ゲーセンのメダルコーナーで割とお約束的に置かれている「COOL104」というゲーム、ご存知の方いますでしょうか。トランプゲームの一種なんですが、運とそれなりの戦略性を求められるゲームで(ちなみにここでJava版がプレイ可能みたい)、私は結構好きなんですが、それのDS版が出てるということで買ってみたんですね。
移植度的には問題なし、というかベタ移植する以外にやりようがないタイプのゲームだと思うのでまぁこんなもんかなー、と遊んでいたんですが、一応追加要素もありまして。
集めたメダルによって背景が追加されるというお約束な仕様だったので、たらたら遊びつつ集めてたら。
最後の追加背景、これだったんですが…↓

あかつきごもく氏と似た匂いを感じる

…どうなの、それは。

だって他はみんなこんなんよ!?それがいきなりツインテの女子高生て。想像の斜め上過ぎるぜアルゼ。そういうのはむしろテクモの独壇場だと思ってたよ…。(スーパーブラックジャックRioとかな。リオちゃん可愛いっす)
んでこのソフト、もう一本「SETLINE」って同じくメダルゲーが収録されてまして。こっちは今までやったこともなかったんですが、どーもこっちの背景はそれとは別に用意されてるようで。
…気になってやりこんでしまった私を一体誰が責められようか。
んで結果。
ずりおちた肩紐が萌えポイントと見た

うむ、期待を裏切らない内容で非常に満足です。でも正直なところ一体どの層を狙ってこのゲームを作ったのかと開発陣を問いただしたい気はしますが。オタはあんまこの手のゲーム買わないだろうよ…。
とにかく見るものは見たんでもう十分、これで心置きなく明日からシレンジャーになれます。明日の日記が書いてなかったら旅立ったまま戻らなかったんだなと察してください。