■本日の更新/OFFLINE更新
2/11発行の本について詳細追加。

イベントお疲れ様でした!
無事「SEED IMPACT」のイベントを終えて、現在上野駅から電車待ちの間に日記です。というか高々一日都内に出るだけの間にもノートPC抱えてくる俺重症。(ガジェット依存症?)
ま、おかげさまで眠気覚ましにこうして日記を書けるわけですが。バッテリーも増設したのでまだまだ時間も余裕だぜ!

というわけで本日ははるさんのお供でSEEDのオンリーに参加してきましたー。前回に遊びに行った相方曰く「一般が半端ねえ勢いで並ぶ、混む、しんどい」と脅されておりましたが、実際は混むゾーンと混まないゾーンで明確に区切られており(要はキラ受とそれ以外)、そうじゃない我々は結構まったりとしてました(笑)アスシンスペースだからね。
そしていつもなら単なる売り子兼はるさんのお話相手要員として参加してるんですが、今回はむしろ俺オンステージ(違)、なんてったって新刊二冊とも間に合いましたからね!やっべちょっと自分頑張りすぎ。褒めて褒めてー、とスペースでわめいておりました。(つかはるさんも合同誌以外にちゃんとアスシン本出してて非常に偉かった。)
というわけで委託扱いで並べさせていただいての参加だったのでなんか無駄に緊張してましたよ…。
だってアスシンスペースにASTRAY本よ?普通に考えたら誰にも気づかれず、生身ミラコロ発動で悲しい目をしなくちゃいけなくなるのは目に見えてたんでね…。
実際開場してからしばらくははーさっぱりさっぱりだったので、そこは貫徹明けの妙なテンションの頭、「ああ、帰ったら残った在庫燃やして焚き木をしよう…そして焼き芋を焼こう…」と本気で考えていて(我ながらなぜその時の自分がそんなに明確に焚き木を予定していたのか今でもわからない)ぼけーっとしてたのですが、途中からなぜか結構人が集まってくださいまして。(ていうかみんなよく見つけるな!私だったら無理だ…だってサークルカットにも別に何も書いてなかったのに…)
結果としては、なんと現在手元に残っているのがオールキャラ本3冊、エロ本1冊という快挙を成し遂げておりました。
…おおっと、そこで元々は何部刷ってたんですか?と聞かないのが優しい大人の生き様ってもんですぜ。(気弱な数字だったことはお察しください)
というわけでお買い上げくださった方々、本当にどうもありがとうございましたーーー!もう一冊売れるたびに動揺してスペースでわたわたしてましたよ…主にやかましかった方が私です(汗)だって本当に売れるつもりで作ってなかったから…(だって基本的に合同誌の名前に甘えててめえの原稿と引き換えにでも相方とはるさんのASTRAYが見たいぜスペシャルだったわけで)
それがほんと予想外に売れてくれるわ、お話もしていただけるわで、現在相当浮かれております。ほんとここ数週間、色々我慢して頑張った甲斐がありました…!報われた…!!(どのくらい頑張ったかって、この私がシレンも我慢して、麻雀のお誘いも断って、ギアスの最新話を見てもいないという事実からそれが窺い知れる)
先日の日記にも書きましたが、書き足りないのは事実なので、この分だと勢いで4月、申し込みそうです。とはいえ熊本行きもあるかもしれないんでやや微妙ですけど。でも今のうちにほんとスタゲ本が出したくてようー!!
(というか最近自覚したのですが、もしかしなくても私ASTRAY萌えなんじゃなくて千葉しゃちょー萌えなんじゃなかろうか…だってASTRAYにスタゲに、なんといっても以前から好きだ好きだと公言していたブルーディスティニーも千葉社長関連作品だったって、最近気づきましたよ!!)

ちなみに、本日発行の本についてはOFFLINEに更新しておきましたが、実はどっちも表紙がなかなかの自信作です。どちらもイラストだけ見るとはいはいアニメ塗りアニメ塗り、ってだけの面白みのない絵なんですが(というかアニメ塗りはお手軽に絵が上手になった気がしてしまって非常に困る、自分を過信してしまいそうな見栄えのいい仕上がりだ)、これが特殊紙に印刷すると、非常にかわいいんですよーー!
オールキャラギャグ本のほうは、クラフトにピンク基調で刷り、エロ本の方は、フェザーワルツの水色に人物メインで刷り。前者は遊び紙にも仕掛けをして、ちまっと可愛く仕上がったと自負しておりますし、後者のほうはもうあれだね、フェザーワルツは俺が使うために生まれてきた紙だといっても過言ではな(以下自粛)。
フェザーワルツってのは、その名のとおり白い羽が舞い踊るような模様が入ってる特殊紙なんですが、それに合わせて表紙絵のイライジャに白の花を配置。(小説版で出てくるあれのイメージね)刷り上りだと花びらが舞っているように見えていれば狙い通りです。
淡いイメージの紙だから、アニメ塗りは合わないかな…?と思ったら大間違いで、むしろ地の模様に負けてないほうが非常に見栄えがしてよかったです。ほんと、普段自分の絵とかあんまり褒めるとアホの子みたいでアレなんでやりたくないんですが、今回ばかりは俺グッジョブ(笑)
中身に関しては…じ、実は間に合わせるために大胆にエロシーンをカットしてまして(4P削った…)、結果的にむしろリリカルホモ要素のみが際立ったある意味自分らしいお話になってしまいました。少なくともR18指定とか言って自分のは大嘘だー。(でも悠希さんの小説は全力でエロ炸裂だが。イライジャが可愛くてエロスでそのくせ男前なんですよはーはー。最高)でも前記や後記の装丁については割りとお気に入りです。格好付けてみたいお年頃炸裂って感じで。トークもクールぶって必要最低限にしたので今反動でこうして語りたくて仕方なくなってるけど(笑)好きな曲がテーマだったので使えて嬉しかったしv(つーかルルティアさんはもっとカラオケに入ってください)
エロ本に関しては、14日公開予定でおまけサイトを作成するので、そこでもまた無駄にだらだら書きたいと思います。たぶんURLは購入者限定ですけど。(でも隠す気無いアドレスなんで、適当に打ち込んで見てくれても全然構わんが)

それと余談ながら、スペースをお借りするお礼も兼ねて、はるさんの新刊ほかの告知ポスターも作ったんですが、それもいい出来だったと自分で自分を褒めたい。褒められて伸びたいお年頃なんです。
ちょっと前にふぇんりるのダンナの本をお手伝いしたときも、ついでに「書店で販売してるっぽい感じのポスター」とか作ってかなり喜んでいただけたんですが(ちなみにこんな感じ。ダンナ公開許可ありがとー!)今回も「んじゃいっちょ作るかー!」と出発一時間前に作成開始。んで結果こんな感じ。一時間でここまでやったと思うと俺すごくね?結構いい仕事してね??もらった素材は表紙のデータだけですようひひ。そこからここまで作ろうと思って速攻作れたってのは、微妙に自慢したい心境なんだ(笑)!
いいよね、コルクボード調。はるさんの絵だとラフながら味のある水彩塗りと、ちまちましてて可愛らしい絵柄が魅力的なので、それが栄えるように作ってみました。WEBサイズだと細かいところまでは見えないと思いますが、貼り付けてあるメモはわざわざルーズリーフをちぎって貼り付けたように加工してあるという念の入れっぷり(笑)

というかそういう○○風ポスターとか、装丁とか、そういうの好きらしい。ASTRAY本もオールキャラ本の表紙デザインコンセプトは「100円で売ってそうなサンリオのノート(80年代仕様)」だったし。ちまキャラが大して意味のない英語を話してる感じ(本当はイライジャとか敢えてローマ字で喋らせてやろうかと思ってましたが、それはイライジャだけではなく私までアホの子と思われる諸刃の剣だったので断念。いや、ぶっちゃけ表紙の英語、相当自信ないですが…)とか、キャラの背景にドットが舞ってる感じとかで狙っております。(まぁこっちは表紙の紙クラフトにしたからあんまそのイメージは出てませんが)
ダンナの本のときは「ゲームブックだからちゃんと売ってる小説みたいにして」といわれ、「じゃあ電撃文庫とフランス書院の間の子風な!(※ギルティのエロ本だったので)」とうきうきロゴマークから自作しましたし(笑)ほんとそういうとこは全力な自分が可愛いです。
幸いにして受けたその手の依頼は、仕上がりを喜んでいただけてるようなので、今後もまた機会があればあれこれ遊ばせていただくんではないかと。少なくともはるさんとこの表紙とラミカの着色はすでに引き受け済み。わーい、人の絵塗るの大好きなんで楽しみだーv祥之さんからいただける予定の劾イラ絵も下絵ごとなので、勝手に塗って遊ぶ気満々です。ってなんだか原稿終わったはずなのにまだアウトプットモード継続だな…。まぁ4月に出る予定ならそのくらいのほうがいいんだけど。
今回の切羽詰り感は相当なものだったので(ほんと二冊同時発行できたのは愛の奇跡が働いたとしか思えない)、反省して早め早めにあれこれやっておきたいんですが、まぁそう簡単にはいかなだろうな、やっぱり…(笑)
四月頭に「うえーいさっぱり原稿終わらないけど瀬戸口に会いに熊本行っちゃうぜひゃほー!」と喚く自分が見える。今から心配です。