先日の21日、地元でイベント(ガタケット)がありましたんで、えらい久々に参加してきましたー。ぶっちゃけ全然行く気はなかったんですが(笑)はるさんのお供に駆り出されまして。
というわけでガタケ参加二年ぶり(くらいだと思う、たぶん最後はさのーさんとTRICK本の三冊目出したときだから)、しかもアニメジャンルのスペースだなんてそれこそ………(お察しください)年ぶりの参加でしたよー。
とはいえあんま会場の雰囲気とか変わってなかったですけどね(笑)相変わらず年齢層低めでグッズ系多いなーといった印象。あとコスプレイヤーも多いよね。今回は天候が悪かった関係上か、特にレイヤーさんがスペース付近をよく歩いてて、目の保養させていただきました。新連合とかシンステとか目の前通るたびにうはうはしてたさ!!シンステなんて騒ぎすぎて目が合ってお辞儀されたさ!!(笑)ステラがシンのそでぎゅっと掴んで歩いててすごい可愛かったんだ…(悦)
イベント的には例によってゴッドシグマの手拍子は健在でちょっと安心。うんうん、これがあってのガタケだからね。(でも私の印象だと比較的最近なんだよな、これ始まったの)
あとはタイミング的にWBCの決勝戦と被ったので、なんとイベント中にその経過報告をスタッフが放送してくれてました。その都度会場の端々から歓声が上がったり、拍手が聞こえたり。最後にはラジオ(かな?もしかするとテレビ放送かも)の音声を会場に流して、優勝が決まった瞬間は会場中大歓声でした。
自分自身は野球というか、スポーツ全般に興味がないんですが(特に自分がやることに関してはむしろ避けて通りたい…)スポーツとかで勝って喜んでる人を見るのはすごく好き、という微妙な趣味があるので、イベント会場ではそりゃもう幸せでございました。あっちこっちでみんな嬉しそうだよ~…。
なんつーかね、人の努力が報われる瞬間とか、それが共有できる瞬間が好きらしい。大げさに喜ばれるとそれだけで妙に嬉しくなります。サッカー選手とかパフォーマンス派手だから勝ってる時とかすごい可愛いよね!地元愛の延長線上としてアルビも結構気にかけておりますが、地元のニュースとかで選手たちが喜んでたり、友人でファンの人たちが喜んでるの見るとうきうきしますよ。
今回の大会も途中色々あって、こりゃ厳しいのかなー…とニュース見てただけに勝てて本当によかったなぁ…。選手の皆さん、応援してた皆さんお疲れ様でした。

…と、一般参加者としてはまったり楽しんでいたんですが、サークルの方はジャンルの衰退か、はたまた単なるキャラ人気の差か(というか新潟はメジャーカプ一色に染まる傾向があるような…)、ディアイザ、アスシンには目もくれないお客様が多く、二人そろって暇なんでスケブにシン描いて遊んでました(笑)
右が藤井画、左がはるさん画のシン
はるさんがスケブ&色辞典(トンボ社の色鉛筆セット。調べてみたらまだ売っててちょっと安心した…。この商品も古いからなー)を持ってきてたので、それをお借りしてそれこそもう………(再度お察しください)年ぶりに紙に絵描いた(この場合仕上げた、という意味)んですが、色鉛筆めら面白いんですけどどうしよう。たまらぬ。比較的デジタルでも似たような効果が見込める画材ではあると思うんですが、やっぱ実際にやると違うねー。ずらっと並べた色鉛筆を手にとって、一発勝負でスケッチブックを描く作業は、微妙な緊張感と、思っても見なかった効果などが生まれる喜びとでものすごく楽しく描けました。ええそりゃあもう、帰ってすぐに自分の色辞典引っ張り出すくらいには(笑)同時にドクターマーチンも引きずり出しましたが、予想通りこっちはいくつか分離してました…(汗)それ以前に固まってて蓋が開かなかったりな。でもためしに何色か出してみたらやっぱりきれいだった。
んでここまでなら原点回帰のいい話…なんですが、この話、微妙にオチが付きまして。
二人で描いたスケブをせっかくなので、とスペースに並べていたんですが、それを見たお嬢さんグループ(中学生くらいかなぁ)が大変反応してくださって。普段サイトで絵の感想とかもらうこともない寂しい身なので非常に嬉しくて(基本的にはサイト運営は自己満足上等なんですが、感想があったらそりゃ嬉しいに決まってる(笑))、はるさんと二人で喜んでいたら「スケブお願いしてもいいですか?」と。
そういうつもりで出してたんじゃない上に、時間は既に閉場15分前。それでも一応「ど…どっちの絵の人に頼んでますか?」と聞いた所、「どっちもよくて選べない」と。いやありがたいんだけど、ものすごくありがたいんだけど!!結局頼んできたお嬢さんがお友達とじゃんけんして、勝ったら私に、負けたらはるさんに頼むことになったんですが、その結果私が引き受けることになりまして。(ここで誰のスペースだよオイと突っ込めるノリの場ではなかった)「じゃあ誰を描きましょうか?」と伺った所、なんとキラ様を描かせていただくことになりました(笑)あの…ここ…ディアイザスペー…ス…(笑)
言うまでもなく、キラ様(って変換すると吉良様って出るなぁ…ジョジョ?そっちはめちゃ好きなんですが)なんて書いたこともなかったので「初書きになりますけどいいですか」と確認。OKが出たので描きましたよええ!!(笑)ああ…人様に頼まれてスケブ描くなんてそれこそ………(再々度お察しください)年ぶりだというのに、よりによって、よりによってキラなのかー!!!(ここで言っても信じてもらえない気がしますが、前作キラ様と今作のキラ様@同人ギャグ仕様は別に嫌いじゃないというか、むしろ好きですよ…?アスランとのコンビも、カプじゃなくて悪友みたいな関係ならかなり好き。キラ様がラクス様と一緒になって笑顔でアスランをおちょくってる図とかは大変好みです)
キラ様に見えないのはご勘弁…まぁ、描きましたけどね(笑)はるさんが資料持っててよかったよ…。
描いてる本人は複雑でしたが、頼んでくれた人には本当に喜んでもらえたのでよかったです。ええそりゃあもう、「そんなに喜んでくれるなら一生君のためにキラを描き続けてもいいよ…!!」とかうっかり口走りそうになるくらいには。(久々に生身で絵とか喜ばれたもんだから相当テンション上がってた自覚がある)
こんな所で書いても見てないのは百も承知ですが、書かせてくれたお嬢さん、ほんとありがとうございました。書いたシチュエーションとキャラ込みでレアな体験させていただきました(笑)

つまり今日の日記で何が言いたいかって、要するにアナログは偉大だな、と。
だからといって今更そっち重視の世界には戻れないのも自覚してるけどね…。「ひとつ戻る」機能がないともう絵なんてかけませんし、ネットを介さずに同人活動とかもできません(笑)