勧めポイントの漫画です。3巻あたりまでのノリ大好きさ!
あと毎回ご披露してくださるコスプレシリーズも大好きですひゃっほい。目の保養。

78. はやて×ブレード / 林家 志弦
79. ULTRA SOWRD / 林家 志弦
80. ひまわり地獄 / 林家 志弦
81. ストロベリーシェイクSweet / 林家 志弦
・・・林家 志弦4連発。はやブレが一番有名かな。あと百合スキー属性の人なら知らないはずがない(笑)
とはいえ描いてる漫画は娘でまくりいちゃいちゃしまくり、なのになんだか色気を感じない不思議な漫画家さんなのでそっち系の属性がなくても楽しく読めるかなと。系統はアクション系はっちゃけギャグボコり愛?<またそっち系か自分…
簡単に内容を説明すると、はやブレは学園むすめさんチャンバラアクション、ULTRA SOWRDはいちお成人指定(とはいえそっちの用途として役に立つのかは不明)で伝奇アクション…もの?(笑)ひまわり地獄はちょっと異色でゲームネタ4コマギャグ。これは百合属性なし。ストロベリーシェイクSweetは芸能界アイドルものです。
あとはやブレはまたドラマCD化しますが、その応援バナーがじゅんじゅんとしずまじゃないのはどういうことじゃこらぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!(そりゃしずま出てないからだろう)はやブレは結構巻数出ちゃったので、最初に試しに読むならストロベリー~がお勧めかな。まだ一巻しか出てないし。んでこの方の場合大体一冊読めば残りもギャグのノリは大体同じなので、そこでツボに入ればはやブレもどうぞー。残りの二冊はぶっちゃけあんま出回ってないような気がする…。(特にひまわり地獄)

82. ゲッチューまごころ便 / 緋采 俊樹
・・・あんまチャンピオン系は読んでないのですが、これだけは手元においておきたい漫画。宅急便屋で働く主人公を中心とした人情系ギャグコメディです。基本的には馬鹿で笑えるのですが、たまにめちゃめちゃ切ない話とか泣ける話とか入ってきます。キャラがとにかくみんな生き生きしてて、ノリと勢いが良いので結構巻数ありますが一気に読めてしまいます。葛西ラブ。あとことみの下僕になりたい。(はっ、考えてみればことみもバイオレンス愛情型か…ほんとどんだけその属性に弱いんだ私)

83. 進め!聖学電脳研究部 / 平野 耕太
84. 大同人物語 / 平野 耕太
・・・ヒラコー二連発。素直にヘルシング入れようかと思いましたがせっかくなので俺はちょっとこのマイナー目の作品を入れるぜ!!というわけでヒラコー一般誌デビューの「大同人物語」。そのものズバリ同人業界ネタなんですが、この世でこれほどヲタを格好よく描いた漫画家はいねぇぇぇぇぇ!!という熱い内容。でも未完(吐血)。完全版が出るって話はどうなったんじゃー…。余談ながら各キャラの名前を戦国時代の人々から取ってるのでそっち系に詳しいと一粒で二度おいしいです。
「進め!~」の方はゲーマーネタ。こっちは最近(でもないか…)復刻版出ましたんで購入もたやすいかと。そのとき流行のゲームについてネタにしてることが多いので、今見るとちょっと感慨深いものがあります。復刻版のおまけページが狂ってていい感じ。紹介する気ねーなヒラコー。

85. ブラック・ラグーン / 広江 礼威
・・・以前から気になってて最近一気に購入、悔いなし!!B級アクションバイオレンス漫画です。スプラッタ系描写苦手なんですがそんなこと物ともしない勢いがあります。レヴィ格好いいぜーーー!!メインキャラは言うに及ばず、サブキャラの魅力も満載。双子と雪緒嬢好きすぎる。各自信念を持ったキャラたちが画面狭しと立ち回るさまは迫力です。とにかく重火器類ぶっぱなしてるの見てるだけでも楽しい。アニメにもなってるけど出来どうなのかなー…(流石に色ついて動かれると描写厳しそうで怖くて見れない…)

86. ぼくの地球を守って / 日渡 早紀
・・・いわずと知れたSF少女漫画の名作。意外にも前回のTOP100にランクインしてなかった(…よね?)ので入れてみた。今読んでも古さを感じないです。あと花夢系でショタが流行ったのってここからですかね?(笑)
過去と前世を行き交いながら、複雑に絡み合う人物関係が面白く、恋愛重視の少女漫画としても、SF作品としても非常に読み応えがあります。是非一気にまとめて読んでこの世界に浸って欲しい。

87. コンビニぶんぶん / 藤島じゅん
・・・ゲーメストのアンソロ読んでた方なら覚えのある漫画家さん。ノリはあのときのまんまです(笑)
タイトル通り、コンビニを舞台とした4コマギャグ漫画。読んでて非常にテンポ良く、気軽にけらけら笑いながら読めます。4コマ漫画の王道を行く感じ。

88. 邪眼は月輪に飛ぶ / 藤田 和日郎
・・・自分の中で漫画家の神ふぢたセンセ。短編でもその魅力は炸裂!うしとらなどよりちょっと対象年齢高めの作品で、短編ながら非常に綺麗に纏まっていますし、相変わらずの伏線の張り方も見事。アクションも熱く、人物は魅力的で、敵役の悲哀も描ききった名作です。