higurasi1.jpg
明日はお休みもぎ取ってひぐらし目明し編合宿やりに悠希さんとやまとさんのところいってきますー。ゲームやるためだけに連休とって県外に出る俺萌え。まぁそのくらい一人じゃやりたくないんだけどさ…(汗)というわけで突発レナたん。ひぐらしキャラ初描きだよ…だよ?というかえらい久々に仕事以外でフォトショ使った…でもここで描かないときっと目明し編プレイ後はまた怖くて書く気なんて消し飛びそうなんで…。でも好きなんだレナー!!ぶっちゃけシナリオ進めるごとに好きキャラもころころ変わるんだけど(目明し編をやったら詩音にはまるような気が凄くしている。というか悟史×詩音にはまりそう)それでもやっぱ一番最初のインパクトが忘れがたい…!!というわけでレナ。日記に載せるにはでかい絵ですんません。1024*768推奨って感じ。(多分テーブルタグとの兼ね合いが楽しいことになってそう)

てなわけで以下反転にて目明し編プレイ直前ネタバレトークです。今後「ひぐらしのなく頃に」をプレイする予定のある人はみたらめー、なのよ?ほんとネタバレしちゃうと面白くないゲームだからさ。

さて、ネタバレトークというほど実は語れないんですけどね(笑)まぁとりあえず、お約束的にネタバレ版レナ絵(笑)→http://night.littlestar.jp/img/hg_02.jpg(コピペで見に行ってくだされー)
や、CGって便利だよね(笑)後ろ手に斧が見えるような気がしてくれたらこれ幸い。それにしたってよもや自分のサイトに血のついた絵が更新される日がこようとは思っても見なかったわ…(私は自他共に認める流血・スプラッタ系アウトな人なので)ていうかそんな人間がそもそもやるゲームじゃない気もするけどな、ひぐらし…。(でもサウンドノベルは基本的に好きなのよー)
ま、そんなわけで以下徒然語り&考察もどき。
というか明日目明し編やって「うわ全然違ったー!!」と頭を抱えるためのコーナーです。俺が。

【人間か祟りか】
私は人間派です。というか祟りだったらなんでもありである意味オチのつけようがないだろう…。
ただ惨劇の理由には、横溝正史的(京極夏彦でも可)な祟りや風習に裏づけされた村人の行動があるとは思いますが。
所謂オカルト的な超常現象は一切起こっていないと思います。この世に不思議なことなど何も無いのだよ、みたいな。

【各キャラクターについて語ってみよう】
■前原圭一
この手のゲームをやるときは、とにかく主人公に感情移入するので、彼のノリの良さ(特に萌え話してるとき…)は大変にいとおしいです(笑)でも作中でだんだん明らかになるお父さんの真の職業(笑)に関しては、知らないほうが君のためだよ圭一…!!!
…でも確実にそういう意味での血は受け継がれているな、と思うけど(笑)
でも両親が本当の両親かはかなり疑問ですね。こと圭一に関しては試験管ベイビー(その時代にあったのかはともかく)と言う設定が出てきても驚きません。あの異様なひらめきっぷりと感情の一部の未発達っぷりがなんかすごく「造った人間」って感じがするので…。
祟殺し編の「死ねと思った人が死ぬ能力」に関してはどれも偶然だと思います。イリーの自殺の原因とかわかんないけど…。でもそんな能力があったらふつーに物語が破綻する気がしますし。
まぁ、自分のことは自分が一番見えない、という意味で謎が多すぎてわけわかんないキャラではあります。今後詩音の目から語られる世界でどうなるのか、一番楽しみにしてます。
■竜宮レナ
今のところ一番好きで、一番怪しいと思ってるキャラ。とにかく一番最初、このゲームを始めたときには「ああ、こんなに可愛い子なのにきっとこの先惨殺されたりするんだろうな…」と思いながらプレイしてただけに、あの豹変には本気でうろたえた覚えがあります。たかが瞳のハイライトが消えただけであんなに怖くなるだなんて…!レナの場合、怖い、というか不気味、と言うべきか…。まともに描かれることもない両親より、一番身近に感じていたヒロインの豹変。他のどのキャラがああなっても、レナほどは驚かなかったと思う。
とにかくそのインパクトが忘れがたいので、わたしにとってひぐらし、というとレナかな…かな?私服が可愛いのも素直に萌えだ。
あと不思議なのは綿流し編で最後に魅音が刺青を見せようとしたのをとめるところ。確かに友人としてはとめてあげるところなのかもしれないけど、それ以上にあの展開なら見せるべきだとも思う。本当は刺青なんてないのを知ってて止めたんじゃないかって言う疑惑がどうしても消えない。というか綿流し編でレナだけ死なないのが本当に怪しい。
■園崎魅音
最初に綿流し編をやってたらまず間違いなく魅音のファンだったろうなー、と思います(笑)そのくらいあのシナリオの彼女は切なくて可愛くて…普段強気なお嬢さんにオトメな面を見せられてぐらつかない奴は男じゃないぞ、圭一。
あと一人称が「おじさん」ってのはいくらなんでも新しすぎないか(笑)いや、意味があるのかもしれないけどこのゲームの場合…。それと洋服のセンスが全般的にいただけない(苦笑)
一番可愛いのは魅音だと思うけど、それと同じくらい一番怖かったのも魅音。というかくけけけけと目のダブルパンチは本気で泣きました。一人でプレイしてたから余計に…。
ていうかあの時は圭一の台詞を読むまで「詩音が警察には自分がとっ捕まった振りをしていて、でも実際は身動き取れる状態で、圭一に電話をしていた」だと思ってたんですが、違うのかな…。
■園崎詩音
現時点では情報が少なすぎてなんとも言いようがないコ。可愛くて俺様で大好きなんですけどね!魅音のことはきっと大好きなんだと信じてます。綿流し編で最後に「圭ちゃんを殺さないで」って何度も止めるのは、圭一が好きなんじゃなくて(勿論それもあるんだろうけど)魅音が好きな圭一を魅音が自分の手で殺してしまったら、もう魅音は元の魅音には戻れなくなるだろうから、という心配からじゃないかと思うんだけど。
魅音に対しては、わざと憎まれ役を買って出てる気がします。魅音がおばあちゃんの元で不自由な暮らしをしてるのに対して自分は好き勝手放浪(ってのもちょっと違うけど)して、魅音があまり使わない女の武器も使って圭一を誘惑したり…そうやって魅音が自分を羨み、憎むことでちゃんと現実に執着してくれるように仕向けてる、と思うのはいくらなんでも買いかぶりすぎでしょうか(笑)
あとは双子ではお約束の入れ替わりネタですが、生まれたときから入れ替わっていて、本当は詩音の方が頭首