この週末は予定通り、友人たちと焼肉やって酒飲んで、お泊りして翌日はメンバーチェンジしてTRPGやってと遊び倒してきましたー。つーかここ数ヶ月週末に家にいた覚えがあんまりないな…。まぁそれ以外は引きこもってるからバランス取れてちょうどいいか<よくねえ。

焼肉は流行りものらしいジンギスカン、がメインだったはずなんですが、実際は野菜投下しすぎてただの炒め物になってたような気もしないでもない。あと横で炭水化物補給用に焼いていたたこ焼きとか。でもどっちも美味かったので満足さー。
食ってからはみんなでDQ&FFinいたストをやったり。出てから結構たちますけど、未プレイだったのでしっかり遊ばせていただきましたー。つーか私、そもそも有名なシリーズの割りにいたスト自体が未プレイだったり。ルールは要するにモノポリーなんだろうけど。モノポリーも大してやったことないけどね。その手の非電源ボードゲーム自体あんまりやる機会ないもんなぁ…。
こーいうボードゲームっつーと、むしろゲームソフトの方にはそこそこ縁がある、かな?桃鉄にネクストキングにガイアマスター、カルドセプトとか、ツアーパーティーとか…。(何気に最後のひとつはマニアックか…絵師が好きなもので。ネクストキングも桝田ゲースキーじゃなければあんま縁ないかも)
んで、ゲーム自体はといいますと、とにかくキャラの可愛さには文句なし。ちまちましたのがわちゃわちゃ動いて可愛いの何の。他にもミニゲームとかで各種DQFFのゲーム中画面とかがちょろちょろ出てくるんでそういうコネタも楽しいし。逆に言えば動きすぎてちょっとテンポ悪いかな。でも全然許容範囲ではあります。
ルールも基本だけ抑える分には簡単だし、そのくせ真面目に株とかやればそれなりに戦略性あるし、一人プレイ用の要素は充実、追加キャラもてんこ盛り(特殊ルールでやればちゃんとキャラごとに能力も違うみたい)、お約束のミニゲームも楽しいしでかなり楽しいゲームなのではと。あ、一人プレイ時のNPCの理不尽なダイス目には激しく異議を申し立てたいですが。
まぁ、だからといってみんなが寝たあともそのまま一人プレイを継続して遊んで、貫徹してしまったのは我ながらアホだと思いますが。…翌日TRPGだとわかってたのに。
こーいうダラダラ遊ぶゲーム、何気に好きでして…ガイアマスター借りた時もかなりダラダラやってた覚えがありますし、ネクストキングも8人くらい同時にED見れるデータ作った覚えがあるし、桃鉄の99年プレイとかお約束だし…なのでまぁ(少なくとも私が)こうなるのはみずほ嬢がソフトを持ち出した瞬間にちょっと読めてはいたんだけどさ、だけどさ!!
まぁ人間いくらこの先が予想できるからって、なんでも回避できるはずないですよね。
というわけで全力で目先の欲に流されることに命をかけている自分としましては、貫徹で翌日のTRPGに特攻。でも途中で寝ませんでしたよ!!(そこ、威張らないように)

てなわけでこっからはTRPG話なんですが、そもそもTRPGを知らない人にあんまり向いてる話ではないので、知らない人は回りの誰かに聞いてみてください。大丈夫、この手のサイトを見てる同人にご理解あるアナタなら、探せば身内に一人はプレイ経験者がいるものです。その辺の属性持ちは被ってること多いしなー。

さて、今回プレイしたのは真・女神転生覚醒編のTRPGでした。世に各種原作付きTRPGはあるでしょうが、過去に二年ほどやってただけの私でも知ってる(というかプレイしたことある)くらいなんで結構有名なんでしょうか、メガテンのTRPGって。それとも身内のTRPGプレイヤー=ゲオタなんでやっぱその辺に引き寄せられてるのかな。
(つーか今調べてみたらマニアクス版も出てるし!うぉぉぉぉ超やりてえ!!受胎とか無視して仲魔と戯れたい…!)

今思えばTH2にこんな感じのヒロインがいたようなま、今回は真1世界…というか流れ的にはifの数ヵ月後だったかな?の割と壊れ気味なトウキョウ(メガテンシリーズである以上カタカナ表記であるべきだと私は思う)が舞台。
んで横の(キャラシート置いてきちゃったんでわざわざ描いた…)が私のキャラクターの『藤井 彩(フジイ アヤ)』。苗字は考えるのが面倒くさかった久しぶりのTRPGなので別の名前で呼ばれても反応できない可能性が高かったのでPNと同じなだけです。下の名前は名前でまぁふとその時思い出した友人のPNそのままですが。それと今回さのーさんがプレイ仲間だったので彼女の日記でもこの件について触れられてますが、描いてくれたイラストとあまり共通項が見当たらないのはあっちはさのーさんの想像だからではなく、むしろキャラクターシートの私のイラストが適当だったからです!!
ごめんなあれ、ロングじゃなくてミディアム(下絵の時はロングだったんだけど途中で嫌になったんで変えた)で、うしろの変な物体はクリップのつもりだったんだ…。(告白)服は今適当に書いたのでますます合ってるはずがない。
中身は19歳で記憶喪失(過去の記憶一切なし)、武器・能力はフェンシング、見た目はまぁそれなりに、といった感じで残りのキャラは男ばかりだし、ここは一発やっとけ悲劇のヒロインという感じなのですが、まぁ実際は中の人がこうである以上正統派ヒロインは諦めてください、としか…。(というか私、黙ってれば可愛いのに系の娘キャラ好きな…過去のキャラシート掘り出してみたら他のもそんなんばっかりでしたよ)
まぁぶっちゃけ全く下準備なしでその場で作ったキャラですし(事前にある程度条件聞いてキャラ立てしてない、という意味)、なにせ久々のTRPG(三年ぶりくらい)だったものでイマイチ演技もはっちゃけられず、結果単に素で暴れていたような気もしなくもありません。まぁいいか、見た目が可愛いなら許されることもきっといっぱいあるだろう!
他はさのーさん演じる熱血系中華武術使いの少年とか、PONちゃん演じる銃器とコンピューターに長けたスーパー小学生とか、Wさん(PN失念、本名ってわけにもいかんので)演じる幸薄い符術使いのおにーさんとか、GMのみずほさん演じるNPC、メシア特攻隊員(違う)のへたれおにーさんとか。
ストーリー的にはまずはご近所の平和から、な感じの小規模悪魔退治。…のくせに結構ラスボスが強くて(本来もっとストーリー中にレベル上げをし、かつGMのダイス目がそこまで炸裂する予定ではなかったようですが)普通に全滅するんじゃないかと思ったんですが、最後にはそのボスがファンブル(ダイス目による判定の大失敗)で自爆する、というやるせない落ちでなんとか全員生き残りました。
つーか、今回のプレイ、敵味方問わずファンブル出すぎだ。このシステムだと攻撃時にファンブルすると持ってる武器が破壊される、という特殊ルールがあるんですが、さのーさん操る棒術使いの大樹くん、一回目の戦闘でいきなり自分の武器大破させてましたからね。しかもそのあと代わりにと受け取ったモップ(これだとメガテンって言うか、ペルソナ…)も更に破壊。最終的には敵が使ってた鉄パイプ(敵がゾンビだったんでおそらくその残骸でぐちょぐちょ)を持って戦うという、なんとも情けない状態に。
そしてその余波を受けて私も一度中ボス戦で武器大破。しかし記憶喪失キャラがその手がかり(かもしれない)を失うのはいかがなものか、ということでなかったことにさせてもらいましたが。(そういうダイスふりなおし的なシステムがあるんで)
他にも符術がさっぱり発動しなかったり、打った銃はシティーハンターの香ちゃんバリに外れまくったり、そのくせNPCの魔法はクリティカルヒットしてたりと、お互いダイスの目に踊らされまくり。途中スペアのダイスに変えてみたり、GMとプレイヤーがダイス交換してみたりと無駄な抵抗を繰り返しながらのプレイとなりました。
まぁ、そういうGMにもプレイヤーにもどこに転ぶかわからないプレイこそTRPGの醍醐味だとは思うのですが、再開一発目にしては中々に波乱万丈だったのではないでしょうか。プレイヤーの皆さん、お疲れ様でしたー。
キャンペーン(使用キャラを継続して次回もプレイすること)になるか、単発になるかはまだ不明なのですが、この分だとまたTRPG自体はやるかもしれないので、そしたらブログのカテゴリにTRPGでも追加しようかなと。ちゃんとしたリプレイ書くほどではありませんが。
実際は予定あわせるの大変なんだろうけどね…基本的に一日仕事だし。でもまたやりたいなー!


■WEB拍手コメント返し
>さのーさん
というわけで初セッション、お疲れ様でしたー!私が帰って爆睡してる中、さくっとイラスト仕上げて載せてるとはやりますね…。(ウォン調)非常に楽しかったので、またぜひ機会を作ってご一緒しましょう~!と、みずほさんにもおねだりしておきます(笑)
あとリンクミス報告どうもです!!何故朝日!?他にもリンクは修正しなきゃいけないところがいっぱいあるので後日まとめて直します~…絢爛は特にサイト生き残り率激低なので(そもそもプレイ日記という意味では私が脱落してるが)。